ニートの就職体験談

危機感で福祉系の仕事を退職。37歳で管理栄養士として再就職できるまで

投稿日:2019年4月19日 更新日:

現在37歳女性、会社の社員食堂で管理栄養士として勤務しています。

危機感に苛まれ36歳で福祉法人を退職

以前は、社会福祉法人(老人介護施設)に勤務しておりました。少ない休み(年間95日程度)と少ない人数での労働環境は本当にしんどく、日々の生活では風呂に入る気力がない、自分の部屋を片付けられない、突然トイレに行きたくなる、など、病的な症状を呈しており、知らず知らず精神的に滅入っていたと思います。

このままそこにいてはいけないと、危機感に苛まれ、2018年、年が明けてすぐ、3月いっぱいでの退職の旨を伝えました。

ギリギリになっても後任が決まらなかったのですが、そんなことはこちらには関係ありません。有給も数日残りましたが、とにかく辞めることばかりでした。

ノープラン、されど、やりたいことはある

次の仕事が決まっていたわけではないのですが、3月に有給消化のうちにやりたいことがあったのもあり、突発的に退職を伝えました。退職後の給与が思ったより少なかったりというハプニングもなんのその、やりたかったことを3月で無事に終えられ、満足しました。

ひとまず、無職になることよりも、自由な時間が増えた、と思うようにして、無職になった4月には盛大な断捨離を決行。フリマアプリや中古品買取でかなりのものを減らし、大量のゴミも処分し、部屋の模様替えなども行いました。片付けながら、よくこんな所で暮らしていたな…と思えたので、精神的にはだいぶ回復してきていたと思います。

離職票が手元に届いたので、ハローワークで手続きをしましたが、自己都合退職では、手当が給付されるまで時間がかかるので、その間は就職活動は最低限に留め、なるべく自由に時間を使おう!と決めました。

実家にいたので、自分の身の回りの断捨離のほか、家事もしていました。趣味のことについても、お金が許す限りは遠征したりと、気ままに過ごしました。ぐうたらはしていましたが、働いていた時よりもむしろ精神的には充実していたと思います。

ぼちぼち就職活動…

給付制限の期間が終わると、いよいよ本腰を入れて求職活動です。自分の場合は給付期間が90日間でしたので、ぼやぼやしているとあっという間に失業手当がなくなってしまう、ということでは、収入についての不安はありました。

が、実際に仕事を探すとなると、正直、ろくなものがありません。というのも、以前のような施設や病院ばかりです。資格の性質上もあるのでしょうが、給食などとなると、どうしてもそういう所の求人が主になります。早番や遅番のあった以前のような仕事はもうしたくない、出来ればしたくない、という気持ちは強かったので、なかなか条件に見合うところはありません。

自分は何を一番の条件としたいのか?と、自己分析をしたところ、今までの仕事では休みが少なく不定期だったことがいちばんしんどかった、というところに行き着きました。次の仕事は、休みが安定していてそれなりの日数があることを最重要とし、給与は前職より少なくなければよしとすることにしました。

とはいえ、資格柄、なかなか条件に合う仕事は見つかりません。

諦めかけたその時、ハローワークで1件の求人に出会う

思い切って、資格にこだわらず、違う分野の職種はどうだろう?と思ったこともあります。ですが、やはり管理栄養士として勤めることを捨てきれなかったので、そこにこだわって就職活動を続けました。

なかなか難しく、もう見つからないかもしれない、と思いつつも、実はずっと気になっていた企業がひとつあり、ハローワークに問い合わせました。

その企業は家からやや遠く(車で50分くらい)、冬に雪が降る当地方では冬の通勤に不安がありました。給与は前職と変わりませんでしたが、休みが安定しており、資格職を募集しており、まさしく、探していた条件の仕事だったのです。

ハローワークによると、応募人数ゼロとのことで、それが逆に怪しい感じもしたのが正直なところです。が、こんな優良な求人は次はないかもしれないと思い、応募することにしました。

仕事も縁

その企業は、現在就業している会社です。本当にタイミングよく、就職活動に本腰をいれた時にポンと出てきた求人で、今思うと、まるで自分のことを待ってくれていたかのようにさえ思えます。

無職でフラフラしていたときは、二度と前職のような仕事はするものか!と誓いましたが、いざ求人情報を眺めると、やっぱり似たようなことしか出来ないのか…と絶望を感じることもありましたが、どんな仕事がしたいか、どんな条件で働きたいか、ちゃんと決めて、心を強く持って、粘って活動したことはよかったと思います。運もよかったことに違いありませんが、人生やっぱりなんとかなるものだ!と、改めて思いました。

ハローワークから貰った履歴書や書類の書き方、自己分析についてなども役に立ちました。

本当に、仕事も縁あってのことだな、と、ひしひし感じることができ、よい経験でした。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

パワハラ、セクハラのため29歳でニートへ。なんとか脱出して、在宅ワークができるようになりました

私は現在、30歳女性です。 私が正社員で働いていた会社を退職し、ニートになってから、在宅ワークを始めるまでの話をしたいと思います。 目次正社員の事務として働くも、パワハラ・セクハラに悩み退職ニートから …

20代の引きこもりから就職できた成功体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代で引きこもりから脱出して就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 いま現在引きこもりで悩んでいる方に少しでも役に立てば嬉しいです。   …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

3連続で書類選考落ち!21歳高卒職歴なし女が医療事務に就職できるまで

私は現在、30代の女性です。 当時、21歳高卒で職歴無しだった私が就いた職種は医療事務。 高校を卒業後、看護の道を歩もうと決意したのですが、親の反対もあり進学できずにいました。 学校の先生は「看護がだ …

きっかけは好きな人のため!37歳職歴なしが葬祭業の正社員として就職するまで

私は、37歳職歴なしから葬祭業へと就職することができました。 ここでは、一度社会からドロップアウトした方が、社会復帰する一助になればと思い、私の体験談を書いてみたいと思います。 職歴なしの期間が長けれ …

ある映画がきっかけで一念発起!18~24歳までひきこもりだった私がビルメンテナンスとして就職できた話

私は幼少のころから一人で遊ぶことを好む性格で、大人になってもその性格は変わりませんでした。 そのため人間関係での悩みが多く、ひきこもるようになってしまいました。 そんな私がある映画がきっかけで一念発起 …

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

職歴なしでも正社員!25歳無職だった私が出版社事務に就職できるまで

私は現在39歳(男性)です。 今から15年ほど前になりますが、私が25歳無職から正社員になれた体験をお話します。 無職からの就活では、採用面接などで、社会と関わるために、無職中にがんばって打ち込んでい …

ギャンブル、中退、自堕落な日々。24歳無職フリーターがホテルの正社員になることができた理由

私は4年制の大学に通っていたのですが、親元を離れアパートで1人暮らしをしていた影響で、悪友などの誘いに乗るようになり、徐々に自堕落な生活に落ちぶれてしまいました。 その結果、大学を中退し、アルバイトで …