ニートの就職体験談

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

投稿日:2017年3月26日 更新日:

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。

この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。

単身上京、無資格からの介護職生活の始まり

高校卒業後、実家が貧乏だった私は奨学金制度と新聞奨学生という2つの奨学金制度を利用しながら情報系の専門学校に進学しました。

早朝と夕方に新聞配達の仕事をこなし、その合間に学校を通う日々は想像以上に過酷で、就職活動を行う時間の確保もままならない程でした。

そうこうしているうちに年月が過ぎ、卒業を来月に控えた2月です。

この頃になると、とにかく内定が欲しく職種問わず時間を見つけては面接を受けていました。

結果、たまたま面接を受けた介護会社から内定を頂くことができたのです。

介護に関しては無資格で不安もありました。

しかし無職で卒業だけはしたくない思いが強く、私は単身上京し、デイサービスの世界へと足を踏み入れたのです。

株式会社系介護事業所の落とし穴

資格がないまま飛び込んだ介護の世界で過ごす日々は思いのほか楽しく、最初に配属された職場の人達も優しい方ばかりで気持ちよく仕事ができました。

ですが、株式会社系の介護施設ゆえの事情が私を苦しめることになりました。

グループ内での人員調整目的の異動は予告なく行われ、売り上げの悪い施設は次々と閉鎖→統合されていきます。

人との絆が大事なお仕事にもかかわらず、本社の方針によりそれは何度も引き離されていきます。

そして私の勤めていた事業所もわずか3年で解体されました。

職員や利用者達は近隣の施設に分配されました。

もちろん私も数名の利用者様と一緒に異動の辞令を出され、新しい事業所に配属されました。

異動先での耐えられない人間関係。退職願を出すまで

新しく配属された事業所は、とにかく人が足りておらず、テーブル席の間をケアワーカーが走って往復し介助する野戦病院の様な環境でした。

人間関係もあまり良いとは言えません。

その職場にはパートと正社員の二つの派閥が存在していたのですが、表面上では仲良くしていても裏では互いに陰口を言い合っておりました。

一番堪えたのは利用者が帰った後、職員同士で利用者の陰口を言い合い笑いあってる光景でした。

私は人の陰口というものがあまり得意ではなかったので、異動先に勤め始めてから心を病むまで時間はそうかかりませんでした。

東京に帰る日、張りつめていた糸が切れた瞬間。そして、ニートに…

きっかけは帰省最終日。

東京行きの飛行機を前にした空港でのレストランでの出来事でした。

今思い返しても理由が分からないのですが、気づくと涙がとめどなく溢れだし嗚咽が抑えられなくなりました。

そんな私の姿を見た両親は100円ショップで買った封筒と便箋を手渡し一言

もうやめれ

と退職を薦めてくれました。

もうだめなんだ、心のどこか奥底で張りつめていた糸が一本切れた瞬間でした。

そこから東京に戻り退職届を提出するまで、そう時間はかかりませんでした。

借りていたアパートを解約し実家に帰り、私はニートになったのです。

まとめ

今、私は社会福祉法人系の老健で介護の現場に復職しています。

仕事は大変ですが、定時に上がることができ、休みもしっかりある人並みの暮らしを取り戻すことができました。

職場により労働環境に大きなバラつきこそありますが、介護のお仕事は人から沢山感謝される立派なお仕事です。

やりがいや、やっててよかったと感じる瞬間もたくさんあり、そのおかげで私は介護のお仕事をこうして続けられています。

介護職は、キツイというイメージが強い仕事ですが、良い職場に巡り会えるとやりがいを感じられる素敵なお仕事だということを皆さんにお伝えしたいです。

介護職を目指している方は、ネットにも求人情報などがたくさんあるので、実際によく調べてみて検討することをおすすめします。

 

>> 無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

-ニートの就職体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

医療系大学を中退後ニートになり、介護資格を取って正社員になった話

初めまして。 今回は、女性の私が医療系大学を退学し、怠惰なニート生活を経て、最終的に特別養護老人ホームで正社員として働けるようになるまでの話をしたいと思います。 今、かつての私のようにニート生活で苦し …

ブラック企業を辞めてから再就職できた体験談まとめ

世の中にはブラックだと気づかずに、ブラック企業に入社してしまうケースがたくさんあります。 これから就職や転職活動をする皆さんにはできるだけ、そのようなブラック企業は避けていただきたいという思いから、ブ …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

ある映画がきっかけで一念発起!18~24歳までひきこもりだった私がビルメンテナンスとして就職できた話

私は幼少のころから一人で遊ぶことを好む性格で、大人になってもその性格は変わりませんでした。 そのため人間関係での悩みが多く、ひきこもるようになってしまいました。 そんな私がある映画がきっかけで一念発起 …

飲食店開業に失敗し42歳で無職に…資格が活きて保険会社の一般事務に就職できるまで

現在、42歳男性。 あらゆる手段を用いた結果、無職から保険会社の一般事務(営業は少々)に就職することができました。 目次飲食店を開業するも限界を感じ、42歳で無職になってしまう大した資格もなく就職が決 …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

卒業直後の5月に内定取消に!その後、22歳女ニートが都心部の有名食品企業に就職した話

大学卒業後、ニートになった私が都心部にある食品系企業のOLになるまでの話をお伝えします。 どのような経緯でその企業に就職したのかという点、ニート経験による「このへんで困った」というエピソードなども織り …

うつ病のため4年間の通院後、28歳職歴なし男性が介護業界に就職するまで

私は28歳男性の介護士です。 18歳を超えると無職やフリーターは、世間からの目も冷たくなります。 その境遇から上手く抜け出せない状況になっている方も多いです。 働きながらでは就職活動の時間が取れない、 …

6年の引きこもりニート生活から脱出!25歳の無職ニートが配達アルバイトから正社員として採用されるまで

私は今現在31歳で独身一人暮らしをしています。 両親がいて3人姉弟の真ん中です。中学までは特に問題なく育ったと思います。 高校に入ったぐらいから家族とコミュニケーションをとる事を嫌がっていましたが、特 …