ニートの就職体験談

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

投稿日:2017年3月26日 更新日:

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。

この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。

単身上京、無資格からの介護職生活の始まり

高校卒業後、実家が貧乏だった私は奨学金制度と新聞奨学生という2つの奨学金制度を利用しながら情報系の専門学校に進学しました。

早朝と夕方に新聞配達の仕事をこなし、その合間に学校を通う日々は想像以上に過酷で、就職活動を行う時間の確保もままならない程でした。

そうこうしているうちに年月が過ぎ、卒業を来月に控えた2月です。

この頃になると、とにかく内定が欲しく職種問わず時間を見つけては面接を受けていました。

結果、たまたま面接を受けた介護会社から内定を頂くことができたのです。

介護に関しては無資格で不安もありました。

しかし無職で卒業だけはしたくない思いが強く、私は単身上京し、デイサービスの世界へと足を踏み入れたのです。

株式会社系介護事業所の落とし穴

資格がないまま飛び込んだ介護の世界で過ごす日々は思いのほか楽しく、最初に配属された職場の人達も優しい方ばかりで気持ちよく仕事ができました。

ですが、株式会社系の介護施設ゆえの事情が私を苦しめることになりました。

グループ内での人員調整目的の異動は予告なく行われ、売り上げの悪い施設は次々と閉鎖→統合されていきます。

人との絆が大事なお仕事にもかかわらず、本社の方針によりそれは何度も引き離されていきます。

そして私の勤めていた事業所もわずか3年で解体されました。

職員や利用者達は近隣の施設に分配されました。

もちろん私も数名の利用者様と一緒に異動の辞令を出され、新しい事業所に配属されました。

異動先での耐えられない人間関係。退職願を出すまで

新しく配属された事業所は、とにかく人が足りておらず、テーブル席の間をケアワーカーが走って往復し介助する野戦病院の様な環境でした。

人間関係もあまり良いとは言えません。

その職場にはパートと正社員の二つの派閥が存在していたのですが、表面上では仲良くしていても裏では互いに陰口を言い合っておりました。

一番堪えたのは利用者が帰った後、職員同士で利用者の陰口を言い合い笑いあってる光景でした。

私は人の陰口というものがあまり得意ではなかったので、異動先に勤め始めてから心を病むまで時間はそうかかりませんでした。

東京に帰る日、張りつめていた糸が切れた瞬間。そして、ニートに…

きっかけは帰省最終日。

東京行きの飛行機を前にした空港でのレストランでの出来事でした。

今思い返しても理由が分からないのですが、気づくと涙がとめどなく溢れだし嗚咽が抑えられなくなりました。

そんな私の姿を見た両親は100円ショップで買った封筒と便箋を手渡し一言

もうやめれ

と退職を薦めてくれました。

もうだめなんだ、心のどこか奥底で張りつめていた糸が一本切れた瞬間でした。

そこから東京に戻り退職届を提出するまで、そう時間はかかりませんでした。

借りていたアパートを解約し実家に帰り、私はニートになったのです。

まとめ

今、私は社会福祉法人系の老健で介護の現場に復職しています。

仕事は大変ですが、定時に上がることができ、休みもしっかりある人並みの暮らしを取り戻すことができました。

職場により労働環境に大きなバラつきこそありますが、介護のお仕事は人から沢山感謝される立派なお仕事です。

やりがいや、やっててよかったと感じる瞬間もたくさんあり、そのおかげで私は介護のお仕事をこうして続けられています。

介護職は、キツイというイメージが強い仕事ですが、良い職場に巡り会えるとやりがいを感じられる素敵なお仕事だということを皆さんにお伝えしたいです。

介護職を目指している方は、ネットにも求人情報などがたくさんあるので、実際によく調べてみて検討することをおすすめします。

 

>> 無資格・未経験からのキャリアアップなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

-ニートの就職体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

25歳で会社を自主退職し新体操インストラクターとして再就職した体験談

新卒で入社した会社を1年半程で退職し、25歳で再就職しました。 幸いにも3ヶ月ほどで再就職できましたのでその時の体験談をお伝えします。 目次新卒入社した会社が合わず自主退職転職前のリフレッシュ期間自分 …

26歳無職が釣りにハマり、釣り専門具店に就職できた話

僕は20歳で大学生のとき、学校に行きつつ実家の居酒屋で働いていました。 居酒屋を継ぐことは決めていましたが、学びたかったIT系の大学に進ませてくれた親には今でも感謝しています。 目次東日本大震災の影響 …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

新卒入社した会社を1年でうつ病で辞めるも、職業訓練校でWEBデザインを学び再就職するまでの話

はじめまして。僕は新卒で就職した会社をうつ病で退職し、それから二年間ほどニートをやってました。 これからどうやってニートから脱出したのかをお話しさせていただければと思います。 目次新卒で入社後、ハラス …

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

現在31歳の女性で、一児の母です。 前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。 その後、もう一度自分のやりたかったことをやろ …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …

ギャンブル、中退、自堕落な日々。24歳無職フリーターがホテルの正社員になることができた理由

私は4年制の大学に通っていたのですが、親元を離れアパートで1人暮らしをしていた影響で、悪友などの誘いに乗るようになり、徐々に自堕落な生活に落ちぶれてしまいました。 その結果、大学を中退し、アルバイトで …

離婚後、25歳職歴なし・学歴なしの私が介護職へ就職し責任者になるまで

私が職歴なしだった頃、年齢的にも世間体も気になるし、焦りはあってもなかなか精神的な問題から動けず、葛藤の日々でした。 そんな状況から抜け出すまでの私の経験談を話したいと思います。 目次23歳で離婚後 …