ニートの就職体験談

無職からの就活は長期戦!28歳まで無職だった自分がNC旋盤の小さな会社に就職できた話

投稿日:2019年10月29日 更新日:

現在39歳になる男性ですが、自分は27歳になるまであることがきっかけで、ずっと無職の状態で自宅でほぼ引きこもりに近い生活を送っていました。

しかしながら今では精神的に立ち直り、28歳の時に自動車製造業界の一端を担うNC旋盤というお仕事に就くことに成功しました。

今ではNC旋盤という技術力が試されるお仕事に魅力を感じておりますし、周りから自分の実力を評価されている充実感を感じながら働くことができています。

これから自分の無職の当時から就職に至るまでの体験談を、いくつかの項目に分けて語っていきたいと思います。

大学の教授と合わず、退学。そして引きこもり生活のスタート

自分は学生時代、学業は優秀な方で、高校では比較的優秀な成績を残しある程度自分の理想の四年生大学へ進学することができました。

大学生活も一年目はしっかり単位を修得して友人関係も上手く構築できていたのですが、大学三年目の時にある講義の教授とそりが合わなくて講義の単位が貰えないという事態に陥りました。

結果的に自分は留年を余儀なくされた展開になったのですが、学費を留年分支払う余裕がなかったので退学の道を選びました。

当時目標としていた自分のなりたい職業に就くことは叶わず、自分の中でこの先どうやって生きていけばいいのだろうかという虚無感でいっぱいになりました。

とりあえず精神的にかなり疲れていたので、実家に引きこもって自分の趣味だけを楽しむ生活をしばらくして働く気が出るまで引きこもっていようと思ってましたね。

プラモデルが好きな影響で、NC旋盤の求人に興味を持つ

自分はしばらく自宅に引きこもってゲームやアニメといった自分の趣味を満喫する日々を過ごしていましたが、やがて趣味にお金を浪費していく内に自分の預金が底をついてしまいました。

この時はまだ正直働きたくない気持ちがあったんですけど、それよりも早くお金を稼いで新作ゲームや新作アニメを手に入れたい気持ちの方が大きかったので、ようやく働こうと決意をすることになったんです。

求人を探す際に自分が見ていた媒体はインターネットにある求人サイトから初めは探していましたが、派遣社員としての雇用の求人が多すぎたので正社員の求人を中心にタウンワークという求人誌や新聞の折り込みチラシの求人を中心に探すようになりました。

何故ならこちらの媒体の方が地元の求人案件を多く扱っており正社員の求人も比較的多かったからです。自分は昔からプラモデルが好きな影響もありNC旋盤という仕事に興味があり昔アルバイトとして働いてました。

そこが社員さんみんな優しくてすごい居心地がよかったし少人数の作業場でしたので、大人数が苦手な自分には向いていました。

NC旋盤という仕事は少人数の会社が多いですし、一人でコツコツと集中するような職種だったのでこの職なら自分でも頑張っていけそうだと思い地元のNC旋盤の求人に応募をいくつかしたところ、一件の会社が自分を受け入れてくれたのでそこに就職する流れとなりました。

無職からの就活は長期戦になる覚悟も必要

無職という収入がない状況に焦ってただやみくもに募集している求人に応募して採用されてもまたすぐに辞めてしまう恐れもあると思います。どんな人でも働く上で自分のライフスタイルというものはあると思います。

例えば残業は何時間までですとか土日は絶対休みたいですとか。このように自分の働きたい条件を決めれば自分はどのような仕事が合っているか自ずと分かってくると思います。

また無職の方の就職活動はある程度長期戦になることを視野に入れて置かないといけないと思います。面接官の無職の方に対するイメージはよくないですので、勇気を出してでも明るく返事をしたり誠意を示したりすることが必要だと思いますし、何回も面接を受け続ける根気も必要になってきます。

まとめ

長い間無職になってしまった方が就職するのは決して簡単なことではありませんが、自分のやりたい仕事を絞りだしライフスタイルに合った求人を受け続ければ20代なら活躍の場を与えてくれる企業に巡りあえると自分は思っております。

実際に自分も何社も自分の働きたい同じ業種を受け続けて最終的に内定を頂ける企業に巡りあえましたので、現在無職から正社員を目指している方も希望を捨てずに就職活動を頑張ってもらいたいですね。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

32歳で大手運送会社を途中退職。無職を経て施工管理会社に再就職した話

私は現在34歳の男性で、建設などの施工管理をする職種に就いています。 以前は大手運送会社の正社員として働いていましたが、30歳の頃、時代の流れにより会社方針も変化していく中、自分の考える方向性との違い …

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

ギャンブルで借金、彼女にも振られ人生に絶望。26歳で車中生活だった無職が派遣から始めて正社員に就職できるまでの道のり

私は40歳男性です。現在製造業でリーダーをしています。部下もいて指導する立場にあります。 私が無職になったきっかけは「人生にいいことはないんだ」と悲観し抜け殻となってしまったことです。 26歳だった私 …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

23歳でアピール出来る職歴なしだった私が経理事務の仕事に就職できた話

初めまして。 私は現在25歳の女性です。 今回は、23歳の時に経理事務のバイト(社員登用試験が受けられるという条件付き)に受かった際の話をします。 目次高校在学中、精神疾患を患ってしまい、未来に希望を …

26歳無職女バンドマンが既卒向けエージェントを利用して、ベンチャー企業の営業職に就職できました

まず、私のプロフィールですが、女性で最終学歴は4年制大学卒業です。 私が26歳でベンチャー企業の営業職に正社員として就職することができた話をします。 目次バンドマンから無職になるまで既卒向け就職支援サ …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …