ニートの就職体験談

自分だけじゃない、大丈夫。28歳、辛かったニートから就職

投稿日:2017年3月25日 更新日:

私は28歳男性で、製造業で働いています。

高校を卒業してから勤めていた会社を自己都合で退職し、ニートになりました。

ここでは、退職してからのニート生活で学んだことなどを話したいと思います。

化学系の会社で薬品が体に合わず自主退職

高校を卒業してから一般企業の化学関係の会社に入社し、何不自由なく暮らしていました。

しかし、ある時、会社での部署の異動が決まりました。

そこで化学薬品等の体質に合わない物があり、体調の不良が出始めてしまったのです。

これから将来、体のことを考えると、仕事を辞めた方がいいと思い自己都合で退職し、ニートになりました。

ニートになってからの心境や生活状況

体調不良での退職だったため、会社を辞めてすぐに就活は始めました。

ニートになってからの生活は辛かったです。

基本的に何が辛かったかというとお金が無い事です。

今までは、当たり前のように給料日になるとお金が振り込まれ、好きなこともできました。

国民健康保険に国民年金住民税など、全て払わないといけなく、一か月にこれほどお金が無くなるのかと辛くなりました。

さらに、すぐに就活も始めていて面接もあったために、バイトができない状態でした。

そのため職が決まるまでは、無職の状態でお金もなかったので、ほとんどひきこもりになっていました。

ひきこもってばかりいると、周りからの目線が気になり始めて自宅から出る際も誰かに見られてるんじゃないのか。

友達に「今何してるの?」なんて聞かれたらなんて答えようか、と悩み友達との交流はほとんどなくなりました。

基本的な面接対応など当たり前なことが自信になる

就活の際に役立ったサイトには、基本的に面接での対応など、当たり前のことばかり書いているものでした。

しかし、高校を卒業してから何年も面接などしていなかったので、逆に基本的なことがしっかり書かれているサイトを読むことで自信を持つことができました。

大事なのは資格とコミュニケーション

もし、ニートの間に資格を取れるなら、取っておいた方がいいと思います。

形でも、自分の能力を証明するものがあると自分にも自信が持てます。

あと、バイトをしている人はバイト先でのコミュニケーションを大切にしましょう。

無職の人はどこでもいいので、人とコミュニケーションを取ることができる場を設けることをおすすめします。

面接の時にしっかりと話せるように最低限のコミュニケーションを取れるようにしておいた方がいいでしょう。

ニートは気持ちで負けてはいけない

ニートの時は、気持ちで負けてしまったら終わりです。

条件の良い仕事はなかなか見つかりにくいですが、自信を持つことも大切だと痛感しました。

友達や家族にも相談しにくい事ですが、世の中には就職で悩んでいる人はたくさんいます。

「自分だけじゃない」と「大丈夫」と強く思うことが大切です。

中々周りに理解されることがなく、辛いことが多いニート生活ですが、がんばっていきましょう。

応援しています。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

23歳で大学院を退学をし2年の無職を経て正社員で広報に就職できました

私は27歳の男性で、現在は一部上場企業で事務、広報の仕事に携わっております。 私は大学院を中退し、2年間の無職を経て今の会社に勤めております。 大学院中退後、無職期間を経て、どのように就職することがで …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

会社の業績不振により38歳で退職し、システムエンジニアとして再就職できるまで

私は30代後半より無職の期間を挟み、転職した経験があります。 現在はシステム開発会社の正社員としてシステム開発エンジニアの業務を行っております。 現在までその間、二社への転職をしました。 そんな私のこ …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

高校中退から27歳でニートを脱出。職歴なしから就職をして統括マネージャーになるまで

私は40歳の男性です。 私は、高校を中退してからニート生活を続けていました。 ニートと言っても一口では語ることはできません。 一人一人にそれぞれの事情があるはずです。 私の場合は「うつ病」でした。 目 …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

23歳でパニック障害を発症し退職。25歳無職だった私が友達の結婚式をきっかけに就職できた奇跡!

私は高校を卒業してすぐ、地方から上京し大手の食品工場に就職しました。 23歳まで製造の仕事に携わり、ライン作業や包装業務など、あまり得意な仕事分野ではない職場に就職した事を疑問に思いながらも頑張って勤 …

大切なのは自分と向き合うこと!26歳で大学病院を退職し、無職から病院に再就職〜独立するまで

25歳で無職になった私は「ある事」を行なったおかげで今の自分、職があります。 私は就職してから約4年、26歳で退職しました。 そして無職になり前述した「ある事」を行なったおかげで今の自分があります。そ …

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …