ニートの就職体験談

チャンスはある!27歳で自動車ディーラーを退職しまさかの警察官に再就職!

投稿日:2017年10月15日 更新日:

私は現在29歳の男です。

警察官として働いています。

ここでは自動車ディーラーとして働いていた私がどのようにして警察官にまでなったのかをお話したいと思います。

自動車ディーラーに就職するも上司から罵倒される毎日

地方から都心部の大学に進学しそのままその街の自動車ディーラーに就職したのですが、社長が変わり朝8時から夜11時近くまで毎日仕事の連続に加え、そのころ異動であたった上司に毎日罵倒されていました。

あるとき店長から自分の顧客の件でとがめられた時、それを近くで聞いていたその上司にその内容を更に激しく罵倒されました。

自分の中で泣くのを必死に堪えていたのですが、それが終わりその場を離れた途端に涙と引付けが止らなくなり、2時間位自分の車の中で泣いていました。

その後泣き腫らした目でひたすら市内を走り回り、気が付いたら埠頭に車を停めていました。

このまま真っ直ぐ突っ込めば・・・などと思っていたのですが、そのとき地元の友人からたまたま連絡が入りはっと我に返りました。

転職を決めた2つのきっかけ

友人と話しているうちに、自分は都会には向かない、地元に帰ろうと思って一ヵ月後に会社を辞めたのが転職の一つ目のきっかけでした。

地元の実家に帰り最初2ヶ月くらいは地元でぶらぶらしていました。

そうやっているうちに自分の今までの常に何かに追い詰められていた感が少しづつ消えていき、物事に関しても前向きにとらえられるようになりました。

しかし、やはり2ヶ月無職と言うのは実家とはいえ、経済的に苦しいものがあり、アルバイトを始めることにしました。

その頃にたまたま会った別の同級生から、地元に帰ってきたのなら警察官を受けてみたらどうだ?と言われたのです。

これが二つ目の転職のきっかけでした。

私は柔道をやっていたので確かに警察官ならそれが活かせるのではないかと思ったことと、前職の自動車ディーラーというものは仕事の割りに給料はどちらかというと安い方で、特に新車販売の手数料は何百万の車をうっても一台数千円程度でした。

それに比べると警察はなんだかんだで公務員です。

そしてなにより年齢的にまだ挑戦できるというのも背中を後押ししてくれました。

それなら目指してみようかなと思いアルバイトをしつつ警察試験の準備をすることにしました。

徹底的に行った警察試験への準備

学生時代にも一度軽い気持ちでほとんど勉強をせずに試験を受けて、一次試験はパスできたことはあったのですが、それでも参考書などを買って一次試験の勉強はそれなりに行いました。

それに加えて私はハローワークなどで行われている面接練習などを利用して面談に関しても徹底的に準備を行いました。

警察は結構きつめの質問を行うことが多いので、この面接対策というのは非常に役に立ったと思います。

また警察も含めて公務員試験を受ける時はその職についた先輩や知人などがいたらその人に話を聞くと言うことも絶対にやっておいた方がいいと思います。

その経緯があり、自分は無事警察官となって今も交番勤務を行っています。

ただ、今となっては結果オーライですが、無職中の転職活動と言うのは今思えばなかなか危なかった事もあったと思います。

その最たるものがお金です。

私は実家に戻ったとはいえ、警察官以外の企業を受ける時には面接会場までの交通費などが意外とかさみ、警察試験に関しても私の県は前日入りしないといけないくらい交通の便が悪い場所にあったため、宿泊費用なども結構かかった事を覚えています。

無職となって転職活動をするのであれば、少なくとも半年くらいは生活できる+転職にかかる経費分くらいの貯金はしてから辞めるべきだと思います。

まとめ

最後に、私はとにかく何でも一人で解決しようと以前は動いていました。

もちろん最後に決めるのは自分ですが、一方で人間一人が出来ることはたかが知れています。

私も周りの人がいなければ警察官にもなれず、会社も辞めていなかっただろうし、それどころかもうこの世にはいなかったのではないかとすら思うことがあります。

いざというときはどんな手を使ってでも周りの人に助けを求めるということが、人生においても、転職においても非常に重要なことではないでしょうか。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

運動は普通だった私が化粧品会社を25歳で退職しスポーツトレーナーに再就職できた話

現在27歳でスポーツインストラクターをしています。 大学時代から運動が好きでしたが、そのまま仕事に生かせるほどの成績を残したわけではなく趣味程度で体を動かすことを目標にしている程度のどこにでもいる女子 …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

株トレーダーになるも負け続け、27歳職歴なしで自動車メーカーに就職するまで

私は、北海道生まれの30代後半の男性です。 今は自動車メーカーでエンジン製造に携わる仕事をしています。 高校を卒業してから1度も働いたことがなかった私が、どのようにして27歳で職を見つけ、29歳で就職 …

ギャンブルで借金、彼女にも振られ人生に絶望。26歳で車中生活だった無職が派遣から始めて正社員に就職できるまでの道のり

私は40歳男性です。現在製造業でリーダーをしています。部下もいて指導する立場にあります。 私が無職になったきっかけは「人生にいいことはないんだ」と悲観し抜け殻となってしまったことです。 26歳だった私 …

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

私は39歳の男性です。 25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。 目次無職になるまでの経緯。無職になってからの心境や生活状況。就職しようとしたきっかけは?就職活動の際 …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

離婚後、25歳職歴なし・学歴なしの私が介護職へ就職し責任者になるまで

私が職歴なしだった頃、年齢的にも世間体も気になるし、焦りはあってもなかなか精神的な問題から動けず、葛藤の日々でした。 そんな状況から抜け出すまでの私の経験談を話したいと思います。 目次23歳で離婚後 …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …