ニートの就職体験談

ギャンブルで借金、彼女にも振られ人生に絶望。26歳で車中生活だった無職が派遣から始めて正社員に就職できるまでの道のり

投稿日:

私は40歳男性です。現在製造業でリーダーをしています。部下もいて指導する立場にあります。

私が無職になったきっかけは「人生にいいことはないんだ」と悲観し抜け殻となってしまったことです。

26歳だった私は就職もしていて彼女もいました。しかし、ギャンブルにのめりこみ借金を抱えて疲れていた私に追い打ちをかけるように彼女から振られ、生きていく希望を見失います。

さらに不運は続いて仕事で大きな損害を出してしまうのです。社内では左遷となりその職場の人間関係になじめず退職しました。これが無職となるきっかけです。

絶望しかない。親も身内もいない車中無職生活

無職になってから不安がたくさんありました。お金もないし住むところもなく車中生活をしていました。親も身内もおりませんので行く当てもありません。

とにかく何もない状態になりました。本当に死んでしまいたいと思うようになります。

ある時、夢を見ました。自分の親や親しかった人が昔の思い出のように何とも言えない気持ちになりました。

おなかもすいて、今この現状を変えなきゃならない、就職せねばと何とか立ち上がることができました。

根気強くハローワークに通い、ついに人材派遣会社に入社!

それから私はハローワークへ通いました。前職から期間が空いていたので断られることも多く自分が働けそうな職種がなかなか見つからないでいました。

しかし根気よく諦めずにいたとき、自分の持っている資格に合った仕事が見つかるのですがなんと人材派遣会社でした。窮地だった私は寮もあるからとりあえずここでしのごうと安易な気持ちで入社しました。これが私の人生を決めたのです。

派遣会社に勤めて3年がたったころ「正社員にならないか?」と派遣先の部長に言われました。すごくうれしかったですね。そのころには借金も完済していました。

彼女はいませんでしたけれど私はもう昔の私ではないんだと辛かったあの時と全く違う実感があふれるほどわきました。それから正社員となりその後結婚して、二人の子供に恵まれ、家も購入しました。就職して頑張ってきたことで私は自分の力で幸せを手に入れたのです。

「無職=悪」というのはもう古い

無職は世間では物珍しかったり否定的な立場に受け止められる傾向にありますが、無職は悪いことではないし様々なライフスタイルが選べる今の時代に働くことは正義だなんて時代はもう古いと思います。

また幸せのつかみ方や感じ方も人それぞれです。私の場合は自分が生きていくための手段が就職でした。今では家族を幸せにするものとなっています。

就活していた当時も就職氷河期と言われていた時代に仕事を選べる立場にないのに、偶然にも派遣という形でしたが仕事に恵まれました。それが今も続けていってるのですが仕事も人との出会いのようにめぐりあわせなんだなと思います。

そして会社を好きになることで自分の境遇も変わっていき、その見返りかのようにまた会社も自分が好きなのかのように恩恵をたくさん与えてくれます。私は今の会社が大好きだしたくさんの恩もあります。

今辛くても絶望せず何度でも立ち向かう勇気を持ってほしい

今現在、無職で就活している人へ言いたいです。

焦らないで縁を待ってみるのもいいと思います。やりたいことが見つからなければゆっくり自分を分析してみるのもいいです。「最低何年は我慢」とよく言いますがもうその考えも古いと思います。やりたいことや好きなことに時間が使えるようになってほしいです。

そのためには自分をよく知ることが大事です。また、思わぬ運命的な出会いのような仕事に巡り合えるかもしれません。辛くても絶望してもあきらめないことが大事で、ダメだったとしても何度でも立ち向かうほどの勇気を身につけてほしいです。

最後に就職したら好きなことをぜひ見つけてほしいです。できることなら集中してできることがいいです。なぜならそれが自分にとって一番やりがいがあることだからです。

それを見つけたらそのことについてはだれにも負けないよう知識や技量を身に着けてほしいです。自分を変えられるのは自分だけなんだとどうか自信をもって就活に挑んでほしいと思います。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

新卒で入った会社がブラック!?25歳無職から過去のバイト経験を活かして塾講師の正社員に就職できた

僕が25歳で塾講師として正社員に就くことができた時の話をします。 今になって考えてみると、僕は学歴もそれほどなかったので、いきなり正社員に採用されるというのも難しかったと思います。 しかし、大学時代に …

大卒後に入社した会社を2年で退職。新聞広告がきっかけで26歳独身無職からアパレルブランドの正社員になれました!

私(女性)が26歳で無職からアルバイトを経て、販売職の正社員になった話をします。 目次大学卒業後、正社員で雇用されるも2年で退職最初は良かったがだんだんと疎外感を感じ始める無職生活新聞広告で見たアルバ …

超ブラック消費者金融の外交員を27歳で退職し、運送系営業の管理職に再就職するまで

私は現在39歳男性で運送業の営業職(管理職)として仕事についております。 私が現在の職につくまでの間に一度転職を経験しております。 目次超ブラックだった消費者金融の取り立て係実家に戻りだらけつつ、トラ …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

社風に限界を感じ26歳で退職し、未経験の金融業界へ再就職!

27歳、女性です。 退職後、約1年の派遣期間を経て、未経験の金融業界にカスタマーサービス正社員として再就職しました。 なぜ1年間派遣として働いたのか?どのようにして未経験の金融業界に再就職できたのか? …

危機感で福祉系の仕事を退職。37歳で管理栄養士として再就職できるまで

現在37歳女性、会社の社員食堂で管理栄養士として勤務しています。 目次危機感に苛まれ36歳で福祉法人を退職ノープラン、されど、やりたいことはあるぼちぼち就職活動…諦めかけたその時、ハローワークで1件の …

電気技術者を自主退職後、31歳無職から機械技術者に就職できた体験談

こんにちは、私は電気技術者を退職して機械技術者になった者です。 これからなぜ電気技術者をやめてしまったのか、また機械技術者に転職できたのかをわかりやすく書いてみようと思っております。 最後まで読んでい …

新卒カードも無駄に!就活に失敗し25歳大卒無職だった私が機械工具の商社営業マンとして就職するまで

大学時代に就職活動にことごとく失敗し、企業から一社も内定をもらえないまま卒業。 そんな無職の私が商社の営業マンとして就職するまでをお話します。 目次「なんとなく」で大切な新卒カードを無駄にするハローワ …