ニートの就職体験談

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

投稿日:2017年10月15日 更新日:

現在31歳の女性で、一児の母です。

前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。

その後、もう一度自分のやりたかったことをやろうと決意し、正職員として再就職することができた経緯を述べさせていただきたいと思います。

前職について

私は、地元の病院で看護師として働いていました。

もともと、病院という環境が苦手だった私が看護師を目指そうと思ったきっかけは、何か人の役に立つ仕事がしたいと思ったこと、そして看護師の活躍する場が病院だけではないと知ることができたからです。

患者様の自宅で看護を提供することができる訪問看護師なら、自分も看護師として働けるかもしれない、そう思い看護師になることを目指しました。

しかし、臨床経験がなく在宅の場に進むことに不安もあり、始めは病院に就職し、経験を積むことにしました。

激務の末、看護師を休職・退職へ

看護師の仕事は激務で、座っている暇がありません。

特に、急変する患者様の対応や緊急手術を要する患者様の対応などがあり、緊迫する場面が多くありました。

それでも、くらいついて仕事をしていたのを覚えています。

そのような中、結婚をしたこともあり、今後は訪問看護をしたいという思いを夫に話しましたが、経済的な不安があると言われ、承諾してもらうことはできませんでした。

その後、妊娠をしましたが、今までのようにすばやく患者様に対応することができず、周りの上司からも「まだお腹が小さいのもう臨月みたいな動き方だね」と嫌味を言われました。

今までのような働き方ができないこと、お腹が重いことで腰にも負担がかかり患者様の身の回りのお世話をさせてもらうことすらも困難になってきたことで、ひどく落ち込み、徐々に眠れなく、毎日涙が止まらなくなってしまいました。

そして、うつの診断を受け、休職・退職の運びとなりました。

夫から得られなかったうつ病への理解

出産してからも、赤ちゃんのお世話からなかなか体を休めることができませんでした。

そのような中で、夫からのうつ病に対する理解が十分に得られず、大変つらかったことを覚えています。

「死んでしまえ、子供がいればお前なんかいらない」と精神的暴力とも言える発言を何度も浴びてきました。

夫との離婚が成立後、徐々に症状は回復していきましたが、もう自分は働けないのではないかという不安が強く、ひどく落ち込んでしまうことがたくさんありました。

カウンセリングで気づいた「自分に正直になる」こと

うつ病治療を続けていく中で、ある診察日、主治医よりカウンセリング導入の勧めがありました。

そのカウンセリングで、私はあることに気づきました。

それは、自分に正直になり、我慢をせず、少しずつ自分の思いを吐き出していくことです。

職場での忙しさや妊娠、夫との関係など様々な要因はあったものの、看護師という仕事を離れてしまったことで、わたしは自信喪失していました。

しかし、自分が看護師を目指した理由を振り返ることができ、訪問看護師として働いてみようと決意することができました。

訪問看護師に正社員として再就職するまでの経緯

それから、転職サイトに登録し、訪問看護ステーションの募集がないか探してみました。

その中から、一社に応募し面接後、訪問看護師として正職員採用してもらえることとなりました。

現在、再就職して4か月ですが、スタッフにも恵まれ順調に働くことができています。

まとめ

私のように、前職で多忙であったり、人間関係の問題に悩まされたりして精神的に追い込まれてしまった方も大勢いらっしゃるでしょう。

精神的な痛みは、とてもつらく、深く長いトンネルの中にいるような気持ちになります。

どうか、そのように悩んでいらっしゃる方が、自分に正直に、少しでも自分に合った環境を見つけることができるように、そして無理せず過ごされることを願っています。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

新卒入社した会社を1年でうつ病で辞めるも、職業訓練校でWEBデザインを学び再就職するまでの話

はじめまして。僕は新卒で就職した会社をうつ病で退職し、それから二年間ほどニートをやってました。 これからどうやってニートから脱出したのかをお話しさせていただければと思います。 目次新卒で入社後、ハラス …

異性交流で上手くいった!26歳男で社会経験ゼロだった私が塗料調色工場へ就職できた理由

私は現在43歳男性で、26歳の時に塗料調色会社に初めて就職した話をします。 私はおかげさまで大学卒業までのキャリアはストレートでしたが、残念ながら大学現役時代の就職活動においてついに内定を取ることなく …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …

23歳でアピール出来る職歴なしだった私が経理事務の仕事に就職できた話

初めまして。 私は現在25歳の女性です。 今回は、23歳の時に経理事務のバイト(社員登用試験が受けられるという条件付き)に受かった際の話をします。 目次高校在学中、精神疾患を患ってしまい、未来に希望を …