ニートの就職体験談

25歳で会社を自主退職し新体操インストラクターとして再就職した体験談

投稿日:2017年9月28日 更新日:

新卒で入社した会社を1年半程で退職し、25歳で再就職しました。

幸いにも3ヶ月ほどで再就職できましたのでその時の体験談をお伝えします。

新卒入社した会社が合わず自主退職

大学でスポーツに関する専攻を学んでいましたが就職する際に幅広い職種を検討したいと思い、スポーツ関係に限らず様々な企業を受けました。

何社か内定をもらい、最終的に自分の興味のあるスポーツ分野のサポート・事務職とIT企業の総合職の2社で迷っていました。

仕事内容は前者のほうが魅力的でしたが、給料面・また全国転勤があることがネックで最終的にIT企業の総合職につくことにしました。

しかし自分の専門分野ではなく、IT企業に特別強い興味があったわけではないので中々仕事内容に興味が持てませんでした。

さらに就職した会社は有名なブラック企業のグループ会社であることが入社後に分かり、かなり辛い業務内容を新人のうちから任されたり、法律的にブラックに近いグレーな業務内容を指示されることもありました。

そういった環境に耐えきれず、入社して1年過ぎたあたりで退職を考え始めました。

しかし周囲はもちろん退職に反対でした。

世間的にもどんな職場でも3年続けなければ…とよく言われますし、退職して再就職先が見つかるのか、また再就職先が今より良い保障なんてないと上司に説得され続けていました。

それでもそんな後向きな気持ちで続けていて状況が良くなるはずもなく、やはり気持ちが変わらないのであれば退職して環境を変えようと決意し退職の意向を伝えました。

やはり退職に反対する上司は多かったですが、同期と1人の上司だけは賛成してくれました。

特に1人の上司は「お前なら絶対大丈夫だから、頑張れ」とシンプルながらとても心強い言葉をかけてくれました。

そうして新卒で入社した会社を1年半程で退職し、無職になりました。

転職前のリフレッシュ期間

無職になりましたがすぐには転職活動を始めませんでした。

前職でかなり疲れ、気分的にリフレッシュしたいという思いがあったのと、次の転職先をじっくり考えたいと思ったからです。

幸い数ヶ月は暮らしていける貯金もあったのでそこは焦らずゆっくりいこうと決めていました。

リフレッシュ期間中はのんびり電車に乗ってあてもなく途中下車をして散歩したり、遠くまで夜行バスに乗ってひとり旅したり自由気ままに過ごしました。

そんな生活をしている内にリフレッシュでき、次第にまた働きたいという気持ちが強くなってきました。

そして働くなら今度こそ自分の興味がある分野で好きなことをしたいと思うようになりました。

自分の好きな分野に限って再就職先探し

前職は給料面、待遇面の良さから選びましたがそれでも仕事内容に満足できなかったため退職することになりました。

そのため今後こそ自分の好きな分野で、好きなことをできる仕事に就こうと決意しました。

そのために給料面・待遇面が前より多少悪くなっても構わないと決めました。

しかし自分の興味のあるスポーツ分野はそもそも求人自体が少なく、再就職先探しには時間がかかると思われました。

転職活動1社目で新体操教室のインストラクターに内定決定

求人が少なくなかなか応募できる企業が見つからない日々でしたが、ある日転職サイトで興味のある求人を見つけました。

それは新体操教室のインストラクターの求人でした。

大学時代新体操部に所属していた私にはとても魅力的な求人でした。

しかし大学卒業してから新体操は全くしておらず、そもそもインストラクターをできるほどの実力はないだろうと自信がありませんでした。

数日その求人を眺め続けて、応募期限最終日に勇気を出して応募してみました。

そして筆記・実技試験を受けたのですが結果は合格。後日最終面接を受け内定が決まりました。

なんと転職活動1社目で希望の職種につくことができたのです。

会社選びで大切なことは自分が何を重視するか

1社目は給料面や待遇面を重視して就職しました。

反対に2社目は仕事内容を何より重視して選びました。

その分転職して給料も多少下がりましたが、それでも私の満足度は2社目の方が圧倒的に高いです。

やはり毎日自分の好きな仕事をして生活できるのは充実してストレスがないからです。

人によって会社に何を求めるのかは違うと思います。

私の場合は何より仕事内容でした。

そこをしっかり見極め就職活動することが重要だと身を持って実感しました。

まとめ

周囲に反対された退職でしたが、その結果自分の希望する職種に転職することができました。

簡単に転職できるとは思いませんが、場合によっては勇気を出して退職するのも1つの選択だと思います。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

25歳で大手ブラック企業を退職し、零細ホワイト企業の燃料系営業に再就職

35歳になる女性です。 氷河期真っ只中に新卒となり、最初に就職した先は大手教育出版社でした。 一時はテレビCMなどもしており、名前は聞いたことがあるという人も少なくないと思います。 しかしそこは強烈な …

新卒で入った会社がブラック!?25歳無職から過去のバイト経験を活かして塾講師の正社員に就職できた

僕が25歳で塾講師として正社員に就くことができた時の話をします。 今になって考えてみると、僕は学歴もそれほどなかったので、いきなり正社員に採用されるというのも難しかったと思います。 しかし、大学時代に …

34歳介護福祉士がメンタルの病気で退職し精神科にかかるも、再就職できた体験談

私は39歳の男性です。 今の仕事は介護福祉士と介護支援専門員をしています。 ここでは私が介護福祉士をしていてメンタルの病気になり無職になってしまい、それからメンタルが回復して介護の仕事に再就職できた体 …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

26歳無職がイラレとフォトショに出会い、27歳で広告会社のデザイナー(正社員)に就職できました

私は26歳で広告会社に正社員として入社することが出来ました。主な仕事は広告やポスターのデザインをする事です。 この仕事に就くことによって毎日を楽しく有意義に過ごしております。 どうやって正社員に就くこ …

28歳でリストラされ無職に。50社以上の不採用を乗り越え29歳で熱処理の会社に就職!

私が29歳の時、熱処理株式会社に正社員として働きだした話をします。 それまでの経緯も合わせて話をします。 目次28歳で退職し、8ヶ月の無職生活前会社からの支援でリクルートキャリアコンサルティングで求人 …