ニートの就職体験談

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

投稿日:2017年5月19日 更新日:

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。

今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。

大学を卒業し、無職ニートになるまで

私は大学に通っていましたが、就職活動もろくにせずダラダラと過ごしていました。

もちろん、だからといってバイトをしていたわけでもありません。

そもそも、バイトをしたことがありませんでした。

あっという間に卒業が迫り、さすがに就職はした方がよいのかと2~3社だけ駆け込みで受けましたが、当然のように落ち無職が確定しました。

表向きは司法試験受験生、実質はニート

無職が確定してからは、何もしてません。

毎日昼まで寝て、ボッーとして、ゲームをやったり好きな本を読んだり気のむくままの生活。

親から文句は特に言われませんでした。

表向きは司法試験を受けるということになってました。

毎年、受かるわけのない試験に出掛けるというのが唯一の遠出でした。

28歳を過ぎ親に怒鳴られる

28歳になり、さすがに「いつまでやってんだ」と言われる時がきました。

いつかは言われるだろうと恐れていた言葉です。

もう就職しろ、半年以内に出ていけということになりました。

ついに快適なニート生活からおさらばしないといけないことになったわけです。

28歳職歴なしでとりあえず派遣会社を探す

28歳職歴無しバイト経験無しの自分がまともな会社を受けても受からないだろうと思い悩んでいました。

この歳で学生経験しかない自分ができるのは、業種的に塾講師くらいしか思いつきませんでした。

しかし、塾といえども会社、しかも正社員となるとやはりハードルが高い。

そんなとき、教育業界専門の派遣会社をみつけました。

特に試験らしい試験もなく、職歴が無くても紹介してくれるとのことで気軽に面接に行ってみることに。

紹介予定派遣という制度

実際に行ってみると、面接らしい面接はなく、とりあえず授業が出来ないと塾に紹介出来ないということで模擬授業をさせられました。

まあ、当然ですね。

3時間くらいやりOKが出たところで、具体的な紹介の話に入りました。

「出来れば正社員でいきなり入りたい」という希望を伝えると、それはハードルが高いので、紹介予定派遣で入るのはどうかと提案されました。

紹介予定派遣というのは、一定期間勤務したあとは正社員契約をするのが前提で派遣される制度のことです。

これだとうちを通せば、面接一発で入り込める確率が高いといわれました。

それでお願いしますということで紹介してもらうことにしました。

この時は、大したところはないだろうなと思いましたが、提案される塾はCMでもやっているような大手の塾ばかりでした。

そのなかでも上場しているところを選び、試しに紹介してもらうことにしました。

面接後翌日から勤務、そして3ヶ月後、上場企業正社員へ

聞いていた通り面接のみでした。

筆記でこちらの学力を調べなくて良いのか?と逆に不安でしたが、派遣会社を通すと大体そのようです。

面接は派遣会社の人も同行でした。

社長と何人かの取締役との面接でした。

知識もなにもないので、とりあえず元気いっぱいに受け答えしただけで、まともなことは何一つ言えませんでした。

面接の質問では、大学卒業してから何をしていたのか?というキツイものもありました。

司法試験受けてました、とはいっても実際はニートでしたから。

面接はダメだと思いましたが、数時間後に派遣会社の人から連絡が入り、紹介予定派遣で合格とのことでした。

さっそく翌日から勤務してくれとの話で、心の準備が出来ていないので不安でしたが、逆に良かったのかも知れません。

変に期間が空くと怖くなって、やっぱりやめますともなりかねませんからね。

そして派遣期間は3ヶ月で問題なければその後正社員ということで、なんとか3ヶ月を乗り切り、28歳職歴無しバイト経験無しの私がいっぱしの上場企業の社員になってしまったわけです。

まとめ

その後、8年間その塾に勤務しました。

塾というのは聞いていたよりも激務で、休みがほとんどありませんでしたが充実した8年間でした。

その会社の教育方針に思うところがあったので、今は独立して自分で塾を開いて経営しています。

大手塾に勤めてたというのが売りになったのか、ぼちぼちやっていけています。

職歴が無くバイト経験無しとなると就職出来ないのでは、と悩むこともあると思います。

ですが、とりあえず一歩踏み出すことで何らかの道は開けるものです。

私も気軽に試してみようというノリでしたが、今ではあの時一歩踏み出して良かったと思っています。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …

新卒から1年で挫折した25歳無職が物流会社の正社員として就職できた話

私は27歳男性で、現在は物流会社の正社員をしております。 2年前、大学新卒で入社した会社を1年も耐え切れずに辞めてしまい、半年ほど無職でいました。 前職を辞めた経緯と、どのようにして今の会社に入ったか …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …

新卒入社の中堅IT企業に疲弊し1年で退職。25歳無職から工場正社員に就職して逆転!

私は30代の男性会社員ですが、25歳の頃ニートをしていました。 まさかニートになるとは学生の頃には想像していませんでしたが、人生何が起こるかわからないものです。 ですがその後紆余曲折ありながら、工場で …

25歳で退職し商工会議所に再就職&30歳で経営企画に再就職

私は現在30歳女性で、5歳の息子がいるシングルマザーです。 新卒で就職してからまだ8年ですが、既に就職→育休→退職・転職→退職・起業→再就職という波乱万丈の職業生活を歩んできました。 なぜ退職しなけれ …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

女盛り26歳無職から大手転職サイトを活用して、バリバリの営業へ就職した話

普通の高校を卒業し、普通に短期大学を卒業し、とくに専門知識があるわけでもなく特技があるわけでもない女です・・・。 そんな私が26歳で営業職に正社員として就職できたお話をします。 目次残業と給料の不満! …

虚しかった28歳無職から大手中古車販売会社に就職し、営業成績トップ3まで上り詰めるまでの道のり

私は現在、海外を拠点にしてIT関連の個人事業主をしていますが、28歳の時、会社からリストラされ無職になりました。 その後、失意の中で就職活動をし、そこそこ大きな中古車販売会社の販売営業職に正社員として …

パチスロとの出会い、父の死。34歳職歴なしだった私が派遣に就職できるまで

私は現在34歳の派遣作業員として、細々と日銭を稼いで生活しております。 肩書きは、ネジ塗装会社の機械オペレーターということになりますが、実際のところは半分以上ライン工みたいなものです。 正直、同年代で …