ニートの就職体験談

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

投稿日:2019年10月16日 更新日:

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。

3年前までは無職のひきこもりニートでした。

そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。

会社のストレスから薬をオーバードーズ。突然の退職

私は無職になる前は、実家を出て県外で看護助手として精神科に勤めていました。

低い給料、人間関係患者さんからの暴言などのストレスで私の心はプツッと切れてしまい、頭痛薬を40錠ほどオーバードーズし、入院することになりました。

心が折れてしまった私は、自分自身で会社に連絡することもできなくなり、家族を通して退職の意を伝え、実家へ帰ることとなりました。

なにも出来ない日々

実家へ戻ってからは、なにも出来ない日々が続きました。

元々、被害妄想気味だった私はとても他人が怖くなり、外へ出ることも出来なくなりました。ひきこもり状態です。

働くことなどもちろん出来ません。

失業保険の手続きなどすれば良かったのですが、外に出ることもそんな気力もありませんでした。

家から出ることもなく、することといえばスマホでゲームをするくらいです。自分でも情けなく思いながら、そんな日々は続いていきました。

若者サポートステーションとの出会い

こんな日々がいつまで続くのだろう…私の将来はどうなってしまうのだろう…いつまで親に迷惑をかけ続けるのだろう…死んだ方がマシなのでは?なんてことを、毎日毎日考えていました。

死んでしまいたい、だけどそんな勇気もない、けれど社会復帰も出来ない。絶望感でいっぱいになりながらも、人生を諦めきれなかった私はひきこもり状態の人のための施設などがないか調べ始めます。

そこで出会ったのが「若者サポートステーション」です。

勇気の一歩。実際に若者サポートステーションを利用してみる

若者サポートステーションは15歳から39歳までを対象に無料で就職支援を行なっているところです。

「このままひきこもりで一生いるわけにはいかない!」

そう思った私は家族に相談し、若者サポートステーションの利用を開始しました。

まずは切手ボランティアから始めてみる

利用登録をすると、担当の方がつき面談をしてくださったり、ボランティアなどの体験活動をすることが出来ます。

私はまず、切手ボランティアに参加してみることにしました。

使用済み切手を綺麗にカットし選別するだけの、簡単なものです。

作業そのものは簡単ですが、ひきこもり状態の私にとっては、他人と一緒に過ごす時間が訓練になっていました。

自分でバス通学をしてみて自信を持ち始める

若者サポートステーションへ最初は家族に車で送迎してもらっていたのですが、通っているうちに、自分でバスで通学したいと思うようになりました。

最初はとても勇気がいりましたが、バス通学を続けていくうちにだんだんと人がいる環境にも慣れてきました。

自分一人で外に出ることが出来ている、ということが少し自信にもなりました。

介護の会社で5日間、実際に就職体験をしてみる

若者サポートステーションへ一人で通えるようになり、ある程度一人で行動出来るようになってきた私は、本格的に社会復帰を目指し始めます。

就職体験をしたのちに、会社と利用者とお互いの合意があれば、そのまま就職することが出来ることを知り、就職体験をしてみることにしました。

まずはどの会社で就職体験をするのか選びます。

悩みましたが、前職に近い介護の会社を選びました。

ジョブカフェやハローワークに登録をし、手続きを済ませて、5日間ほど実際に仕事を体験しました。

初日はかなり緊張しましたが、体験先の方々は優しく接してくださり、だんだん安心して過ごせるようになりました。

このままここで働いてみたいと思っていました。

就職体験後の面接!ついに社会復帰へ

就職体験の後に面接があります。そこで、そのまま就職となるか不採用となるか決まります。

面接の結果、会社側からはこのまま働いて欲しいと言っていただき、就職が決まりました。

実際に社会復帰し継続して働いていけるのだろうかと不安も感じつつ、とても嬉しかったことを覚えています。

担当者との定期的な面談が心の支えに

就職して社会復帰してから、そのまま再就職先で働くことができています。

他人が怖く、外に出ることも出来ない状態だった私ですが、今は他人を気にすることなく外出し、趣味などを楽しむことが出来ています。

働いていると、やはり楽しいだけではなくいろいろなことがあります。ストレスも溜まります。

しかし、以前と違うのは若者サポートステーションの担当の方が定期的に面談をし話を聞いたり相談に乗ってくださることです。

相談出来る人がいることは安心感もあり支えにもなっています。

最後に、悩んでいるあなたへ

外へ出られない、働けない、そんな毎日って不安ですよね。

将来を考えると、とても怖いですよね。

まず病院へ行きましょう。

若者サポートステーションメインで書きましたが、私は同時に精神科への通院も開始しました。

お薬やカウンセリングで、心の状態は改善されます。

一歩行動することが出来れば、休憩しつつ、あなたのペースでもう一歩進んでみましょう。

簡単に絶対になんとかなるよ、大丈夫なんて言いませんが、あなたのその勇気の一歩は必ずあなたを変えてくれます。

あなたがあなたを許して、認めてあげてください。

あなたに素敵な未来が待っていますように。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

新卒を辞めてから17年ぶりの正社員。39歳無職から事務の正社員に就職できるまで

新卒で入った会社を8カ月で辞めて無職になって以来、17年程アルバイトと派遣をかけもちして生活していました。 収入は正社員並みでしたが、元々自分に自信が無いため、正社員でなければまともじゃないという考え …

3連続で書類選考落ち!21歳高卒職歴なし女が医療事務に就職できるまで

私は現在、30代の女性です。 当時、21歳高卒で職歴無しだった私が就いた職種は医療事務。 高校を卒業後、看護の道を歩もうと決意したのですが、親の反対もあり進学できずにいました。 学校の先生は「看護がだ …

24歳大卒職歴なしニートがプール監視員バイトを経て正社員として介護職員になるまで

私は現在39歳の男性です。 大学卒業後に無職で過ごした期間があり、24歳の時に職歴なしからプールの監視員のアルバイトに就職できました。 ここでは、その体験談を書きたいと思います。 目次大学の時に病んで …

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

新卒カードも無駄に!就活に失敗し25歳大卒無職だった私が機械工具の商社営業マンとして就職するまで

大学時代に就職活動にことごとく失敗し、企業から一社も内定をもらえないまま卒業。 そんな無職の私が商社の営業マンとして就職するまでをお話します。 目次「なんとなく」で大切な新卒カードを無駄にするハローワ …

27歳で無職からパソコンショップの店員に就職できました

目次無職になるまでの経緯無職になってからの心境や生活状況就活しようと思ったきっかけ就活の際に役に立ったサイトや媒体、言葉など無職からの就活に大切なこと経験談を語る上で欠かせないことまとめ 無職になるま …

23歳でパニック障害を発症し退職。25歳無職だった私が友達の結婚式をきっかけに就職できた奇跡!

私は高校を卒業してすぐ、地方から上京し大手の食品工場に就職しました。 23歳まで製造の仕事に携わり、ライン作業や包装業務など、あまり得意な仕事分野ではない職場に就職した事を疑問に思いながらも頑張って勤 …

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …