未分類

院卒ニートが就職するための具体的な戦略3つ

投稿日:2017年5月3日 更新日:

ニートというと、中卒、高卒が多いと思いがちですが、案外高学歴も多いもので、院卒の高学歴ニートも珍しくはありません。

特に、社会系、人文系の大学院に進んだ方の就職率は決して良いものではありませんので、職が見つからず、無職・ニートになってしまった方もいるでしょう。

学歴は本来武器になるものですが、修士、博士には高い給与を払わなければならない存在という認識を持つ企業も多く、敬遠されがちですので、足かせになってしまいます。

東大、京大の大学院卒でも同じ状況ですので、非常に厳しい状況です。

本記事では院卒の無職・ニートが就職するためにはどのような選択肢があるのか、をご紹介します。

院卒無職ニートを取り巻く状況

院卒のニートの就職環境は非常に厳しいものがあります。

院卒となると、卒業時点で年齢が高く、その上、社会人経験がありません。

専門知識があることは誰もが認めるところですが、仕事に直結する分野でなければ、その知識はないも同然と判断されてしまいます。

院卒でニートとなれば、その傾向はより強くなってしまいます。

また、高学歴であることがマイナスに働くこともあります。

世の中には高学歴なニートは数多くいるのですが、そのことを知らない人も多くいて、高学歴なのにニートであることが信じられず、何か欠陥があるはずだとあら捜しを始める人も少なくありません。

特に、アルバイトや派遣などの非正規に応募した時には、そういった態度を取られることが多く、非正規から正社員を目指すという道は閉ざされてしまっています。

こうした状況の中で、院卒ニートが就職するための3つの道について書いていきたいと思います。

1. 学歴が必要のない仕事を探す

1つ目は、学歴が必要のない仕事を探して、就職する方法です。

学歴が必要のない仕事は、どんな人でもやる気があれば採用してくれる傾向にあります。

なぜならば、あまりに人手が不足しており、学歴や職歴を吟味している状況ではないからです。

そういった職場は大変であることが多く、飲食店や保険営業、プログラマーなど忙しさのわりに薄給の仕事が多いです。

そのまま、その仕事を続けていくというよりは、職歴を作るためのステップとして考えた方がよいでしょう。

職歴があれば、より良い企業に転職することも可能です。

2. 公務員を目指す

2つ目は、公務員を目指すという方法です。

公務員試験にはペーパーテストの一次試験、面接の二次試験があります。

ペーパーテストは範囲が広いですが、大学院を卒業するほどの学力と、しっかりとした準備があれば、それほど問題なく通るでしょう。

面接に関しては、近年重要視されており、難関となっています。

院卒ニートでは、なぜ大学院に進んだのか、どうして就職しなかったのか、空白期間は何をしていたのか、といったことが聞かれやすいです。

また、自分の地元とは違う市町村の公務員を受ける場合は、その理由は聞かれやすいので、ちゃんと答えられるようにしましょう。

ネックとなるのは年齢です。

地域によって違いますが、ほとんどの場合、30歳までしか公務員試験を受験できません。

院卒であれば、20代半ばあたりでの卒業となりますので、ニートの期間が長いと受験ができません。

30歳までまだ余裕のある方で、公務員に興味のある方はすぐに準備を始めましょう。

>>ニートが公務員試験を受ける方法!合格確率、面接の内容は?

3. 資格を取得する

3つ目は資格を取得することです。

就職に有利な資格を取得してしまえば、すぐに就職する事が可能です。

特に業務独占資格はおすすめです。

公認会計士や税理士、行政書士、司法書士、社会保険労務士などは独占的な業務がありますので、有資格者にしかできない仕事があります。

それらの資格は難関資格であるものが多く、有資格者自体も少ないです。

そのため、資格を持っていれば引く手あまたの状態になります。

ネックは、難関資格であるだけに合格率は低いことです。

数年単位で勉強してようやく合格というレベルですので、それ相応の覚悟が必要です。

数年頑張って資格取得を諦めてしまえば、さらに就職が困難になりますので、慎重に考えましょう。

>>ニートが就職するために資格は必要?おすすめの資格

まとめ

院卒のニートが就職するための3つの選択肢をご紹介しました。

院卒のニートは非常に厳しい状況に置かれています。

しかし、就職が不可能なわけではないので本記事を参考にして、根気強く頑張っていただければと思います。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新卒1年目で早期退職してニートになった人が再就職する方法

新卒入社の3割が3年以内に辞める昨今、入社1年目で早期退職する人も少なくありません。 社会人生活に馴染めなかったり、過酷な労働環境に身体を壊したり、上司からの叱責がきつかったりと理由は様々ですが、その …

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事3つ

SNSなどの発達により耳にする機会が増えてきた「コミュ障」というワード。 コミュ障はコミュニケーション障害とは違い、他人との他愛もない会話に苦痛を感じたり、苦手な人のことを表しています。 人見知りで周 …

第二新卒ニートからの転職活動!おすすめの職種、業界、有利な資格を紹介

新卒で1度就職したものの、訳あって離職し、第二新卒となってしまった人も多いのではないでしょうか。 そのまま疲弊し、ニート生活へ移行してしまっている人も中にはいるのではないかと思います。 しかし、近年、 …

20代後半のニートは多い?就職するために残された3つの道

20代後半のニートともなると、ただでさえ厳しい世間の目がより厳しくなってきて肩身の狭い思いをしていることと思います。 また、引きこもっているニートも多く、社会とのつながりも乏しいので、強い孤独感を覚え …

ニートから再就職時の履歴書の書き方、面接の自己PR方法

一度就職したものの、退職してニートになってしまった人は数多くいます。 やがて、再就職に向けて動き出すことがほとんどですが、その心中は不安なことばかりかと思われます。 履歴書の書き方や面接での受け答えな …

大学中退ニートは就職できる?残された2つの道

大学進学率が50%を超える現在、大学生の数が増えたために、大学中退者も増加していく傾向があります。 大学を辞めてからアルバイトもせず、そのままニートになってしまう人も数多くいます。 そこで、本記事では …

ひたすら応募!既卒ニートの就職活動を成功させる唯一の方法

高校や大学、専門学校などを卒業してから一度も就職していない人を既卒と言います。 卒業時の就職活動に失敗してずるずるとニートになった人も多く、就職しなければならないと焦りつつも、また就職活動に失敗したら …

ニートで仕事がないという人が取れる具体的な選択肢3つ

ニートということは、もちろん働いていない状態なわけですから、仕事がない状態でもあります。 ニート生活を終わらせようと思ったけれど、思うように仕事が見付からないという人もいるのではないでしょうか。 そん …

大卒ニートが就職するには何を始めるべきか

大学進学率が50%を超える現在、大卒のニートも珍しい事ではありません。 理由は人それぞれですが、大学在学中から引きこもりがちであった方や、就職活動に失敗してずるずるとニートになってしまった方が多いよう …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …