未分類

ひたすら応募!既卒ニートの就職活動を成功させる唯一の方法

投稿日:2017年5月17日 更新日:

高校や大学、専門学校などを卒業してから一度も就職していない人を既卒と言います。

卒業時の就職活動に失敗してずるずるとニートになった人も多く、就職しなければならないと焦りつつも、また就職活動に失敗したらどうしようと、なかなか前に進めない既卒ニートも珍しくありません。

本記事では、既卒ニートが就職するには何から始めたらよいのか、その手順を紹介します。

既卒ニートはハローワークは使わない

就職活動を行うとなると、まず思い付くのはハローワークです。

たしかにハローワークには求人が集まっているのですが、その質は玉石混交です。

ブラック企業と言えるようなひどい待遇のものや、採用する気もないのに形だけの求人を出すというカラ求人が数多く紛れ込んでいます。

ハローワークの職員はそういった求人の良し悪しを判定してくれるわけではありませんので、自分で判断しなければなりません。

数多くの求人情報を確認するだけでも時間がかかるのに、さらにそれを精査しなければなりません。

誤って応募することになれば、書類作成にも時間をかけることになります。

就職活動が無駄に長期化してしまう可能性が高いです。

ただでさえ、既卒ニートは就職活動の期間が長期化しがちですので、無駄な時間は出来る限り省くべきです。

既卒ニートは就職サイトを利用する

世の中には様々な就職サイトがあり、テレビCMやネット広告で有名な就職サイトは見たことがあると思います。

新卒や転職者向けと思いがちですが、実は既卒やフリーター、ニートでも利用することができます。

ただ利用できるだけでなく、既卒向け、高卒向け、学歴不問など、様々な条件の求人が集まっていますので、既卒ニートに合った求人も数多く掲載されています。

それだけなら、探す手間はハローワークと変わりません。

しかし、就職サイトではスカウト機能による企業側からのアプローチや、就職市場に精通したエージェントのサポートといった、ハローワークにはないメリットがあります。

こうしたメリットを活用することで、就職活動をかなり有利に進めることができます。

また、既卒や第二新卒、フリーターを専門に扱う就職サイトもありますので、そちらを利用するのもよいでしょう。

なお、民間企業が就職サイトを運営していますが、利用料は無料ですのでご安心ください。

おすすめはリクナビNEXTです。

>> 転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

ひたすら応募あるのみ!書類選考と面接対策

新卒で空白なく働いてきた人と比べれば、既卒ニートの評価は当然ながら低くなります。

既卒向けの求人はあるものの、そういった求人にも普通の転職者は紛れてきますし、既卒ニートより評価が高いです。

ですので、既卒ニートはどの求人への応募でも落ちるのが当たり前だと思いましょう。

書類選考に通ればラッキー、といった程度の気持ちで、手当たり次第に応募していきましょう。

節操ないと思われるでしょうが、既卒ニートは書類選考で落とされるのが当たり前で、面接に進める方がまれという現実があります。

既卒ニートという立場のせいで、書類が通過する確率が低いのは今更どうしようもないので、応募数を増やしていくのが正攻法となるのです。

もちろん、まともな応募書類を作ることは大前提です。

既卒ニートは応募書類の作成に慣れていないので、しっかりと自己分析をして、自分の長所と短所、アピールできるポイントなどを客観的に捉えるようにしましょう。

自分一人では偏った考えになりがちですので、就職サイトのエージェントからの添削指導をしてもらいましょう。

また、書類選考の通過率が低いとはいえ、面接対策は欠かせません。

既卒ニートは対面でのコミュニケーションが苦手な傾向がありますので、しっかりと練習しておく必要があります。

家族や友人の力を借りて、面接の練習をしましょう。

就職サイトが面接対策講座を主宰していることもありますので、積極的に利用しましょう。

まとめ

既卒ニートは、ハローワークを使わず、就職サイトを利用しましょう。

あとは就職サイトで得た求人情報を元に、ひたすら応募していくことが、ニート脱却への近道です。

ぜひ実践してみてください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

職歴無しから正社員として就職するコツとは?おすすめの業種2つ

職歴がない状態からの就職活動はなかなか大変です。 社会人になってからは学歴よりも職歴が問われますし、職歴がないと基本的なビジネスマナーも知らないと判断されて敬遠されがちです。 また、年齢が高くなればな …

専業主婦(ニート)からパートを探す方法、おすすめのパート3つ、よくある面接の質問

  専業主婦をしている人の中には、ほとんど職歴がなく、ニートと変わらない状況の人が少なからずいます。 そうした人がパートを始めようと思った時、何から始めたらよいのか、どんなパートを選べばよいのかわから …

院卒ニートが就職するための具体的な戦略3つ

ニートというと、中卒、高卒が多いと思いがちですが、案外高学歴も多いもので、院卒の高学歴ニートも珍しくはありません。 特に、社会系、人文系の大学院に進んだ方の就職率は決して良いものではありませんので、職 …

大学中退フリーターが正社員に就職する方法!転職サイトはおすすめ?

大学進学率が5割を超える現在、大学生の数が増えるにしたがって、中退者数も増えています。 中退した人のその後は様々ですが、フリーターとして生活している人がかなりの数います。 不安定な雇用ですので、正社員 …

フリーターから正社員を目指す人におすすめの職種3つ

フリーターの多くは、いつか正社員で働かなくてはと思っていることでしょう。 現在のアルバイト先での正社員登用を狙っている人もいると思います。 しかし、いつの間にかその話が立ち消えになって、自分で就職活動 …

絶対に譲れない!正社員になりたいニートが考えるべき2つのこと

現在ニートの方の中には、様々な事情で正社員以外の環境では働きたくないと考えてる方も少なからずいると思います。 この記事では、バイトや派遣ではなく絶対に正社員雇用で働きたい方に向けてのアドバイスなどをま …

ニートはバイトから始めるべき?それとも正社員?

ニートが社会復帰するときにつきまとう悩みがあります。 それは 「自分は社会経験が皆無だからバイトから始めた方がいいのかな」 「バイトより正社員になりたいけど、自分を正社員で雇ってくれるところなんてまず …

コミュ障でも正社員になれるおすすめの仕事3つ

SNSなどの発達により耳にする機会が増えてきた「コミュ障」というワード。 コミュ障はコミュニケーション障害とは違い、他人との他愛もない会話に苦痛を感じたり、苦手な人のことを表しています。 人見知りで周 …

新卒1年目で早期退職してニートになった人が再就職する方法

新卒入社の3割が3年以内に辞める昨今、入社1年目で早期退職する人も少なくありません。 社会人生活に馴染めなかったり、過酷な労働環境に身体を壊したり、上司からの叱責がきつかったりと理由は様々ですが、その …

零細企業とは?メリット・デメリット、合っている人・合っていない人を紹介

日本は企業社会と言われ、日本全体の会社数は2019年現在で421万社。 この中で大企業の数は約1.2万社。残りの約419.8万社が零細企業や中小企業です。 つまり、日本全体で考えると実に99.7%が中 …