ニート向けの仕事一覧

スキル重視!ニートからデザイナーに就職する方法とデザイナーの種類

投稿日:2017年5月29日 更新日:

ニートをしている人の中には、デザインやものづくりが好きな人も多く、なんとなくデザイナーになりたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

デザイナー、と一口に言いますが、様々な種類のデザイナーがあり、それぞれやることが違えば、就職できる可能性も違います。

そこで、本記事では、デザイナーの種類を紹介し、その中でニートが就職できるデザイナーについて、必要な知識や待遇などをご紹介いたします。

デザイナーの種類

そもそも、デザイナーとはどういった人たちのことでしょうか?

デザイナーとは、形や模様、レイアウトを考えて、物を美しく見せる人たちのことです。

もちろん、好き勝手にデザインをするわけではなく、クライアントの意図を反映したデザインを具体化する仕事です。

さて、デザイナーと言っても様々な種類があります。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、ポスターやチラシといった印刷物のデザインを主な仕事にしています。

職場としては、広告代理店や広告制作会社などですが、フリーで働いている人もいます。

ウェブデザイナー

ウェブデザイナーとは、ウェブサイトの構成や使用する画像の制作を行うデザイナーです。

見た目の美しさはもちろんのこと、ユーザーの使いやすさを重視したデザインを行います。

文章のライティングやプログラミングについても、兼務することが多いです。

インダストリアルデザイナー

インダストリアルデザイナーとは、自動車や家電製品などの工業製品のデザインを行う人たちです。

見た目の美しさだけでなく、安全性や生産性、コスト面も考慮に入れる必要があります。

主なデザイナーは上記の3つですが、その他にも、ファッションデザイナーや、ジュエリーデザイナー、空間デザイナーなど、様々な種類があります。

ニートがなりやすいのは、ウェブデザイナー

デザイナーには多くの種類がありますが、専門学校や大学で勉強している人が就職することが多く、ニートには敷居が高いです。

ただ、ニートでもなりやすいデザイナーもあります。

それはウェブデザイナーです

ウェブデザイナーは、学歴を問われません。

IT業界ですので、学歴よりも知識やスキルが重要視されます。

また、人手不足の業界ですので、未経験でも受け入れてくれます。

もちろん、事前に知識やスキルを身に付けておくに越したことはありません。

ウェブデザイナーとして、最低限必要な知識はHTMLCSSです。

ウェブサイトの構築やデザインに使用される言語ですので、ぜひとも身に付けておきたいものです。

言語としては、比較的簡単ですので、独学でも理解することが可能です。

また、IllustratorPhotoshopを使いこなすことができれば、仕事の幅が広がります。

ウェブデザイナーの待遇は、それほどよくはありません。

職場となる制作会社は中小企業であることが多いので、年収はやや低めになっています。

また、制作会社間の競争が激しくなっていることから、作業単価が低下傾向にあるため、給与が上がりにくくなっています。

給与を上げていくには、プログラミングやSEOの技術を学び、経験を積むことで、ウェブディレクターやウェブプロデューサーに昇格する必要があります。

リクナビNEXTで求人を探そう

ウェブデザイナーを目指すと決めたら、すぐに求人サイトに登録して、実際の求人を確認しましょう。

求人サイトは数多くありますが、おすすめはリクナビNEXTです。

日本最大級の求人サイトで、数多くの非公開求人を抱えています。

大企業からベンチャー企業まで様々な規模の求人を取り揃えていますので、中小企業の多いウェブ制作会社の求人も非常に多いです。

また、経歴や希望条件を登録しておけば、企業側からのスカウトメールを受け取ることもできます。

求人を探す手間が省くことになりますし、ニートの経歴を見た上でのスカウトなので、内定をもらえる可能性も高いです。

リクナビNEXTはニートでも登録可能ですし、登録無料ですので、すぐにでも登録しましょう。

まとめ

以上、ニートからデザイナーに就職する方法をご紹介しました。

ウェブデザイナーは知識やスキル次第でニートでもなれる仕事ですので、ぜひともチャレンジしてみてください。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートの初バイトは何がおすすめ?おすすめの単発バイト3つ

長期間無職でいた人が、いざ働くとなると不安が多いですよね。 そんなニートの方にオススメなのは、期間限定のバイトです。 理由としてはまず気負わなくて良いからです。 最初から長期間のアルバイトに取り組むと …

ニートには介護職しかないは本当?必要な資格、勤務時間や適性

  ニート状態から就職活動をするとき、「ニートだったら介護の仕事しかないな」と言われることがあるかもしれません。 このように言われるのには、実は深い理由があります。 ニートであった時期を経て、これから …

ニートがバイトで塾講師になるために必要なこととおすすめ求人サイト2つ

塾講師のアルバイトは、勉強が得意な人や、受験の知識が頭に残っている大学生が働いているイメージです。 しかし、実は学歴や職歴がないフリーターやニートでも、塾講師になれる可能性は十分あります。 この記事で …

ニートが職場の人間関係で苦労しないためには?苦労したくない人におすすめの職種3つ

ニートの多くが人間関係に不安を覚えている事でしょう。 人間関係で苦労しないのであれば、働くことを厭わないというニートもかなり多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、ニートが人間関係で苦労しないた …

ニート向け!コミュニケーションが不要な仕事を5つ紹介

無職が続いている人は、誰もが働きたくないわけではありません。 働きたいとは思っているのに、やりたい仕事が見つからない人が数多くいます。 特に多いのは、コミュニケーションがいらない、あるいは最小限の仕事 …

これならニート脱出できる!楽で楽しい仕事5選

仕事というと、きつくてつらいのが当たり前と思っている人が多いのではないでしょうか。 たしかにほとんどの仕事はその通りなのですが、探してみれば楽で楽しい仕事も意外と見つかるものです。 ニートをしている人 …

ニートの就職におすすめな穴場企業・業界3選

ニートが就職活動を行うと、どうしても大手企業や有名企業への応募に偏ってしまいます。 しかし、そうした企業はニート以外も応募しますので競争率が高くなりますので、ニートには狭き門となってしまいます。 そう …

これが天職!?楽しい仕事ランキングトップ10を紹介

どのようなときに“楽しい”と感じるのかは個人差があります。人と話すことが大好きな人は、人とたくさん話の出来る仕事が転職といえるでしょう。 また、成果報酬型のように目標を達成することが楽しいという人は、 …

簡単な仕事ランキングトップ10

現在再就職など就職を考えている皆さん! ぜひ、こちらの記事を参考にしてください。 簡単なお仕事を10個ランキング形式でお教えします。 やっぱり働くなら簡単なお仕事が良いと考えている方は多いと思います。 …

ニートから職人になりたい!ニートにおすすめの職人業5選

長年の修行で培った技術を用いて、手作業で物を作り出す職人という肩書に憧れを抱いているニートも多いのではないでしょうか。 おいそれとは真似のできない技術なので、習得してしまえば安定した収入を得ることがで …