ニート向けの仕事一覧

ニートからSEとして就職できる?必要な知識や資格と求人の探し方

投稿日:2017年5月29日 更新日:

ニートをしている人の中には、パソコン操作が得意な人も多いため、SE(システムエンジニア)に興味を持っている人も多いかと思います。

しかし、実際に就職しようと思っても、何から始めて良いかよくわからず、行動に移すことができなかったという人も多いでしょう。

そこで、本記事では、SEとして就職するために、必要な資格、労働環境、待遇などについてご紹介します。

SEとは?

まず、SEについて知っておきましょう。

SEとは、クライアント(依頼主)と話し合って、コンピューターのシステムを設計、開発を行う人のことを言います。

業務サポートのシステムやゲームアプリ、ホームページやESサイトなど設計開発するものは多種多様です。

プログラマーと混同している人もちらほら見かけますが、プログラマーはSEが設計したものに従って、実際にプログラミングをする人たちです。

SEはシステムの外側、プログラマーは内側を担っているということです。

ニートからいきなりSEになれるのか?

結論から言えば、ニートでもいきなりSEになる事は可能です。

SEは他の業界に比べて、学歴や年齢による制限が少なく、実戦的なスキルの方が重視されます。

ですので、スキルさえあれば、十分に転職可能です。

しかし、スキルなんてないという方もいるでしょう。

実はスキルが無くても、SEとして就職できます。

なぜなら、人手不足が常態化しており、スキルの無いニートであってもやる気があるなら迎え入れてくれる状況になっているからです。

多くの会社は入社後にスキルを身に付けるための研修を行ってくれますので、スキルがなくても安心して就職活動を始めてください。

SEに必要な資格や知識

未経験でもなれるとはいえ、予め勉強しておいた方が就職活動は有利になりますし、入社後の業務もスムーズです。

SEと一口に言っても、汎用系、組み込み・制御系、通信・基盤系など分野が分かれています。

それぞれの分野で必要な資格が違います。

Web系を仕事にしたいなど、分野が決まっている場合は各分野の資格を予め取得するとよいですが、多くの人は分野までは決まっていないでしょう。

ですので、どの分野でも使う基本的な知識を問われる資格である、基本情報技術者試験を取得するようにしましょう。

分野別の資格は、入社後に業務が決まってから取得しても遅くはありません。

SEの労働条件や待遇は様々

SEの労働条件や待遇はピンキリなので一口に言うのは非常に難しいです。

特に給与は中小企業と大手ではかなりの差があります。

とはいえ、ニートがいきなり大手のSEになることは難しいので、中小企業への就職が主流となります。

大手よりも給与が低いと言っても、一般的なサラリーマンと同等、それ以上の給与であることが多いですので、良い待遇と言えるでしょう。

労働環境については、残業が多い事で知られています。

特に納期直前ともなれば、月100時間近い残業をすることもあります。

座りっぱなしであることが多い仕事ではありますが、残業に耐える体力が要求されます。

ただ、人手不足解消のために、労働環境の改善を目指す動きも見られますので、今後は少しずつきつい労働環境が変わっていくかもしれません。

リクナビNEXTで求人を探そう

SEを目指すことを決めたら、早速求人サイトに登録して、就職活動を始めましょう。

おすすめの求人サイトは、リクナビNEXTです。

リクナビNEXTは最も多くの求人を抱えている求人サイトで、登録しないと見ることができない求人も多数あります。

リクナビNEXTに登録したら、SEの求人を検索してみてください。

その中に、未経験歓迎の文字があれば、応募候補としてチェックしておきましょう。応募候補は多ければ多いほど良いです。

応募候補が集まったら、各求人を比較して優先順位を決めて、応募していきましょう。

ニートを受け入れてくれるとはいえ、やはり空白期間があると、なかなか内定をもらえません。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるといった具合に、どんどんと応募していきましょう。

長期戦になりがちなニートの就職活動ですが、決して内定をもらうのは不可能ではありませんので、根気強く応募を続けましょう。

まとめ

以上、ニートからSEになれるのか、についてご紹介しました。

SEは未経験のニートでもなれる仕事です。

SEに興味を持ったら、上記の記事を参考にして、就職活動を進めてみてください。

-ニート向けの仕事一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニートが経理として就職するために必要な資格、年収や待遇は?残業はある?

ニートの中には経理職に興味を持っている人もいると思います。 経理職はどの業界でも必要な職種ですし、デスクワークが主なので楽なイメージがありますので、ニートに限らず、目指している人は多いです。 しかし、 …

警備員はかなり深刻な人手不足?給料や仕事内容を紹介

慢性的な人手不足となっている仕事として代表的なものに警備員があります。 仕事内容から体力仕事というイメージがどうしても消えない警備員の仕事は、敬遠してしまう人も多くいます。 本ページでは、警備員が現在 …

正社員で残業のない仕事につける職種、業界5選

就職するなら残業がないお仕事ができるところが良い! そう考えている方は多いと思います。 しかし、近年は残業が当たり前のような感じになっていて定時上がりが都市伝説化しているとさえ言われています。 けど、 …

これが天職!?楽しい仕事ランキングトップ10を紹介

どのようなときに“楽しい”と感じるのかは個人差があります。人と話すことが大好きな人は、人とたくさん話の出来る仕事が転職といえるでしょう。 また、成果報酬型のように目標を達成することが楽しいという人は、 …

国内出張、海外出張が多い仕事10選!メリット・デメリットも紹介

英語を流暢に話し世界を股にかけるビジネスマン。 出張が多い仕事はどこか華やかなイメージがあります。 国内、海外問わず出張は楽しいこともたくさんありますが、度重なると色々たいへんなこともでてきます。 目 …

スキルはいらない!資格なしでもできる楽なお仕事5選

再就職したいけど、特にこれといった資格をもっていないからな…そんな悩みを抱えているみなさん!安心してください。 資格を持っていなくても楽に働くことができるお仕事はいっぱいあります。 もっと言えば特別な …

ニートから看護師になるには?必要な資格、条件、待遇

ニートになった今、周囲から看護師という仕事を勧められている人も多いと思います。 国家資格を取得すれば確実に就職できる、食いはぐれがないというイメージから、看護師を目指す人も増えています。 では、ニート …

ニートから薬剤師になるには?必要な資格、条件、気になる待遇を紹介!

  ニートで薬剤師という仕事に興味を持っている人も多いはずです。 私もニート時代、薬剤師になれば人生を挽回できるのにと思った時期もありました。 ニートから薬剤師を目指すためには、まず何をすればいいので …

ニートから金融業界に就職できる?おすすめの就職先と資格

ニートをしている人の中には、金融業界の仕事に興味を持っている人も多いことでしょう。 金融業界は在庫を抱えるリスクや設備投資を見誤るということがありませんので比較的安定的な業態です。 給与水準も高いこと …

ニートはサービス業に向いている?業務内容や向いている人の特徴

無職の期間が長くなってくると、人と接する機会も少なくなってきます。 必然的に人と関わる機会の多いサービス業への転職なんて考えられない。 そう思っていた時期が私にもありました。 今回の記事では、サービス …