ニートの就職体験談

26歳無職が釣りにハマり、釣り専門具店に就職できた話

投稿日:2017年7月31日 更新日:

僕は20歳で大学生のとき、学校に行きつつ実家の居酒屋で働いていました。

居酒屋を継ぐことは決めていましたが、学びたかったIT系の大学に進ませてくれた親には今でも感謝しています。

東日本大震災の影響で実家の居酒屋の経営が悪化し廃業

しかし東日本震災の影響もあって自粛ムードや放射能汚染の可能性がある食品も使えなくなり急激に経営が悪化し、実家の居酒屋も廃業しました。

親は転職し僕には大学を続けていいと言ってくれましたが、下に兄弟もいて自分がわがままできないので大学を中退して就職活動をしました。

しかし就職氷河期に加え震災の影響で、積極的に人材を確保しようという企業もなく、一向に就職はうまくいきませんでした。

やっと就いたアルバイトはいわゆるブラックバイトで、13時間労働でその内5時間はサービス残業をするのが当たり前でした。

半年ほど働きましたが十分に休む暇もなく体を壊しがちになり、精神的にも追い込まれて退職しました。

無職になり、自堕落な生活を続ける

それからまた就職活動もしましたが一向に仕事は見つからず、働くとまた辛い思いをするのではと思うとアルバイトをする気にもならなくて、僕は無職になりました。

最初は申し訳なさも強く、どうにかしなければいけないと思っていましたが、数か月もたつとそんな気持ちも薄れてしまいます。

居酒屋で働いていた時とアルバイトをしていた時のわずかな貯金を切り崩しながら昼夜逆転した堕落した生活を続けていました。

家族ともあまり顔を合わせることもなく、まるで虫かなにかのように感情のない生活をしていたと思います。

気分転換に、昔、父としていた釣りをしてみる

時間を持て余してなにか金のかからない趣味はないのかと探していた時、物置で昔父とよく行っていた時の釣りの道具を見つけました。

釣りならそんなにお金もかからないし気分転換になるかも知れないと、夜な夜な自転車で川や海に出かけて釣りをするようになりました。

時間だけはあったので遠くの海にも自転車でよく出向くようになりました。

夜の海は寒くてどこか怖くて憂鬱な気持ちに拍車をかけましたが、明け方になると朝日が反射しきらめいていたり、力強い音をたてながら漁港から船が出ていったりする様を見ていると、嫌な気持も少しずつ忘れられるようになりました。

そこからは釣りにはまって、明け方の方が魚は釣れるんじゃないか、昼はどんな魚が釣れるんだろうと行動しているうちに、昼夜逆転の生活も徐々に治っていきました。

そして仕掛けや竿など、どういう種類があってどういう釣り方をすればいいのか、餌はどうしたらいいのかを調べて知識も付き、SNSで情報を集めたり自分で発信するようにもなりました。

行きつけの漁港ではよく顔を合わせるおじいさんたちと会話しているうちに社交性も徐々に取り戻していきました。

無職だとばれるのは嫌だったので、おじいさんたちの苦手そうなIT関係の仕事と言うことにしてお茶を濁しました。

3年ほど経ち、釣り具専門店のアルバイト求人に応募

そんな生活を3年ほど続けていましたが好きなことを見つけると欲が出てきて、もっと良い釣り竿が欲しいとか、船に乗って釣りをしてみたいとか、もっと遠くの釣り場に行ってみたいと考えるようになりました。

でもそうなるとお金が必要です。

まだ仕事に対する恐怖心はありましたが、コンビニにあったタウンワークを貰ってきて求人情報を見ていると偶然釣り具専門店の求人が出ていました。

知識は調べたことやベテランのおじいさんたちに教えてもらった物があり自信があったので、思い切って応募してみました。

面接では空白期間があったことについて聞かれ緊張しましたが、釣りの話になると話がはずみ、アルバイトとして仕事をもらえることになりました

慣れない接客業にプレッシャーもありましたが、お客さんと話すのは釣りの話です。

働きながらも釣りを続けていたのでお客さんとも話がはずみ、自然と僕を気に入ってくれた常連のお客さんも付くようになりました。

IT技術のおかげで準社員へ昇格

会社が通販事業やSNSでの情報発信することが決まったときに、IT系大学にいた経験からそちらの業務もするようになりました。

大学で学んだWeb系プログラミングの技術や、趣味でやっていたSNSで付けた知識が功を奏し、会社からも評価してもらったことで準社員へ昇格することができました。

そこで稼いだお金で免許を取って車を買い、今でも釣りを楽しんでいます。

僕は偶然が重なったことで無職になり、偶然釣りに出会って知識を付けていたことで絶望的だった人生が好転しました。

無職からの就職は大変なのは間違いないですが、なにか一芸を持ってコツコツ続けていれば絶対に事態は好転すると信じています。

今はまだ働く気になれないかもしれませんが、まずは趣味を作って欲を持つことでお金への欲が生まれ、仕事をしたいと思えるようにきっとなります。

時間はたくさんあると思うので、まずは何か新しいものを見つけることで、状況が何か変わるかも知れません。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

新卒入社の会社を退職。32歳無職がバイトで自信をつけてどん底から再就職できた話

30歳のときに、新卒で入社した会社を退職しました。 理由は精神的に辛くなり、これ以上は働けないと思ったからです。 最初のうちは開放感に溢れていましたが、時間が経つにつれて不安に。 そろそろ何かしないと …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

誕生日2日前に父が急死。28歳職歴なし無職から介護職正職員への道のり

私が、28歳で男性介護職の正社員として働き始めた話をします。 きっかけは父の死でした。 目次大学卒業後、司法試験の勉強をしながらほぼニートに近い暮らし。誕生日2日前に父が急死介護職なら無資格でも採用さ …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

履歴書のある一言で好転!33歳高卒無職から営業事務の正社員に就職できた話

私は30歳の時に、関東で派遣社員をしていましたが、どうしても正社員の仕事がしたく転職活動を始めました。 しかし半年以上職は見つからず、やむを得なく仙台の知人の飲食店で働き始めました。 ただそこは完全な …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

電気技術者を自主退職後、31歳無職から機械技術者に就職できた体験談

こんにちは、私は電気技術者を退職して機械技術者になった者です。 これからなぜ電気技術者をやめてしまったのか、また機械技術者に転職できたのかをわかりやすく書いてみようと思っております。 最後まで読んでい …

21歳で退職し2年のブランクを経て23歳で大手企業、営業事務の正社員として再就職した話

私は49歳の女性で、現在の仕事はフリーライターです。 私が無職から正社員になったのはかなり前のことです。 私が通っていた高校は進学校でしたが、経済的理由などから進学を諦め、地元の企業に就職しました。 …