ニートの就職体験談

美術系学部卒業後、22歳無職に…若者向けハローワークで逆転就職!

投稿日:2019年4月24日 更新日:

私が無職になったのは美術系学部卒業後22歳の年でした。

美術系の学部に通っていた私はデザイナーを目指して在職中からデザインプロダクションと大学がタッグを組んで行うプロジェクトに参加したり、海外の美術大学と共同で行う研修に参加したりと、ある種の”意識高い系”の学生で、就職活動も「まあなんとかなるでしょう」と楽観視していました。

大学卒業後も就職が決まらず、無職になる

しかし、周りの友人が教授の紹介や就職先の斡旋で内定の波に乗っていく中、私は大小問わず”自分がやりたいデザイン”ができそうな企業やデザイン事務所など自分の主観で就職活動をしていき結果的に卒業時点で内定はゼロ

就職活動中、大中学高校と一緒に過ごした友人と気分転換に遊ぶことがあり、「これだけいろんな活動してきてるからコミュ力あるし大丈夫だよ~」と言われ本気で焦っていることに気づいてくれる人はいませんでした。

そして「4月までに絶対就職先を決めるんだ」と意気込んで卒業した後も就職活動をしたものの決まらず、入社式のニュースが流れたり、母に誰々さんが私の就職状況を聞きに来たという報告を見聞きするたびに「ああ、無職になったんだ」ということを痛感し始めました。

周りの目を気にしてパソコンで求人に応募したり、ポートフォリオ(作品集)を作ったりと就職活動は続けてはいるものの家にこもることが多くなり、面接やセミナー以外は昼過ぎに起きたりと生活リズムも崩れ始めました。

母に勧められたハローワークに行ってみる

そして、それを見兼ねた母が勧めたのがハローワークでの就職サービスでした。

デザイナーという専門性が強い仕事がゆえに避けて来た場所であり、サービスでした。ゴールデンウィークが明けてからハローワークに初めて足を運び、久々に日中の渋谷を歩きました。

すると若者向けの就職サービスがあるからそっちの方が求人があると言われ、そこに行きました。それから改めて自分の特性や適性、面接練習などを短期間で行う通うタイプのセミナーに参加しました。

そこで私と同じく無職になってしまった人や精神疾患で退職して転職を目指している人、中には私と同じく美術系の学校を出ている人もいて就職だけでなく、社会に出ることの不安や仕事について話していくにつれて気持ちの面でもオープンになっていきました。

若者向けのハローワークを利用して1ヶ月弱で就職が決まる!

そしてデザインの仕事なんて少ないと思っていたものの職員の方が表向きには出ないデザインの仕事の求人やいろんな方向性で仕事はどうか提案してくれました。

そしてエントリーをしたり、正社員だけでなくアルバイトからの社員登用を積極的に行っている企業など選択肢を増やしたことで、多くのデザインをやっている企業にエントリーをすることができました。

若者向けのハローワークならではの担当制で職員がコンシェルジュのようにつくのもあり、本音で困っていることを吐き出したり、相談していくにつれてアドバイスをもらったりと話すことがストレス発散になり、気持ちも前向きになっていき、作品のバリエーションも増えていきました。

夏も近づく7月、ハローワークを使って就職活動をして1ヶ月弱で就職先が決まり、タイトルを言えば「ああこの映画ね」と言われるような作品のポスターやグラフィックデザインに携わり、現在は地域活性化やブランディングデザインのディレクションやデザインを手がけています。

無職からの就職には「人との関わり」が大事

無職からの就活に大切なことは「人との関わり」だと思います。

母にちょっとハローワーク行ってみたら?百聞は一見にしかずだよと言われなければ自分の主観や思い込みに囚われてより社会との距離が離れていき、デザインの仕事に就けなかったかもしれません。

また、意地になって「自分はこうだから」という枠を作ることで許容や受容など人としての温かみや温もりなど、自分を受け入れてくれる人がいるということが抜けてしまうように感じました。

ハローワークが必ずしも絶対ではないけれども支えてくれる人がいる、接点を持てる場所があるという安心感を得られる場所や人との関わりが一歩踏み出すきっかけになると思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大企業の23歳新卒社員が鬱で退職してから士業事務所に再就職できるまで

第一志望の大学に進学し、学業もそれなりに収め、希望の仕事ではないにせよ上場している大企業に入社した私。 これまで大きな失敗をしたことがなかった私は、ここに来て初めての挫折を味わいました。 目次将来安泰 …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。 家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様にな …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

26歳無職女バンドマンが既卒向けエージェントを利用して、ベンチャー企業の営業職に就職できました

まず、私のプロフィールですが、女性で最終学歴は4年制大学卒業です。 私が26歳でベンチャー企業の営業職に正社員として就職することができた話をします。 目次バンドマンから無職になるまで既卒向け就職支援サ …

結婚で退職するも離婚。32歳無職の私がエージェントで正社員採用されるまで

35歳の女性です。 現在は電機メーカーにて営業事務をしておりますが、32歳の時に無職から正社員になるために就職活動をしたのでその体験談を紹介します。 目次結婚を機に主婦となるも価値観のすれ違いから離婚 …

社風に限界を感じ26歳で退職し、未経験の金融業界へ再就職!

27歳、女性です。 退職後、約1年の派遣期間を経て、未経験の金融業界にカスタマーサービス正社員として再就職しました。 なぜ1年間派遣として働いたのか?どのようにして未経験の金融業界に再就職できたのか? …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

大病を患い大学中退後、26歳職歴なし無資格の私が介護職員として就職できるまで

私は大学生活6年目で大病を患ってしまい、そこから退学という選択をしました。 当時26歳の男性です。 最終的には介護施設に入社することが出来ました。 ここでは、入社が決まるまでに何度も面接を落とされてし …