ニートの就職体験談

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

投稿日:2019年4月21日 更新日:

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。

当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。

特殊な職業についていた主人は早朝の2時3時に家を出ていました。

支度の途中で嘔吐する主人。お弁当の朝ご飯や、お昼御飯が食べられなくなっていきました。

元から温厚で、優しい性格。そして、40才の時に几帳面な主人が怒って仕事中に帰ってきてしまいました。

上司からのパワハラで我慢の限界になり、退職

色々な職場がありますが、この時、主人は上司からパワーハラスメントを長い年月受け続け、我慢が限界に近づいていました。

主人が怒っているのを見たのは最初で最後でした。

それでも、仕事に行き続けた主人。

41才のある日、「明日から仕事に行かない。」といいそのまま仕事を辞めました。

どうしたのか話を聞いて本人が答えようとしても、過呼吸になる。

仕事の話をすると嘔吐、過呼吸、眩暈。

体調を崩してしまい、聞くことが出来なくなりました。

それ以外は安定しているため、家で家事や育児をしてくれていました。

それでも主人の気にかかっていた事は、「生活費を稼がなきゃいけない。」だったそうです。

前向きに考える反面にやしなっていかなきゃいけない重圧と、別れた方が嫁が楽なのか、でも別れたくない自分との葛藤に不安がついてまわる。

そんな状態で、1日、1日を送っていたそうです。

それでも、働かなければいけない。生活費を稼がなきゃいけない。1か月過ぎた頃から前向きに居られるようになっていました。

職業安定所に通うようになり、夜は色んな求人サイトを見たりしながら過ごしていました。

その後、何日も職業安定所に通い、面接を受け、今の会社に就職しました。

無職期間に大切にしたこと

仕事を辞め、家に居る時に大切にしたこと。

それは、規則正しい生活を送る事。

大変な思いをし身体も心もボロボロに傷つき、ゆっくり寝かせてあげたい気持ちもありましたが、それでも主人の体調に合わせ、規則正しい生活を送る事、また、少しでも話を聞いてあげる事、再就職を急かさない事、この3つが就職活動中に大切にした事です。

私の中で、夫に養ってもらっている。そんな気持ちがあり「一生養ってもらう年月のほんの1年位、代わりに働くよ。そんな年があってもいいよね。60年間位のほんの1年。おばあちゃんになったらきっと笑い話だ」と言う気持ちでした。

ある日急に、心の病になり大変な思いをするかもしれません。

それでも本当に苦しいのは、本人で変わってあげられる物でもなくて、今は職場適応障害に関しての市のサポートも充実しています。

誰しも我慢し苦しんで働いていますよね。

職を選ばなければいくらでも働く所はある。我慢が足りない。情けない奴だ。
そんな言葉を主人に言った人もいました。ごもっともです。

それでも、一生お世話になるかも知れない会社です。慎重に選ぶべきです。

40才過ぎると39才までと違い正規採用の正社員として働くのは難しいくなります。

焦らず、沢山見て選ぶ。1番大切な事なんだと思います。

職業安定所の窓口で沢山話をし、細かい所まで確認したり、面接先に分からない事は素直に質問したり、経験したことがある仕事か、免許はあるか、少しでも携わったことがある仕事なら、多少でも覚えていれば初めてつく仕事より多少楽なのかもしれません。

まとめ

今、完治しイキイキしている姿を見て、良かったと思います。

無理をさせていたら命が無かったかもしれない、もっと酷い状態になっていたかもしれない、給料面も大切ですが無理をしないことも大切です。

主人が言っていましたが、「ゆっくりしていて大丈夫だよ」の言葉が寂しい反面、嬉しくて少しでも早い復帰に繋がったそうです。

-ニートの就職体験談
-, , , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

転機は兄の結婚!3年間の引きこもりを経て、25歳無職で正社員の事務に就職できました

私は25歳の時に無職から正社員になろうと決意し、正社員の事務として就職することができました。 これからそのお話をしたいと思います。 目次大学時代に就活で失敗し、3年間実家で引きこもり生活をする無職とし …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …

卒業直後の5月に内定取消に!その後、22歳女ニートが都心部の有名食品企業に就職した話

大学卒業後、ニートになった私が都心部にある食品系企業のOLになるまでの話をお伝えします。 どのような経緯でその企業に就職したのかという点、ニート経験による「このへんで困った」というエピソードなども織り …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

3連続で書類選考落ち!21歳高卒職歴なし女が医療事務に就職できるまで

私は現在、30代の女性です。 当時、21歳高卒で職歴無しだった私が就いた職種は医療事務。 高校を卒業後、看護の道を歩もうと決意したのですが、親の反対もあり進学できずにいました。 学校の先生は「看護がだ …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

現在28歳の独身女性です。 2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。 絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。 しかし、就職活動 …

20歳職歴なし対人恐怖症だった私が初めてコンビニ店員に就職した話

私は現在33歳の主婦です。 今回は、私が高校卒業してから2年間ニート生活を経験した後、コンビニ店員として働くようになった体験談をお話したいと思います。 目次不登校、イジメがキッカケで対人恐怖症に対人恐 …