ニートの就職体験談

6年の引きこもりニート生活から脱出!25歳の無職ニートが配達アルバイトから正社員として採用されるまで

投稿日:2019年4月15日 更新日:

私は今現在31歳で独身一人暮らしをしています。

両親がいて3人姉弟の真ん中です。中学までは特に問題なく育ったと思います。

高校に入ったぐらいから家族とコミュニケーションをとる事を嫌がっていましたが、特に非行に走ったりとかはしていません。高校3年の時に学校をサボるとかぐらいでした。

高校卒業後、就職した工場を10ヶ月で無断退職

高校を出て工場に就職しましたが、人間関係や集団行動などが苦痛で、そのまま10ヶ月程で無断退職してしまいました。

仕事を辞めたい事を親や周りの友人にも言えず、会社に行きたくなかったので、朝仕事に行くふりをしてそのまま家出をしてしまいました

家出中はラブホテルに泊まっていました。二週間ぐらいして流石に親は心配していると思い電話をしたら、泣いていてちょっと申し訳ない事をしたと思いました。そのことで実家に帰ると、親は突然帰ってきたことでビックリしていました。

それからは特に家で何もしてなかったので太り始めてしまい、そのことを母親に言われカッとなって口をきかなくなってしまいました。

そこから私の引きこもりニート生活が始まりました。

家族が寝静まってから台所でご飯を食べる引きこもり生活

引きこもっている間は全く家族と会話をしませんでした

部屋からも昼間は出て行かず、家族が寝静まってから台所でご飯を食べていました。髪の毛なんかも自分で切っていました。主にずっと部屋でテレビを見て過ごしていました。

心の中ではこんな生活がいつまで続くのかと不安でしょうがありませんでした。

何かキッカケのようなものがあれば親と会話できるのになと思っていました。私自身もどうすればいいか分からなかったです。そして、こんな生活を6年ぐらいしてしまいました。

母親の知り合いがきっかけで親とも会話できるようになった

そんな生活と全く家族と会話をしなくなった事を見かねて、母親の知り合いが来て解決してくれました。知り合いというのは、母親が某宗教団体に入っていて、その団体の方でした。

30歳ぐらいの男性と20歳前半ぐらいの男性の2人です。

特に何をしたというわけでもないですが、部屋に入ってきてたわいもない会話をしたり、その後ご飯に連れて行ってくれたりしました。

そのような事をしてくれたおかげで、親とも会話ができるようになりました。

郵便配達のアルバイトに募集して6年のニート生活に終止符を打つ

その後普通に親とも会話ができるようになり、何か仕事を探そうと意欲も湧いてきました。やはり、働きたいという願望はどこかしら持っていたのかもしれません。

自分の欲しいものも何個かありました。

そして、新聞広告の求人チラシを見ていると郵便配達のアルバイトの募集があり、人間関係を築くのが苦手なので配達業務だったら1人で気楽にできるだろうと思い応募しました。

面接の結果、採用され6年弱のニート生活は終わりました。

アルバイトを初めて4年後、正社員採用試験を受けて見事正社員になる

そのまま郵便局で4年ほどアルバイトをしていると、上司から正社員募集の話を聞いて資料だけもらいました。採用には高校卒業程度の学力面接での判断とのことでした。

私もその時年齢が28歳ぐらいだったので正社員の方がいいなと思い、ダメ元で応募しました。

応募したその日から高校の教科書や問題集を買ってきて、毎日2時間くらい勉強しました。2ヶ月ぐらい勉強したと思います。

そして試験日が来て緊張しながら試験を受け、面接も次の日にありそれも何とか受け答えできました。

試験の結果は1ヶ月後ぐらいだったと思います。郵便局でいつものように作業をしていると上司から局長室に来てと言われ、そこで試験の結果が分かりました。結果は合格でした。

結果を知った時は何だか複雑でした。正直そんなに嬉しくなかったような気がします。正社員の方の仕事をこなせるか不安でしたから。ただ親はものすごく喜んでいました。

まとめ

そして今現在31歳ですが何とか仕事をこなせております。引きこもりニートだった私が就職できたのは周りの方のサポートなしには無理だったと思います。

今現在ニートの方も全く働く意欲がないわけではないと思います。何かの理由があって働いてないんだと思います。何でもいいので自分にあった仕事が見つかったら人生が変わると思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

34歳で無職ニートになってから未経験のスーパーマーケット精肉部門に就職するまで

これからお話するのは、私が34歳でパチンコ店を退社し、無職ニートになってから全く違う職種に再就職するまでのお話です。 目次5年間働いたパチンコ店の新社長と合わず、退職を決意雇用保険の手続きをし、のん …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

27歳で無職からパソコンショップの店員に就職できました

目次無職になるまでの経緯無職になってからの心境や生活状況就活しようと思ったきっかけ就活の際に役に立ったサイトや媒体、言葉など無職からの就活に大切なこと経験談を語る上で欠かせないことまとめ 無職になるま …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

30歳まで正規雇用されたことがなかった私が正社員として旅行会社に就職できた話

当時30歳まで正規雇用で働いたことがなく、アルバイトで実家暮らしをしていました。 新卒の就職活動に、失敗しそこからやる気をなくしアルバイトを掛け持ちしたりしていました。 新卒で就職した友人たちの初任給 …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

就職氷河期は辛い!25歳無職が運良く中途で自動車メーカーに就職できるまで

私は現在43歳の男性で、現在でも25歳の時に中途入社をする事が出来た自動車メーカーの会社で働いています。 結婚して子供も出来たので幸せな家庭を築いていますが、当時は就職氷河期の影響を受けて辛く感じる事 …

24歳で東京の大学を中退、東北に職場を絞って28歳無職から製造業に就職成功しました!

私は29歳の男性で今は製造業の正社員です。そんな私も28歳までは無職でした。 私は東京都内にある有名大学に現役で合格し、華々しい大学生活を送るはずでした。 しかし、燃え尽き症候群のような症状に陥り、大 …

自分だけじゃない、大丈夫。28歳、辛かったニートから就職

私は28歳男性で、製造業で働いています。 高校を卒業してから勤めていた会社を自己都合で退職し、ニートになりました。 ここでは、退職してからのニート生活で学んだことなどを話したいと思います。 目次化学系 …

海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

私は25歳まで海外でバックパッカーをして世界を放浪していました。 日本に帰国してから就職について真面目に考えだし、とりあえず通い始めたパソコンスクールで、ある女性と出会いました。 就職のきっかけは彼女 …