ニートの就職体験談

無職の彼氏ナシ26歳女が上京して、未経験のWEB広告代理店に就職するまで

投稿日:

こんにちは。

これは私が26歳の頃、新卒で入社した会社を次の働き先のあてもなく退職、その後に勢いにまかせて上京、まったく未経験の業種であるWEB広告代理店に就職することができた経験をご紹介しています。

無職から一発逆転の就職もあり得る、というひとつの参考にしていただければ嬉しいです。

26歳新卒で就職した会社を当てもなく退社、暗黒の無職へ

私が23歳新卒で入社した会社はアミューズメント系サービス業の会社でした。仕事自体にはとてもやりがいを感じていたし、店舗の異動が頻繁なことお給料が安いこと以外は比較的満足して働いていました。

そろそろ3年目になろうかという頃、マネージャーとの面談でそろそろ店長職にチャレンジしてみないかという話をいただき、それをきっかけに自分の将来についてまじめに考えてみました。

その結果、その仕事自体は楽しいが店長職に魅力を感じず、店長になってしまうとその後30代、40代まではその会社に居続けるのだろうと自分の将来が見えてしまった気がしました。

わがままですがもっと他の世界を見てみたい!と思い、実は転職しようと思っています!と勢いでマネージャーに報告しました。

異動のタイミングもあり思いのほか早くその会社を退社することになり、私は26歳にしてあっという間に無職になりました。

3ヶ月で怒涛の上京、絶対にすぐに就職すべくポイントを見定め面接へ!

会社に在籍しながら転職活動をしようと思っていましたが、その会社がサービス業だったこと、なかなか忙しい会社であったこと、自分が次にやりたいことが何なのかはっきりと見えていなかったこともあり、働きながらの転職活動は正直まったくできませんでした。

無職になりまず感じるのが、毎日を生きているだけで住民税や国民保険などかなりのお金を消費するということと、働いていないことに対するものすごい焦りでした。とにかく何をするにも罪悪感でいっぱい、無職なのに、と毎日全然楽しくない。

これではいけない!当時住んでいた名古屋から、勢いで東京へ引っ越すことを決めました。前々からこれまでとまったく違う場所、違う仕事をしてみたいと思っていたので勢いにまかせて上京しました。

引っ越し代のこともあり、絶対に3ヶ月以内に就職しないと貯金がなくなる!と思ったのでハローワークにはあえて行かず、上京したその日から転職サイトを読み漁りました。

見つけた自分が働きたいポイントは2つ。

お給料が前職よりよいこと、IT系の今風の会社がいいこと。

この二つに絞って、専門職や営業は確実に無理だと思ったので事務職に狙いを定め3社ネットから応募しました。女性の事務職探しならとらばーゆが見やすくて応募もしやすくておすすめです。

26歳、無職からの一発大逆転の就職!まったくの未経験でなぜ採用?

ネットで履歴書を送った3社とも面接をしてくれるという連絡があり、その中から1番に面接した会社に決めました。

書類で落とされないポイントは、履歴書や職務経歴書を丁寧に間違いなく書くこと、事務職希望ならばそれに沿ったスキルが少しでもあることを大きく書くことです。

サービス業でももちろんまったく事務をしないことはないので、自分のできる事務的な仕事をこれでもかと書きました。以前の会社の中で重要だと思う業務でも、受けたい会社にとって不要だと思う部分についてはさらりと書くことを心がけました。

私が就職できた会社の面接は一次が人事担当の方、二次が配属される予定の部署のリーダーの方、最終が社長面接でした。

新卒の就職活動でも感じたのですが、ベンチャー系企業は割とフランクでこれまでの経歴よりも人柄を重視してくれたり、プライベートな内容を聞いてくれたりするということです。

大手、大手、と大きな魚を狙おうとするより意外とベンチャー企業は転職希望者にとって穴場かなと感じました。

ただホワイトからブラックまで幅広いので、私は面接のときも社内を少し見学させてもらったりしてここがどういう会社かを観察するように心がけました。これは新卒ではできないことかもしれません。

まとめ

私が無職から希望の就職を叶えたときに感じたポイントは、いつまでに就職するのか期間を決めること、ベンチャー系の企業を狙うこと、大きすぎる魚を狙わないことです。

どれも分かり切っているようで、いざすべてのポイントをおさえるのは意外と難しいです。数を打ちすぎると自分のやる気までもがそがれてしまうので、ある程度厳選する必要があるし、そのためには自分のスキルをしっかり客観的に見つめなおす必要があります。

無職の期間は不安や焦りがつのる期間でもありますが、自分を見つめなおすいいタイミングにもなります。

仕事が決まってから、仕事は大変ですが休みの日の充実感がとても心地よく感じます。私の経験が少しでも参考になると嬉しいです。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …

就職エージェントのおかげで成功できた!26歳ニートが商社営業に正社員で就職できた体験談

私は現在、31歳の男性ですが、今回は、無職だった26歳の時に正社員として商社の営業の職についたときのことを書いていきます。 私は大学を卒業したあと、就職に成功して正社員として働いていました。 新卒でし …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

異動辞令で上場企業を退職。35歳無職から着物仲介販売業に就職できたエピソード

37歳女性です。 ずっと人と関わる仕事に就いてきました。 接客業や営業など体を動かしたり、人と話すことが好きです。 21歳の時に入社した会社を34歳で退職し、35歳で新たな業種に転職しました。 全く違 …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

うつ病のため4年間の通院後、28歳職歴なし男性が介護業界に就職するまで

私は28歳男性の介護士です。 18歳を超えると無職やフリーターは、世間からの目も冷たくなります。 その境遇から上手く抜け出せない状況になっている方も多いです。 働きながらでは就職活動の時間が取れない、 …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

高卒25歳職歴なしの男性が倉庫管理職に就職できた話

私は現在、倉庫管理職に務めている28歳男性です。 高校を卒業前、私は正社員として働くために面接を何社も受けていました。 しかし、なかなか内定をもらうこともできず、わずかにもらった内定もしたい仕事ではな …