ニートの就職体験談

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

投稿日:2019年10月28日 更新日:

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。

そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。

入社から、退職、無職期間、再就職の体験をお話ししたいと思います。

大学卒業後、新卒採用された車の営業職に就く

四年制大学をギリギリの単位で留年回避し、就職活動の時間をあまりとれない状態で四年生を過ごしてしまったため、あまり選択肢のない中から新卒で採用された会社を選びました。

大学生の時に四年間、飲食店でアルバイトしており、接客がとても好きだったため興味のあった車の営業職に就きました。

入社してから約三ヶ月間は研修期間と言うこともあり、県外の研修施設で研修を受けました。後から調べて分かったのですが、この研修内容はブラック企業に良くあるタイプの研修でした。

毎日12時間労働。新卒で入った会社はまさかのブラック企業

県外での約三ヶ月間の研修を終え、配属が決まり社会人としてのスタートを切りました。就業時間は10:00から19:30、その間に二時間の休憩が含まれていました。

配属された際は、休憩時間長いし、朝も結構ゆっくりだからありがたいなぁと思っていました。

しかし、配属初日少し気合いをいれ30分前に出社してみると、自分以外の社員は全員出社しており、仕事をしていました。初日の為、少し早くないか?とは思ったのですが、たまたまということもあり得る為、あまり気にしないようにしていました。

しかし、何日経ってもその状態は変わらず。しかも、新人のため先輩の同行をすることが多かったのですがお昼ご飯を食べる時間が全くなく、常に何か業務をしている状態でした。

終業時間になっても誰も帰る気配がなく、結局のところ、社員のほとんどが8:30分に出社し、帰るのは21:00。その間の休憩は多くて30分であることがわかりました。約12時間労働です。残業代も付けることを許されませんでした。

仕事内容は車でお客様のご自宅へ出向き、車の調子をうかがったり、車検前のお客様へは新しいお車へ乗り換える提案をするなど、接客が好きだったためとてもやりがいを感じていました。

上司からパワハラを受け、入社10ヶ月で退職

給料は新卒の平均ほど貰えていたのですが、労働時間があまりにも長いため、時給を計算するとコンビニのアルバイト代以下という条件のなか、半年ほどたったころから溜まっていた不満を少しずつ上司に漏らし、反抗心から定時退社をしたりしました。

それにより、上司の機嫌を損ねパワハラに近い行為をされ始めました。その結果、鬱病になってしまい入社10ヵ月で退職しました。

前職の先輩から連絡をもらい、中古車の営業職に就職!

会社に行かなくて良いと思うと朝からとても体が軽く感じ、体調もどんどん良くなりました。自分の好きなことを好きなだけし、自由は素晴らしいと思っていました。

少しの貯金と失業手当などにより、人生の休憩と思い半年ほど好き勝手な生活をしていたのですが、大学まで行かせてくれた両親に申し訳ない気持ちもあり、再就職に向けて準備を始めました。

まず、ハローワークに行き仕事を探し、大学時代の教授に協力を求め、様々な仕事を紹介してもらいました。しかし働くとなると恐怖心もあり、またブラック企業だったらどうしようと思ったり、一年以内に辞めた人間を雇ってもらえるのかという不安もありました。

初めは月に5社ほど面接を受けていましたが、なぜ辞めたのかや病気の状態等を聞かれ、正直に答えるのですがよい結果を得られず。上手くいかない状態がいやになり、面接の回数も減り時間だけが過ぎていきました。

無職期間が一年になった頃、私が退職したブラック企業でお世話になった先輩から、転職するんだけど一緒にどうか?と、連絡をもらいました。

転職先は中古車の営業職でした。とにかく働きたい私にとっては本当にありがたい話だった為お願いすることにしました。大きな会社では無いが、とてもアットホームな職場です。面接時は、これまでの事を全て話し、もし納得できなければいつでも辞めていいからと言われました。

そうして再就職を果たし、一年が経ちました。

納得できないこともあまりなく(少しはあるがその都度話し合いで解決)とてもアットホームな職場で毎日が楽しく、そろそろ彼女との結婚も、考えられるようになりました。

鬱病になり、無職になり、恐怖から仕事にも就けなかった私ですが、自分の殻を破ることにより、幸せな生活を得ることが出来ました。

少しでも参考にしていただければ幸いに存じます。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ギャンブルで借金、彼女にも振られ人生に絶望。26歳で車中生活だった無職が派遣から始めて正社員に就職できるまでの道のり

私は40歳男性です。現在製造業でリーダーをしています。部下もいて指導する立場にあります。 私が無職になったきっかけは「人生にいいことはないんだ」と悲観し抜け殻となってしまったことです。 26歳だった私 …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

大切なのは自分と向き合うこと!26歳で大学病院を退職し、無職から病院に再就職〜独立するまで

25歳で無職になった私は「ある事」を行なったおかげで今の自分、職があります。 私は就職してから約4年、26歳で退職しました。 そして無職になり前述した「ある事」を行なったおかげで今の自分があります。そ …

26歳無職女バンドマンが既卒向けエージェントを利用して、ベンチャー企業の営業職に就職できました

まず、私のプロフィールですが、女性で最終学歴は4年制大学卒業です。 私が26歳でベンチャー企業の営業職に正社員として就職することができた話をします。 目次バンドマンから無職になるまで既卒向け就職支援サ …

27歳でうつ病退職し1年後、職業指導員として再就職できた話

新卒で入社した会社で3年目のときにパワハラでうつ病になりました。 うつ病で1年半休職し、退職して1年後に正社員で大手企業の子会社に就職することができました。 今も通院中ですが、うつ真っ只中のときは働く …

なんとなく入った会社はブラック。3年間の引きこもりと簿記取得を経て26歳でIT会社の経理として再就職!

私は現在40代の男性です。 高校大学と音楽活動にすべてを捧げて、勉強をほとんどしてこなかったので、大学卒業が近くなり、周りの友達が就職活動を始めていた時期でさえも毎日、一人で酒を飲む日々を過ごしていま …

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …

ある映画がきっかけで一念発起!18~24歳までひきこもりだった私がビルメンテナンスとして就職できた話

私は幼少のころから一人で遊ぶことを好む性格で、大人になってもその性格は変わりませんでした。 そのため人間関係での悩みが多く、ひきこもるようになってしまいました。 そんな私がある映画がきっかけで一念発起 …

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

強みを見つけることが大事!27歳職歴なし無職が物流業界に正社員として就職できた体験談

29歳男性、物流関係の職場で商品の管理をしています。 倉庫内の商品の管理、入出庫作業、アルバイトさんや派遣さんの監督などが主な仕事内容です。 私は27歳になるまで正規雇用経験一切なし、ニート時代よあり …