ニートの就職体験談

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

投稿日:2019年10月28日 更新日:

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。

辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。

次の仕事を探すにしても今一歩の勇気を踏み出せなければ、何時まで経っても就職に至らず時間だけが過ぎる結果となるのです。

ここで紹介するのは会社を退職してニート生活を繰り返してきた私が就職に成功した体験談です。

三重苦を味わい、4年間勤めてきた美容院を退職

私は20歳の頃に手に職を付ける為に、専門学校へ通いながら美容院で働いていました。

しかし、なぜ美容師免許を取得してるのに退職をする事になったのか、両親や知人からは不思議に思われましたが、誰もが納得する様な理由から美容院を辞める事となりました。

退職理由とは以下の通りです。

労働時間、給料、人間関係の3つの要素

仕事を続ける事が出来るのには上記の3要素が重要となってきますよね?

私の勤めていた美容院は日に16時間を超える長時間労働月に13万円の安月給、更に険悪な人間関係の3重苦を4年間も味わってきました。

しかし、この様な職場なのに続けてこられたのは何故か?私には大きな目標が1つだけありました。

美容師免許を取得する目標が唯一の生き甲斐

美容院へ勤めながら専門学校に通っていた頃は、仕事の苦もそれほどは感じませんでしたが「美容師免許を取得してからは先が見えなくなった」のが退職の引き金となりました。

美容院を退職してから、引きこもりの1年間

私は美容師側からの猛烈な反対を押し切って強引に退職をする事になりました。

そうでもしなければ肉体、精神面などがやられてしまっていたからです。

しかし今までに苦労をしてきたので、同じ職種に転職する勇気も失っていたのです。

退職後の私生活

私は4年間も苦しんだ精神的な疲れでいつの間にか昼まで寝てはゲームをする様になっていました。

今思えば仕事をしたくない1つの現実逃避と言っても良いでしょう。

家に引き籠りとなった1年間

早く仕事を見付けなければいけないのは頭で分かっていても、自分への更なるプレッシャーや仕事に対する恐怖心で就職活動する事も出来ませんでした。

次第に家に引き籠りがちとなり1年が経ちましたが、早い様で短いと感じる時間でした。

前職にこだわらず自分のやりたいことを探そう

家に引きこもる期間が長くなると自分の視野も狭くなってしまう物ですよね。

しかし長く家に引きこもっていたある日に私がふと考えたのは、別の美容院へ転職をしなくても他の仕事でも良いのではないか?ということです。

自分に合った仕事を探そう

自分に合った仕事を見付ける事は難しい問題なのですが、無職でいるよりアルバイトでも良いから働きながら探そうと思いました。

1年も引きこもっていたら手軽なアルバイトすらも容易に探す事は難しかったです。

とにかく何でもやろう

就職するまでは就職雑誌で適当に探して来た警備員のアルバイトです。

3ヶ月の間、警備会社に車で通勤していたら自分は車が好きなんだと認識する様になっていました。

職業安定所の支援もうけて整備会社への就職

私はアルバイトをした事で少し前向きになったのか視野が広くなり少しずつ自分のやりたい事が見えてきました。

車を直す仕事をやってみたいと思ってからアルバイトが休みの日に車関係の仕事を探す事にしました。

職業安定所への相談

私は美容院の仕事しか経験がなかったので職業安定所へ相談する方法しか分かりませんでしたが、今思えばスマホが普及した世の中でも職業安定所は様々な就職支援をしてくれる施設なので、最適な就職活動だったと思います。

資格取得から就職へ

車関係の相談をしてから整備士の資格を取る話になり職業訓練校へ入学を進められました。

整備士の2級は容易に取れるだけでなく就職にも有利と聞いて入学する事となり、アルバイトをしながら学校へ通う生活がスタートします。

そして私は整備士2級を取得後、自宅から近場の整備会社は1社しかありませんでしたが、職業安定所の支援によって無事に整備会社へ就職でき、3ヶ月の研修期間を経て社員として迎え入れてくれたのです。

まとめ

人間、過去に嫌な出来事があれば自分の頭にしまい込もうとして次の行動を起こせなくなり引きこもりとなるのだと思いました。

以前に勤めていた美容院と比べると適度な就業時間に給料も充実しており、人が良い先輩もいるので気兼ねなく仕事が出来ています。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

経歴 18~23 フリーター 復職から5年前のできごと 23~25歳までの無職 26歳から正社員 目次フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職 …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

結婚で退職するも離婚。32歳無職の私がエージェントで正社員採用されるまで

35歳の女性です。 現在は電機メーカーにて営業事務をしておりますが、32歳の時に無職から正社員になるために就職活動をしたのでその体験談を紹介します。 目次結婚を機に主婦となるも価値観のすれ違いから離婚 …

スキルなしの25歳無職女が熱意をぶつけて未経験の事務職に就職できた話

これは、私が25歳で無職になり、なんと経験が全くない営業事務の正社員に就職できたお話です。 まさか自分が正社員になれるなんて…。当時の私は思ってもみませんでした。 大変だった中途採用。 しかし、しっか …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

誕生日2日前に父が急死。28歳職歴なし無職から介護職正職員への道のり

私が、28歳で男性介護職の正社員として働き始めた話をします。 きっかけは父の死でした。 目次大学卒業後、司法試験の勉強をしながらほぼニートに近い暮らし。誕生日2日前に父が急死介護職なら無資格でも採用さ …