ニートの就職体験談

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

投稿日:2019年10月28日 更新日:

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。

辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。

次の仕事を探すにしても今一歩の勇気を踏み出せなければ、何時まで経っても就職に至らず時間だけが過ぎる結果となるのです。

ここで紹介するのは会社を退職してニート生活を繰り返してきた私が就職に成功した体験談です。

三重苦を味わい、4年間勤めてきた美容院を退職

私は20歳の頃に手に職を付ける為に、専門学校へ通いながら美容院で働いていました。

しかし、なぜ美容師免許を取得してるのに退職をする事になったのか、両親や知人からは不思議に思われましたが、誰もが納得する様な理由から美容院を辞める事となりました。

退職理由とは以下の通りです。

労働時間、給料、人間関係の3つの要素

仕事を続ける事が出来るのには上記の3要素が重要となってきますよね?

私の勤めていた美容院は日に16時間を超える長時間労働月に13万円の安月給、更に険悪な人間関係の3重苦を4年間も味わってきました。

しかし、この様な職場なのに続けてこられたのは何故か?私には大きな目標が1つだけありました。

美容師免許を取得する目標が唯一の生き甲斐

美容院へ勤めながら専門学校に通っていた頃は、仕事の苦もそれほどは感じませんでしたが「美容師免許を取得してからは先が見えなくなった」のが退職の引き金となりました。

美容院を退職してから、引きこもりの1年間

私は美容師側からの猛烈な反対を押し切って強引に退職をする事になりました。

そうでもしなければ肉体、精神面などがやられてしまっていたからです。

しかし今までに苦労をしてきたので、同じ職種に転職する勇気も失っていたのです。

退職後の私生活

私は4年間も苦しんだ精神的な疲れでいつの間にか昼まで寝てはゲームをする様になっていました。

今思えば仕事をしたくない1つの現実逃避と言っても良いでしょう。

家に引き籠りとなった1年間

早く仕事を見付けなければいけないのは頭で分かっていても、自分への更なるプレッシャーや仕事に対する恐怖心で就職活動する事も出来ませんでした。

次第に家に引き籠りがちとなり1年が経ちましたが、早い様で短いと感じる時間でした。

前職にこだわらず自分のやりたいことを探そう

家に引きこもる期間が長くなると自分の視野も狭くなってしまう物ですよね。

しかし長く家に引きこもっていたある日に私がふと考えたのは、別の美容院へ転職をしなくても他の仕事でも良いのではないか?ということです。

自分に合った仕事を探そう

自分に合った仕事を見付ける事は難しい問題なのですが、無職でいるよりアルバイトでも良いから働きながら探そうと思いました。

1年も引きこもっていたら手軽なアルバイトすらも容易に探す事は難しかったです。

とにかく何でもやろう

就職するまでは就職雑誌で適当に探して来た警備員のアルバイトです。

3ヶ月の間、警備会社に車で通勤していたら自分は車が好きなんだと認識する様になっていました。

職業安定所の支援もうけて整備会社への就職

私はアルバイトをした事で少し前向きになったのか視野が広くなり少しずつ自分のやりたい事が見えてきました。

車を直す仕事をやってみたいと思ってからアルバイトが休みの日に車関係の仕事を探す事にしました。

職業安定所への相談

私は美容院の仕事しか経験がなかったので職業安定所へ相談する方法しか分かりませんでしたが、今思えばスマホが普及した世の中でも職業安定所は様々な就職支援をしてくれる施設なので、最適な就職活動だったと思います。

資格取得から就職へ

車関係の相談をしてから整備士の資格を取る話になり職業訓練校へ入学を進められました。

整備士の2級は容易に取れるだけでなく就職にも有利と聞いて入学する事となり、アルバイトをしながら学校へ通う生活がスタートします。

そして私は整備士2級を取得後、自宅から近場の整備会社は1社しかありませんでしたが、職業安定所の支援によって無事に整備会社へ就職でき、3ヶ月の研修期間を経て社員として迎え入れてくれたのです。

まとめ

人間、過去に嫌な出来事があれば自分の頭にしまい込もうとして次の行動を起こせなくなり引きこもりとなるのだと思いました。

以前に勤めていた美容院と比べると適度な就業時間に給料も充実しており、人が良い先輩もいるので気兼ねなく仕事が出来ています。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

28歳でリストラされ無職に。50社以上の不採用を乗り越え29歳で熱処理の会社に就職!

私が29歳の時、熱処理株式会社に正社員として働きだした話をします。 それまでの経緯も合わせて話をします。 目次28歳で退職し、8ヶ月の無職生活前会社からの支援でリクルートキャリアコンサルティングで求人 …

ハロワより転職サイト!24歳新卒を2年で辞めた私が、土日祝休みの事務職に正社員で就職できた話

24歳、新卒で就職した会社を2年で辞めた私が、26歳で土日祝日お休みの事務職に正社員としてつくことができた話をします。 目次新上司に嫌気が差し、新卒で就職した会社を2年で辞めてしまう6社中すべて不採用 …

パチンコにハマり専門学校中退。27歳無職からデバッグのアルバイト、最終的に正社員として登用されました

私は27歳男性、以前は無職でしたが晴れてデバッグサービスの仕事に就くことができました。 私は高校卒業後、専門学校へと進学しました。しかし、特に何をしたいということもなく、気が向くままに生活していたせい …

株トレーダーになるも負け続け、27歳職歴なしで自動車メーカーに就職するまで

私は、北海道生まれの30代後半の男性です。 今は自動車メーカーでエンジン製造に携わる仕事をしています。 高校を卒業してから1度も働いたことがなかった私が、どのようにして27歳で職を見つけ、29歳で就職 …

履歴書のある一言で好転!33歳高卒無職から営業事務の正社員に就職できた話

私は30歳の時に、関東で派遣社員をしていましたが、どうしても正社員の仕事がしたく転職活動を始めました。 しかし半年以上職は見つからず、やむを得なく仙台の知人の飲食店で働き始めました。 ただそこは完全な …

同窓会で感じた周りとのギャップ。高卒22歳職歴なしの私が食品会社の正社員に就職できるまで

私は高校を卒業後、特に目的もなく実家で暮らし、短期間のアルバイトを繰り返し遊び歩いていました。 遊ぶ友達も大体同じような境遇で、現状に満足していたのです。 高校は私立のあまり品の良くはない女子校です。 …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

現在31歳の女性で、一児の母です。 前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。 その後、もう一度自分のやりたかったことをやろ …

40歳無職から事務アルバイトに応募した半年後、正社員に登用された話

40歳で無職だった女性でも、やり方次第では正社員として就職することができます。 どんなふうに就職活動をしたのか、詳しい話を書いてみましょう。 目次病気で一時期にニート状態に正社員登用ありの事務アルバイ …