ニートの就職体験談

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

投稿日:

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。

そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。

大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず、無職へ

大学を卒業後、IT関連企業に就職をしました。しかし、その会社は終電帰りがあたりまえ、遅いときは会社に泊まるような会社でした。

そんな激務に耐えられず体調を崩してしまい、休職、その後復職もできずにそのまま退職し、無職になってしまいました。

何か特別な資格や技能を身につける時間もなく無職になってしまい、今後が非常に不安でした。

3年間の無職生活の後に職業訓練校に入学

退職した後は休養もかねてしばらく無職を謳歌していましたが、それがまずかった・・・。

いざ就職活動をしようと思っても、前職からの離職期間が長いとなかなか企業は雇ってくれません。また特別な技術や資格がないので、土方や介護の仕事くらいしか求人もなく、途方にくれていました。

そんなときに親から職業訓練校への入学を進められました。もともとコンピューターが好きだった私は、職業訓練校の3DCADを勉強できるコースの見学会に参加し、これなら私も技術を身に着けられそうだと強く感じました。

また、職業訓練校では就職のサポートもしてくれるので、そういった面でもぜひ入学したいと思いました。入学に際しては簡単な筆記試験と面接がありましたが、定員に満たないコースではほぼ全員入学できるようです。私も無事入学することができました。

職業訓練校での半年間

職業訓練校では、半年かけて3DCADを中心に機械関係の勉強や実習を行いました。何かの技術を身に着けたことがない私にとって、ここで身に着けた知識は技術は一生活かせるものになったと思います。

また、職業訓練校に通っている他の生徒のみんなも、大体私と同じ境遇を持っている人たちばかりで、すぐに仲良くなりました。その人たちから様々な職業経験を聞いたり、苦労話を聞いたりするのも自分の人生にとってプラスになったと思います。

大変なことも特になく、非常に楽しく、あっという間に半年は経過してしまいました。就職活動の面でも非常に親身にサポートしてくれました。特に助かったのが、求人募集している会社側と交渉し、職場の見学や応募の手続きをしてくたことです。特に職場の見学はとても助かりました。

なかなか個人で就職活動をしているだけでは会社の見学に行くのに勇気がいりますが、職業訓練校の担当の方がアポイントを取ってくれて、現地でもその方がほとんど仕切ってくれました。私が就職が決まった会社も見学に行ったことがきっかけでした。

29歳無職が未経験で機械設計職に

機械設計職というと、大学で機械工学を勉強している人がなる職業、というイメージがありました。

しかし、実際はある程度CADが使えるならば採用してくれる会社が非常に多いです。また、実務経験が必要な会社でも職業訓練校に通っているという点を考慮してくれて採用してくれる場合もあるそうです。

私が就職した会社も未経験者は採用対象ではありませんでしたが、採用してくれました。そういった意味では、本当ならご縁がないような会社に職業訓練校のおかげで就職できたといえます。

まとめ

無職で資格もない人が新しい挑戦ができるほど日本の社会は優しくありません。

そんなときに、職業訓練校で少しでも技術や知識を身に着けることで、求人を出している会社側もある程度評価してくれる部分があるのは間違いありません。職業訓練校に対して抵抗がある人も少なからずいるのではないでしょうか。

実は、私もその一人でした。

でも、今では入学したことを後悔していませんし、役立つ技術や経験を得られたと思っています。無職でも何かを経験すれば、それを評価してくれる会社は絶対あります。

職業訓練校でなくても、ぜひ何かを経験する1歩を踏み出してみましょう。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

誕生日2日前に父が急死。28歳職歴なし無職から介護職正職員への道のり

私が、28歳で男性介護職の正社員として働き始めた話をします。 きっかけは父の死でした。 目次大学卒業後、司法試験の勉強をしながらほぼニートに近い暮らし。誕生日2日前に父が急死介護職なら無資格でも採用さ …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …

31歳職歴無しニートがパソコン入力のバイトから会計事務所の正社員になった話

私は現在37歳の男性ですが、31歳まで職歴が無くニート状態でした。 私の家は、とても裕福といえるほどではありませんでした。 しかし、両親共働きで、どちらかというとお金には不自由していない家庭だったと思 …

保育士から1年のニート期間を経て販売業に転職!その道のりとは?

『終身雇用』という、死ぬまで同じ会社に勤め上げる事こそ立派な社会人だという考えは時代と共に変化してきました。 現在では『自分のやりたい事を仕事にする』『合わなければ転職する』『スキルアップの為に転職す …

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

私は39歳の男性です。 25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。 目次無職になるまでの経緯。無職になってからの心境や生活状況。就職しようとしたきっかけは?就職活動の際 …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

31歳でニートから脱出し工場に就職した私の体験談

私は、現在48歳男性です。 ここでは私が31歳の時に新卒で入社した会社を辞めて、後に工場で働き出すまでの経緯をお話したいと思います。 目次新卒で入社した広告代理店が携帯電話販売に大幅転換!?妻と二人暮 …