ニートの就職体験談

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

投稿日:

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。

そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。

大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず、無職へ

大学を卒業後、IT関連企業に就職をしました。しかし、その会社は終電帰りがあたりまえ、遅いときは会社に泊まるような会社でした。

そんな激務に耐えられず体調を崩してしまい、休職、その後復職もできずにそのまま退職し、無職になってしまいました。

何か特別な資格や技能を身につける時間もなく無職になってしまい、今後が非常に不安でした。

3年間の無職生活の後に職業訓練校に入学

退職した後は休養もかねてしばらく無職を謳歌していましたが、それがまずかった・・・。

いざ就職活動をしようと思っても、前職からの離職期間が長いとなかなか企業は雇ってくれません。また特別な技術や資格がないので、土方や介護の仕事くらいしか求人もなく、途方にくれていました。

そんなときに親から職業訓練校への入学を進められました。もともとコンピューターが好きだった私は、職業訓練校の3DCADを勉強できるコースの見学会に参加し、これなら私も技術を身に着けられそうだと強く感じました。

また、職業訓練校では就職のサポートもしてくれるので、そういった面でもぜひ入学したいと思いました。入学に際しては簡単な筆記試験と面接がありましたが、定員に満たないコースではほぼ全員入学できるようです。私も無事入学することができました。

職業訓練校での半年間

職業訓練校では、半年かけて3DCADを中心に機械関係の勉強や実習を行いました。何かの技術を身に着けたことがない私にとって、ここで身に着けた知識は技術は一生活かせるものになったと思います。

また、職業訓練校に通っている他の生徒のみんなも、大体私と同じ境遇を持っている人たちばかりで、すぐに仲良くなりました。その人たちから様々な職業経験を聞いたり、苦労話を聞いたりするのも自分の人生にとってプラスになったと思います。

大変なことも特になく、非常に楽しく、あっという間に半年は経過してしまいました。就職活動の面でも非常に親身にサポートしてくれました。特に助かったのが、求人募集している会社側と交渉し、職場の見学や応募の手続きをしてくたことです。特に職場の見学はとても助かりました。

なかなか個人で就職活動をしているだけでは会社の見学に行くのに勇気がいりますが、職業訓練校の担当の方がアポイントを取ってくれて、現地でもその方がほとんど仕切ってくれました。私が就職が決まった会社も見学に行ったことがきっかけでした。

29歳無職が未経験で機械設計職に

機械設計職というと、大学で機械工学を勉強している人がなる職業、というイメージがありました。

しかし、実際はある程度CADが使えるならば採用してくれる会社が非常に多いです。また、実務経験が必要な会社でも職業訓練校に通っているという点を考慮してくれて採用してくれる場合もあるそうです。

私が就職した会社も未経験者は採用対象ではありませんでしたが、採用してくれました。そういった意味では、本当ならご縁がないような会社に職業訓練校のおかげで就職できたといえます。

まとめ

無職で資格もない人が新しい挑戦ができるほど日本の社会は優しくありません。

そんなときに、職業訓練校で少しでも技術や知識を身に着けることで、求人を出している会社側もある程度評価してくれる部分があるのは間違いありません。職業訓練校に対して抵抗がある人も少なからずいるのではないでしょうか。

実は、私もその一人でした。

でも、今では入学したことを後悔していませんし、役立つ技術や経験を得られたと思っています。無職でも何かを経験すれば、それを評価してくれる会社は絶対あります。

職業訓練校でなくても、ぜひ何かを経験する1歩を踏み出してみましょう。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

20代無職から介護職正社員への就職体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職から介護職正社員につくことができた方の体験談をまとめてご紹介します。 これから介護職の正社員を目指す方の参考になれば嬉しいです。   >> …

ネトゲにハマりすぎて23歳二ートだった私が事務職についた方法

昔ネットゲームにハマって二ートになってしまった私が、どうやって社会復帰して就職にこぎつけたのかをこれからお話しさせていただきます。 目次ネトゲ廃人だった21歳から二ートになるまでの経緯23歳ニート状態 …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

新卒で入った不動産会社を24歳で退職し、沖縄の旅行会社に再就職した体験談

はじめまして。 現在34歳、ちょうど来月で、今の職場で働き始めて10年目の、旅行会社社員の男です。 時にはバスツアーの企画をしたり、時には修学旅行でこの地を訪れる高校生のバスに乗り添乗員をしたりと、日 …

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

全ては彼女GETのため!26歳の大卒職歴なし無職が正社員の職を手に入れるまで

わたしは26歳の男で大学院を卒業した後は自分で何かできないかとインターネットで稼げないかと色々と試してみたり、大学時代に貯めたお金で株をやったりしていました。 ぶっちゃけ全く稼ぐことはできておらず、貯 …