ニートの就職体験談

27歳で無職からパソコンショップの店員に就職できました

投稿日:2019年4月21日 更新日:

無職になるまでの経緯

大学に入ってから、なんとなく周囲と合わずに孤立していました。

行っても話し相手もあまりいないので、なんとなく行くことが減り、単位も落とすようになり、行きづらくなりました。

そして、その後中退しました。バイトは惣菜を作るところで、黙々と決められたことをこなしていれば、何とか時給はもらえましたが、とくにスキルが身に付くことなく、ずるずると続けていただけでした。

無職になってからの心境や生活状況

無職になってからは、ブックオフで購入したものをアマゾンで販売したりして少しの収入がありました。

あとは、パソコンは秋葉原のジャンクを修理して使っていました。

秋葉原にいくとジャンク扱いの物がありすぎて、沢山買ってしまい、家にあふれるようになりましたので、修理できるものは修理して動作を確認してから、オークションサイトなどで売っていました。

修理できないものはパーツ取り用に使ったり、オークションに出していました。修理できたものも、ジャンクからの修理品なので品物が到着してすぐの動作不良以外はノークレーム、ノーリターンとしての販売でしたが、後から文句を言ってくる人もいて、めんどうくさかったです。

無職だと暇だと思う人が多いようですが、ジャンクを修理したり、ゲームをしたりで暇ではなかったです。

しかしながら行動範囲が減ったというのはありました。

就活しようと思ったきっかけ

ジャンク修理も飽きて、低収入で不規則な生活はやはり面倒なので、ハローワークへ行くようになりましたが、結構知っている秋葉原のパソコンやネット関係のお店も求人を出していました。

パソコン関係の小規模なお店はユルイ感じの所もあったので、大きめの企業などと違って、あまりひどい拒否の仕方をしなさそうなので、ためしに面接を受けてみました。

ある程度の企業の採用担当の方だと、いかにも賢そうだったり、社交的な感じだったり、おしゃれだったりと自分とは違う種類の人間に見えるので、やはり就活の対象にはしにくかったです。

その点、パソコンショップなどは自分のような地味でさえない感じで、話すのも苦手な感じの人がほとんどなので、結構合いそうでした。

就活の際に役に立ったサイトや媒体、言葉など

ハローワーク、Re就活マイナビなど

無職からの就活に大切なこと

朝にちゃんと起きて、やることが無くても外出して、身体を動かすことや、決まった時間に食事をして、身体にリズムを作る、夜は定時に眠るなどで、時間と場所で自分にリズムを付けていくことが第一でした。

学校に行かなくなってから無くしたもので一番大きなものはそれだったと思います。

それを取り戻すのが、一番大変でしたが、一番意味があったと思っています。今は外でもスマホで簡単にネットを見れるので、ネットも外でのスマホ経由での使用がメインになりました。

経験談を語る上で欠かせないこと

私の場合はパソコンが趣味だったので、それを活かして就職できました。

さらにはそのようなお店の店員さんたちがどのような人達かを、実際に接して知っていたので、面接の時にもなんとかなりそうなので、求人に応募することに繋がりました。

普通の企業の知的でおしゃれな人達とは違う人種の人達が働いているのを知っていたことが大きかったと思います。

まとめ

趣味に関する仕事ならば、ある程度は相手の事も知っていますので、比較的、就活しやすいと思います。

本や雑誌、テレビなどのメディアなどでのみ知っている相手だと、どのような知識や態度、経験が必要とされるのかが解りにくいので、自分の知っている範囲で就職するところで選ぶのは、比較的成功率が高いと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

無職の彼氏ナシ26歳女が上京して、未経験のWEB広告代理店に就職するまで

こんにちは。 これは私が26歳の頃、新卒で入社した会社を次の働き先のあてもなく退職、その後に勢いにまかせて上京、まったく未経験の業種であるWEB広告代理店に就職することができた経験をご紹介しています。 …

お祈りメールで疲弊していた25歳職歴なし無職が職業訓練校に通いITベンチャー企業に就職することになったきっかけ

僕が25歳でIT企業の正社員に就職した話をします。 そもそも何故無職になったのか。 それは大学時代の就職活動の失敗がありました。大学時代はアルバイトに明け暮れて勉強等は一切しない日々で、気が付けば大学 …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

強みを見つけることが大事!27歳職歴なし無職が物流業界に正社員として就職できた体験談

29歳男性、物流関係の職場で商品の管理をしています。 倉庫内の商品の管理、入出庫作業、アルバイトさんや派遣さんの監督などが主な仕事内容です。 私は27歳になるまで正規雇用経験一切なし、ニート時代よあり …

新卒入社の会社を10ヶ月で退職。26歳の鬱病無職だった私が中古車営業マンとして再就職できた話

私は現在26歳、大学を卒業後新卒で入社した会社をさまざまな理由から鬱病にかかり、一年以内に退職しました。 そこから約一年の無職期間を経て、車の営業職に再就職することになりました。 入社から、退職、無職 …

人間関係が原因で退職後、33歳のニートが就職して介護職員になるまで

ニートから脱出して就職したいと考えている方は多いかもしれません。 私は人間関係が原因で退職後ニートを経て、33歳で介護職員として再就職しました。 私はニート脱出後、今ではバリバリ働いて人生を楽しく送っ …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

スキルなしの25歳無職女が熱意をぶつけて未経験の事務職に就職できた話

これは、私が25歳で無職になり、なんと経験が全くない営業事務の正社員に就職できたお話です。 まさか自分が正社員になれるなんて…。当時の私は思ってもみませんでした。 大変だった中途採用。 しかし、しっか …