ニートの就職体験談

26歳で退職し海外放浪を経てホテル受付スタッフとして再就職した話

投稿日:2017年9月28日 更新日:

私は都内のホテルの受付係として働いている31歳の女性です。

今回は私が前職を退職し、ニート期間を経て、再就職した体験をお話しします。

26歳で仕事にやりがいを感じられなくなり退職し、無職に

私は大学卒業後、大手飲食チェーン店に就職しました。

26歳の時に、店舗の管理を任されるようになり、店長として毎日忙しく働いていました。

当時は休日出勤は当たり前、毎日残業があり、朝から夜中まで働くこともあるほどの激務に追われていました。

その店舗には私ともう1人しか正社員がおらず、他はアルバイトスタッフで運営していたため、バイトスタッフの急な休みには私がフォローするしかありませんでしたし、1日休みがあっても、必ずお店に顔を出していました。

それでもやりがいを感じて、頑張っていました。

でもある時、自分は何のために、このお店にこんなにも尽くしているんだろうと疑問に思ってしまいました。

自分の人生はどこへいってしまったんだろうかと、自問自答する日々が続き、張り詰めていた糸が切れてしまったように、やる気がなくなってしまったんです。

自分の時間が全くない、自分のために何もしていないと気付き、退職することを決めました。

幸い新卒で就職してから、お金を使う時間がないほど働いていたので、貯金は十分にあり、無職になった後の生活に不安はありませんでした。

2年間の海外放浪生活の後、帰国し就職を考える

退職し、無職になってしばらくは雇用保険を受け取る期間があり、自分の気持ち的にも今は充電期間だからゆっくり休もう、と考えていました。

最初は沖縄へ行って、ゆっくりしようと思ったのですが、飛行機のチケットを調べていると、海外へ行く費用と変わらないことに気付きました。

それで、せっかくなら思い切って海外へ行ってみようと思い始めたんです。

色々と調べているうちに、何カ国もの国に興味が湧き、しばらく海外放浪の旅に出ることに決めました。

結局、退職してから半年後、マンションも退去し、バックパック1つ持って、海外へ出国しました。

それからは、まさに放浪の旅です。

最初は韓国から入り、中国、台湾を回って、東南アジアへ。

そしてタイ、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマーを陸路で回りました。

自分の行動力に驚いていましたが、元々人との触れ合いが好きで、飲食店での就職を決めたこともあり、現地の人々との触れ合いが刺激的で毎日楽しかったです。

途中、タイのバンコクで長期滞在をしながら、東南アジアを回っていたので、あっという間に1年が経っていました。

その後、インドネシアのジャカルタへ、そこからバリ島へ行きました。

最後にオーストラリアへ渡り、シドニーとメルボルンに行き日本へ帰国したので、2年間も無職だったことになります。

主に東南アジアに滞在していたので、物価が安く、貯金で十分すぎる生活ができたことが大きかったです。

帰国してすぐに親にも就職しろと言われましたし、正直日本の生活も恋しくなっていたため、働きたい!という気持ちになっていました。

28歳の未経験者がホテル受付スタッフに再就職!

2年間旅行をしていたので、旅行・観光関係の仕事に就きたいと思っていました。

それで最初に思いついたのが、観光客を迎えるホテルでの仕事です。

リクナビNEXTで調べていると、沢山のホテルが求人を募集しており、ほとんどが未経験可ということでした。

28歳という年齢で未経験は厳しいかな、と少しだけ不安にもなりましたが、ダメでもいいから、やるだけやってみようという勢いで応募しました。

海外でニート生活をしていると、同じく放浪している外国人ニートとの出会いがすごく多かったです。

でも誰1人として、負い目のようなものは感じていませんでした。

「十分働いたから、しばらくはバケーション!」

というハツラツとしたニートばかりでした。

日本人は無職ということに、ネガティブな印象を持ちすぎなんだと感じました。

その影響で、日本に帰国した時はポジティブな気持ちでいっぱいでした。

また面接の時に、2年間何をしていたのかを聞かれると、「海外を回って見聞を広めていました」と堂々と答えることができました。

そして日本にいた時と海外へ行ってから、どんな風に考え方が変わったかを話すことで、興味深く話を聞いてくれる面接担当者は多かったです。

2ヶ月ほど就職活動をして、最終的に希望のホテルに就職することができました。

自分の人間性を短い面接の時間でどれだけ相手に伝えられるか、という点で、ニートだった期間を隠したり、ごまかしたりするのではなく、その期間を含めて自分のことをしっかりPRすることが無職からの就職をする歳に重要なことなんだと思います。

まとめ

自分がどんなことに興味を持っていて、何が得意なのか、それを探るための時間だと思えば、ニートの期間は全く無駄ではありません。

私も2年の無職期間を経て、やっと自分に合った仕事を見つけられたと感じています。

自信を持って、自分と向き合えば、再就職は難しくないと信じて頑張ってください。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

震災で転職の話が白紙に。完全未経験の工場職に正社員として30歳で再就職できるまで

私は現在36歳男です。 私は29歳の時それまで勤めていた会社を自己都合で退職しました。 退職理由は残業が多く、残業代もまともに払われない事と、ボーナスが10万円以下という事が原因です。 当時、私は結婚 …

ラーメン修行を断念。27歳無職からカーディーラー営業に正社員で就職するまでの道のり

紆余曲折あり無職から28歳で営業主任になりました。 ここではその体験談をお話したいと思います。 目次ラーメン店開業を夢見てアパレルメーカーを退職ラーメン修行に疑問を感じ始め断念。25歳で無職になる旧友 …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

結婚が一番の動機だった!37歳無職からサービス業の正社員に就職できた話

オススメの資格であったり履歴書の書き方であったり面接の受け答えの方法であったり、そういったこともちろん大切でした。 しかし、私はもっと気持ち的な部分も大切だったなと、当時の自らの就活経験を振り返って思 …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

20代無職から介護職正社員への就職体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職から介護職正社員につくことができた方の体験談をまとめてご紹介します。 これから介護職の正社員を目指す方の参考になれば嬉しいです。   >> …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

会社から突然の解雇通告!?1年後、41歳で貿易事務に再就職

私は40歳で初のリストラにあいました。長年勤めてきた会社でこのような仕打ちにあうとは、まさに青天の霹靂。予想だにしていなかったことでした。 辛い経験ではありましたが、唯一良かったと言えるのはそれを機に …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …