ニートの就職体験談

26歳で退職し海外放浪を経てホテル受付スタッフとして再就職した話

投稿日:2017年9月28日 更新日:

私は都内のホテルの受付係として働いている31歳の女性です。

今回は私が前職を退職し、ニート期間を経て、再就職した体験をお話しします。

26歳で仕事にやりがいを感じられなくなり退職し、無職に

私は大学卒業後、大手飲食チェーン店に就職しました。

26歳の時に、店舗の管理を任されるようになり、店長として毎日忙しく働いていました。

当時は休日出勤は当たり前、毎日残業があり、朝から夜中まで働くこともあるほどの激務に追われていました。

その店舗には私ともう1人しか正社員がおらず、他はアルバイトスタッフで運営していたため、バイトスタッフの急な休みには私がフォローするしかありませんでしたし、1日休みがあっても、必ずお店に顔を出していました。

それでもやりがいを感じて、頑張っていました。

でもある時、自分は何のために、このお店にこんなにも尽くしているんだろうと疑問に思ってしまいました。

自分の人生はどこへいってしまったんだろうかと、自問自答する日々が続き、張り詰めていた糸が切れてしまったように、やる気がなくなってしまったんです。

自分の時間が全くない、自分のために何もしていないと気付き、退職することを決めました。

幸い新卒で就職してから、お金を使う時間がないほど働いていたので、貯金は十分にあり、無職になった後の生活に不安はありませんでした。

2年間の海外放浪生活の後、帰国し就職を考える

退職し、無職になってしばらくは雇用保険を受け取る期間があり、自分の気持ち的にも今は充電期間だからゆっくり休もう、と考えていました。

最初は沖縄へ行って、ゆっくりしようと思ったのですが、飛行機のチケットを調べていると、海外へ行く費用と変わらないことに気付きました。

それで、せっかくなら思い切って海外へ行ってみようと思い始めたんです。

色々と調べているうちに、何カ国もの国に興味が湧き、しばらく海外放浪の旅に出ることに決めました。

結局、退職してから半年後、マンションも退去し、バックパック1つ持って、海外へ出国しました。

それからは、まさに放浪の旅です。

最初は韓国から入り、中国、台湾を回って、東南アジアへ。

そしてタイ、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマーを陸路で回りました。

自分の行動力に驚いていましたが、元々人との触れ合いが好きで、飲食店での就職を決めたこともあり、現地の人々との触れ合いが刺激的で毎日楽しかったです。

途中、タイのバンコクで長期滞在をしながら、東南アジアを回っていたので、あっという間に1年が経っていました。

その後、インドネシアのジャカルタへ、そこからバリ島へ行きました。

最後にオーストラリアへ渡り、シドニーとメルボルンに行き日本へ帰国したので、2年間も無職だったことになります。

主に東南アジアに滞在していたので、物価が安く、貯金で十分すぎる生活ができたことが大きかったです。

帰国してすぐに親にも就職しろと言われましたし、正直日本の生活も恋しくなっていたため、働きたい!という気持ちになっていました。

28歳の未経験者がホテル受付スタッフに再就職!

2年間旅行をしていたので、旅行・観光関係の仕事に就きたいと思っていました。

それで最初に思いついたのが、観光客を迎えるホテルでの仕事です。

リクナビNEXTで調べていると、沢山のホテルが求人を募集しており、ほとんどが未経験可ということでした。

28歳という年齢で未経験は厳しいかな、と少しだけ不安にもなりましたが、ダメでもいいから、やるだけやってみようという勢いで応募しました。

海外でニート生活をしていると、同じく放浪している外国人ニートとの出会いがすごく多かったです。

でも誰1人として、負い目のようなものは感じていませんでした。

「十分働いたから、しばらくはバケーション!」

というハツラツとしたニートばかりでした。

日本人は無職ということに、ネガティブな印象を持ちすぎなんだと感じました。

その影響で、日本に帰国した時はポジティブな気持ちでいっぱいでした。

また面接の時に、2年間何をしていたのかを聞かれると、「海外を回って見聞を広めていました」と堂々と答えることができました。

そして日本にいた時と海外へ行ってから、どんな風に考え方が変わったかを話すことで、興味深く話を聞いてくれる面接担当者は多かったです。

2ヶ月ほど就職活動をして、最終的に希望のホテルに就職することができました。

自分の人間性を短い面接の時間でどれだけ相手に伝えられるか、という点で、ニートだった期間を隠したり、ごまかしたりするのではなく、その期間を含めて自分のことをしっかりPRすることが無職からの就職をする歳に重要なことなんだと思います。

まとめ

自分がどんなことに興味を持っていて、何が得意なのか、それを探るための時間だと思えば、ニートの期間は全く無駄ではありません。

私も2年の無職期間を経て、やっと自分に合った仕事を見つけられたと感じています。

自信を持って、自分と向き合えば、再就職は難しくないと信じて頑張ってください。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

4年間のパラサイトシングル状態。25歳無職女ニートが倉庫業の正社員に採用されるまで

私(女)が25歳で倉庫業の正社員になれたお話をします。 この記事がご参考になれば幸いです。 目次高卒で地元の製造業に就職するも、仕事の大変さ・理不尽さを思い知る「誰にも会いたくない」状態になり、21歳 …

35歳ニートが理学療法士を目指して4年後、39歳で病院に就職できるまで

私は39歳で国家資格である理学療法士となり、無事に病院に就職できたものです。 34歳までは飲料自動販売機のルートセールスをこなしていました。 しかし、年齢と共に仕事自体がきつくなり、その後のことも考え …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

生活費だけ稼ぐ25歳職歴なしフリーターが事務職(人事労務)へ就職できたわけ

私は大学を卒業後、約2年ほど一人暮らしのフリーターをして生活をしていました。 しかし、25歳から本格的に就職活動を始め事務職(人事労務)に就職することができました。 私が25歳の職歴なしから、どのよう …

新卒入社の中堅IT企業に疲弊し1年で退職。25歳無職から工場正社員に就職して逆転!

私は30代の男性会社員ですが、25歳の頃ニートをしていました。 まさかニートになるとは学生の頃には想像していませんでしたが、人生何が起こるかわからないものです。 ですがその後紆余曲折ありながら、工場で …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

きっかけは好きな人のため!37歳職歴なしが葬祭業の正社員として就職するまで

私は、37歳職歴なしから葬祭業へと就職することができました。 ここでは、一度社会からドロップアウトした方が、社会復帰する一助になればと思い、私の体験談を書いてみたいと思います。 職歴なしの期間が長けれ …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

30歳までニートとして生きてきた人間が飲食店に就職するまでの記録

これからする話は、私(男性)が浪人して大学受験に失敗した19歳のときから30歳までのニート生活、そして就活を始めて無事に社会人として生きることになるまでの、全記録です。 目次兄を見て、大丈夫だと思って …

ハローワークのプログラミング職業訓練に通い、28歳無職からプログラマーとして正社員就職できるまでの軌跡

新卒就職に失敗した私は大学卒業後、フリーターとしてアルバイトをはじめた。 それは夜勤の棚卸し作業や商品陳列です。 作業内容は単純で簡単なものだが、夜勤に慣れることができず体調不良がつづく。その後2年半 …