ニートの就職体験談

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

投稿日:2017年9月28日 更新日:

技術開発から、希望ではない営業職に異動

前職では、技術開発職に従事していましたが8年後に営業職へ異動となりました。

異動は受け入れましたが、営業職は希望ではなかったため再度技術開発職に復帰したいとの意向でした。

そもそも社内の権力争いの余波を受けての意に沿わない異動でしたが、営業職を6年継続する中で、地元の職場であった技術開発職へ復帰できる見込みがどんどん薄れていきました。

もし技術開発職に復帰できず、なおかつ地元職場へも戻れないのであれば、転職の決断をしなければならないとは考えていました。

新上司とうまくいかず転職を決意

営業職も6年目に入ろうかと言う年、営業異動後の直属上司が異動となり新たな上司との関係がうまく行きませんでした。

新上司とはもともとは仲が良かったのですが、新上司となってからは、直属の部下となった私を自分の思うように育てたいと考えていた様です。

技術職に復帰したいと言う私の強い希望は無視されました。

そして、いくら相談しても営業部員としての将来性を説かれ、私のモチベーションが下がっていく中、私自身が客先とトラブルを起こす事件がありました。

理由は先方のミス、勘違いでしたが、お客様は無下には出来ませんので、私も誠心誠意対応していました。

しかし、そのころにはだんだんと関係が悪くなっていた新上司は、客先ではもとより、社内に対しても私をかばう様なそぶりを全く見せませんでした。

そもそも将来への展望を見失っていた職場で、身内である上司にも仲間としての信頼を感じられなくなったとき、転職を決意しました。

妻の実家に居候した半年の無職期間

当時地元を離れていた私は地元に帰って再就職先を探す事にしました。

しかし、当時買い手市場だったこともあり、なかなか希望する職種は見つけられませんでした。

しかもあまり貯蓄もなかった私は、無職の間は妻の実家に居候するほかありませんでした。

妻も、妻の家族もUターンでの転職には肯定的だったため、居候すること自体に問題は無かったのですが、やはり居心地のいいものではありませんでした。

妻も仕事が見つからず、夫婦そろって無職のままの状態は約半年続いたでしょうか。

就職する意思はあるもののいい会社がなかなか見つからず、かといってバイトなどを始めても就職活動自体が疎かになってはいけないなどと考えて八方塞がりな気分でした。

飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある

うまく行かない時には、考え自体がマイナス思考になってしまうものです。

就職活動をしていたのは地方の小都市だったため、企業の数も限られていました。

あまりむやみに動いて不採用がつづくと、応募する企業が無くなってしまうので、もう少し経過が良くなるまで応募しない方がいいんじゃないかなどとも考えました。

考えれば考えるほど、体が縛られてなにも行動できなくなる様な気持ちです。

ハローワークに行ったり転職案内サイトからのメールを見たりはするのですが、企業に訪問出来なくなってしまいました。

そんな期間が1ヶ月ほど経ったとき、突然飽きてしまいました。

あまりにも状況が変わらない、家族も何にも言わない状況に退屈しすぎてなんだかどうでも良くなってしまいました。

億劫になっていた外出も気にならなくなり、私は必要とされてないのではないかと言うような根拠のない不安も、どうでも良くなってしまいました。

転職サイトからの案内も目新しいものが無くなっていたので、何となくネットで探した、人材募集を掛けていない企業数社に直接電話をしてみました。

直接電話をかけた企業で再就職が決まる

 直接電話を掛けて就職を打診する事は珍しいようですが、受けていただいた企業側からは好印象に見てもらえました。

やる気や行動力として評価されますし、転職サイトなどへ支払う高額なインセンティブも不要になります。

結果として前職と同様の自動車部品の技術開発職へ再就職する事ができたのでした。

 今から思うとわずかな期間の無職居候生活でしたが、当時は先が全く見えない闇の中でした。

恐怖心や、恐怖を紛らわせるための感情の麻痺や、良くわからない精神状態になっていた様な気がします。

自分1人の力ではどうにも解決できない様な気がしますが、きっかけを作ったのは自分自身の開き直りでしたし、それに応えてくれる人はまわりに多くいた気がします。

飽きたでも、つまらないでも、退屈だでもなんでもかまわないんだと思います。

全うな理由なんかなくても、動き始めさえすれば、応えてくれる人は必ずいるのだと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

26歳無職が釣りにハマり、釣り専門具店に就職できた話

僕は20歳で大学生のとき、学校に行きつつ実家の居酒屋で働いていました。 居酒屋を継ぐことは決めていましたが、学びたかったIT系の大学に進ませてくれた親には今でも感謝しています。 目次東日本大震災の影響 …

株トレーダーになるも負け続け、27歳職歴なしで自動車メーカーに就職するまで

私は、北海道生まれの30代後半の男性です。 今は自動車メーカーでエンジン製造に携わる仕事をしています。 高校を卒業してから1度も働いたことがなかった私が、どのようにして27歳で職を見つけ、29歳で就職 …

28歳無職のPC未経験者がIT企業にシステムエンジニアとして就職するまで

私は現在28歳のシステムエンジニアの卵です。 以前は卵ですらない無職でした。無職になった経緯としては、前職の営業職で無理をしたため精神的な病気になってしまいました。 その後は精神的な病気と付き合いつつ …

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

大学卒業と同時に無職に。29歳無職から製造会社事務に正社員として就職できるまで

私は大学で経営学や経済について学びましたが、就活がうまくいかず新卒での就職ができませんでした。 卒業後はフリーター状態となり職を転々としつつ一時はニート状態。 資格取得などを経てなんとか29歳のときに …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

うつ病のため4年間の通院後、28歳職歴なし男性が介護業界に就職するまで

私は28歳男性の介護士です。 18歳を超えると無職やフリーターは、世間からの目も冷たくなります。 その境遇から上手く抜け出せない状況になっている方も多いです。 働きながらでは就職活動の時間が取れない、 …

ギャンブル、中退、自堕落な日々。24歳無職フリーターがホテルの正社員になることができた理由

私は4年制の大学に通っていたのですが、親元を離れアパートで1人暮らしをしていた影響で、悪友などの誘いに乗るようになり、徐々に自堕落な生活に落ちぶれてしまいました。 その結果、大学を中退し、アルバイトで …

24歳職歴なしだった私が職業訓練を経てダンボール製造会社に就職できた話

私は今でこそ30歳も半ばを過ぎ、会社員として日々奮闘する毎日を送っていますが、大学を卒業してからの2年間はどこにも就職することも出来ず、ニート生活を送っていました。 本日は、そんな無職であった私が就職 …

人のためになる仕事がしたい!27歳で無職から障害児支援の福祉施設に初めて正社員として就職できるまで

社会学部の4年制大学を卒業した女です。これから大学を卒業してからフリーターとなり、正社員として働くまでの経緯を書きたいと思います。 大学を卒業する際に就職活動はしたものの、正社員として内定をもらうこと …