ニートの就職体験談

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

投稿日:2017年9月28日 更新日:

技術開発から、希望ではない営業職に異動

前職では、技術開発職に従事していましたが8年後に営業職へ異動となりました。

異動は受け入れましたが、営業職は希望ではなかったため再度技術開発職に復帰したいとの意向でした。

そもそも社内の権力争いの余波を受けての意に沿わない異動でしたが、営業職を6年継続する中で、地元の職場であった技術開発職へ復帰できる見込みがどんどん薄れていきました。

もし技術開発職に復帰できず、なおかつ地元職場へも戻れないのであれば、転職の決断をしなければならないとは考えていました。

新上司とうまくいかず転職を決意

営業職も6年目に入ろうかと言う年、営業異動後の直属上司が異動となり新たな上司との関係がうまく行きませんでした。

新上司とはもともとは仲が良かったのですが、新上司となってからは、直属の部下となった私を自分の思うように育てたいと考えていた様です。

技術職に復帰したいと言う私の強い希望は無視されました。

そして、いくら相談しても営業部員としての将来性を説かれ、私のモチベーションが下がっていく中、私自身が客先とトラブルを起こす事件がありました。

理由は先方のミス、勘違いでしたが、お客様は無下には出来ませんので、私も誠心誠意対応していました。

しかし、そのころにはだんだんと関係が悪くなっていた新上司は、客先ではもとより、社内に対しても私をかばう様なそぶりを全く見せませんでした。

そもそも将来への展望を見失っていた職場で、身内である上司にも仲間としての信頼を感じられなくなったとき、転職を決意しました。

妻の実家に居候した半年の無職期間

当時地元を離れていた私は地元に帰って再就職先を探す事にしました。

しかし、当時買い手市場だったこともあり、なかなか希望する職種は見つけられませんでした。

しかもあまり貯蓄もなかった私は、無職の間は妻の実家に居候するほかありませんでした。

妻も、妻の家族もUターンでの転職には肯定的だったため、居候すること自体に問題は無かったのですが、やはり居心地のいいものではありませんでした。

妻も仕事が見つからず、夫婦そろって無職のままの状態は約半年続いたでしょうか。

就職する意思はあるもののいい会社がなかなか見つからず、かといってバイトなどを始めても就職活動自体が疎かになってはいけないなどと考えて八方塞がりな気分でした。

飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある

うまく行かない時には、考え自体がマイナス思考になってしまうものです。

就職活動をしていたのは地方の小都市だったため、企業の数も限られていました。

あまりむやみに動いて不採用がつづくと、応募する企業が無くなってしまうので、もう少し経過が良くなるまで応募しない方がいいんじゃないかなどとも考えました。

考えれば考えるほど、体が縛られてなにも行動できなくなる様な気持ちです。

ハローワークに行ったり転職案内サイトからのメールを見たりはするのですが、企業に訪問出来なくなってしまいました。

そんな期間が1ヶ月ほど経ったとき、突然飽きてしまいました。

あまりにも状況が変わらない、家族も何にも言わない状況に退屈しすぎてなんだかどうでも良くなってしまいました。

億劫になっていた外出も気にならなくなり、私は必要とされてないのではないかと言うような根拠のない不安も、どうでも良くなってしまいました。

転職サイトからの案内も目新しいものが無くなっていたので、何となくネットで探した、人材募集を掛けていない企業数社に直接電話をしてみました。

直接電話をかけた企業で再就職が決まる

 直接電話を掛けて就職を打診する事は珍しいようですが、受けていただいた企業側からは好印象に見てもらえました。

やる気や行動力として評価されますし、転職サイトなどへ支払う高額なインセンティブも不要になります。

結果として前職と同様の自動車部品の技術開発職へ再就職する事ができたのでした。

 今から思うとわずかな期間の無職居候生活でしたが、当時は先が全く見えない闇の中でした。

恐怖心や、恐怖を紛らわせるための感情の麻痺や、良くわからない精神状態になっていた様な気がします。

自分1人の力ではどうにも解決できない様な気がしますが、きっかけを作ったのは自分自身の開き直りでしたし、それに応えてくれる人はまわりに多くいた気がします。

飽きたでも、つまらないでも、退屈だでもなんでもかまわないんだと思います。

全うな理由なんかなくても、動き始めさえすれば、応えてくれる人は必ずいるのだと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

飲食店開業に失敗し42歳で無職に…資格が活きて保険会社の一般事務に就職できるまで

現在、42歳男性。 あらゆる手段を用いた結果、無職から保険会社の一般事務(営業は少々)に就職することができました。 目次飲食店を開業するも限界を感じ、42歳で無職になってしまう大した資格もなく就職が決 …

生活費だけ稼ぐ25歳職歴なしフリーターが事務職(人事労務)へ就職できたわけ

私は大学を卒業後、約2年ほど一人暮らしのフリーターをして生活をしていました。 しかし、25歳から本格的に就職活動を始め事務職(人事労務)に就職することができました。 私が25歳の職歴なしから、どのよう …

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次18歳で工業高校 …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

社長のセクハラが原因で24歳で退職。33歳で建設コンサルタント会社に再就職できた話

私は現在45歳の女性です。 私は新卒で設計事務所に入社しました。 ところが社長との折り合いが上手く行かず、24歳で退職し、その後は派遣社員や個人委託で仕事を続けてはいました。 そんな私が、30歳を過ぎ …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

パワハラ、セクハラのため29歳でニートへ。なんとか脱出して、在宅ワークができるようになりました

私は現在、30歳女性です。 私が正社員で働いていた会社を退職し、ニートになってから、在宅ワークを始めるまでの話をしたいと思います。 目次正社員の事務として働くも、パワハラ・セクハラに悩み退職ニートから …

パチンコにハマり専門学校中退。27歳無職からデバッグのアルバイト、最終的に正社員として登用されました

私は27歳男性、以前は無職でしたが晴れてデバッグサービスの仕事に就くことができました。 私は高校卒業後、専門学校へと進学しました。しかし、特に何をしたいということもなく、気が向くままに生活していたせい …

4年間のパラサイトシングル状態。25歳無職女ニートが倉庫業の正社員に採用されるまで

私(女)が25歳で倉庫業の正社員になれたお話をします。 この記事がご参考になれば幸いです。 目次高卒で地元の製造業に就職するも、仕事の大変さ・理不尽さを思い知る「誰にも会いたくない」状態になり、21歳 …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …