ニートの就職体験談

プライベートまで口出しされる会社に嫌気。26歳で無職から不動産営業事務に再就職出来たときのこと

投稿日:

当時25歳の女性でした。前の職場をやめた理由は、会社の人との人間関係が上手くいかなかったことが大きな原因でした。

仕事は介護の仕事で障がい者施設でした。そこの施設はデイサービスのみの施設で、休みも土日と祝日でとても充実した休みは得られていました。

でも、介護の施設はほぼ女性ばかりの会社で尚且つ、施設で働いていた人の半分が施設に通っていた利用者さんの家族でした。

そのために働きにくさを感じつつも、私自身介護の仕事は大好きだったので続けていました。でも、小さい会社ならではの欠点につまずくことになりました。

プライベートに口を出される介護の仕事に嫌気がさし、退職を決意

それは、プライベートまで口を入れられることがありました。仕事終わってからの行動に注意を受けたりして、仕事終わってから外を出歩くことすらやりにくい職場でした。

なぜプライベートまで口を出させるのかというと、町に利用者さんの家族の人がいてその人たちにどう思われるのかなどを気にするような会社でした。

でも、私自身、外に出てやってはいけないことや会社に迷惑かけるようなことはしていませんでした。なのにこういう人とは付き合ってはいけないとか、仕事終わってから遊びに出てはいけないとか言われていました。

仕事のことで注意を受けたりするのは受け入れますが、プライベートのことまで言われることに関してはどうしても納得いかないなと思うようになりました。

その事がずっと続いて、生活するのがしにくくなってきたことや施設に家族の人が働いているというやりにくさから仕事をやめる決意をしました。

無職になり毎日ダラダラ生活

実際に仕事をやめてしまってからはようやくプライベートを干渉させることから解放された喜びと、仕事に疲れてしまっていたのでゆっくり休める嬉しさがありました。

仕事をやめてからというもの、毎日だらだらとした生活を送っていました。でも、そんな生活を続けていると楽しい反面とにかく貯金はなくなるし、贅沢もしていられなくなりました。

普通の生活すら出来なくなりそうだなと思ったため、早く仕事を探さないといけないなと思い就職活動をしようと思ったのが26歳になった時でした。その時始めに仕事探しとして活用したのがハローワークでした。

ハローワークで見つけた不動産の営業事務に採用される

私は出来るだけ家から近いところで転勤のない会社が良かったので、地元就職に強いハローワークを選びました。ハローワークでは、まだ20代半ばなので間働いてない期間があっても再就職出来ると言われて早く仕事が決まるように一生懸命探しました。

そこで選んだのが介護の仕事からは離れて不動産の営業事務の仕事でした。

何も知識のないところに入り込もうと思ったのは、かつてアパートで暮らしたときに不動産屋さんの対応が良かったことや、自分自身親切にしてもらえたことがとても心に残っていたので私もお客さんのためにお手伝い出来たらいいなと思っていたこともあって不動産の営業事務の会社を受けることにしました。

そうするとすぐに内定をいただいて仕事をすることが出来ました。

仕事に対する熱意を面接でぶつけて再就職できた

無職から就活をするにあたり、仕事をしてない間のことを聞かれたりすることもあります。でも、しっかりとした理由を話せたり、仕事に対する熱意を伝えれば相手に伝わって再就職をすることが出来るのかなと思いました。

そして、アルバイトでも前職の経験を生かしてどのような会社でどんなことがしたいという気持ちがあると、よりいっそう面接で強い気持ちをぶつけることが出来るのかなと思いました。

無職だったからなかなか採用されないのではないのかなと心配になってしまうこともあるかもしれません。

でも、そのマイナスな気持ちは相手の会社に伝わってしまうので出来るだけ前向きな姿勢で就活に励むことが大切です。

仕事をしていく上でやる気がない人よりある人の方がどんどん伸びていくし、会社の人もそういうところは見分けることが出来ます。なので、マイナスな考え方を捨て去ってから面接などに挑戦することが大切なのかなと思いました。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

人のためになる仕事がしたい!27歳で無職から障害児支援の福祉施設に初めて正社員として就職できるまで

社会学部の4年制大学を卒業した女です。これから大学を卒業してからフリーターとなり、正社員として働くまでの経緯を書きたいと思います。 大学を卒業する際に就職活動はしたものの、正社員として内定をもらうこと …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

23歳でアピール出来る職歴なしだった私が経理事務の仕事に就職できた話

初めまして。 私は現在25歳の女性です。 今回は、23歳の時に経理事務のバイト(社員登用試験が受けられるという条件付き)に受かった際の話をします。 目次高校在学中、精神疾患を患ってしまい、未来に希望を …

チャンスはある!27歳で自動車ディーラーを退職しまさかの警察官に再就職!

私は現在29歳の男です。 警察官として働いています。 ここでは自動車ディーラーとして働いていた私がどのようにして警察官にまでなったのかをお話したいと思います。 目次自動車ディーラーに就職するも上司から …

新卒カードも無駄に!就活に失敗し25歳大卒無職だった私が機械工具の商社営業マンとして就職するまで

大学時代に就職活動にことごとく失敗し、企業から一社も内定をもらえないまま卒業。 そんな無職の私が商社の営業マンとして就職するまでをお話します。 目次「なんとなく」で大切な新卒カードを無駄にするハローワ …

妥協しないことが大事!25歳無職が3年のニート期間を経て就職できたわけ

私は現在39歳の男性です。 3年間の実家生活ではまるで犯罪者のような扱いを受けていました。 ハローワークで妥協して探した仕事も面接で落ち、絶望していた私が最終的に就職できたきっかけは風俗でした。 ここ …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …