ニートの就職体験談

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

投稿日:2019年9月25日 更新日:

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。

医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで

以前は新卒から2年ほど医療関係の人材派遣会社に勤めておりました。

退職理由は評価制度が不明確な点です。

社内では事務と自社サービスのコンテンツ制作を行っていました。

医療系人材の就職繁忙期ということもあり、小さいサービスながらやりがいもあって仕事に没頭していたらあっという間に年末を迎えました。

当時勤務していた会社はボーナスの他、所属していた営業のチームが予算達成率120%を超えると自動的にチーム全員に10万円の達成ボーナスが支給されるという評価システムでした。

普段の月収は手取りで20万円を切っており、一人暮らしをしていたため、そのボーナスを楽しみに仕事に励んでいました。

銀行で残高を確認してみたところ、なんと支給額の半額5万円しか振り込まれておらず、賞与もほとんどありませんでした。

同じ仕事をしていた同僚にこの結果を話したところ、満額支給されており、そこから仕事に対してのやる気が無くなりました。

人事面談でも特に悪い評価をされなかったため、好き嫌いで評価している上長と、その評価制度に疑念持ち自ら会社から出て行く決断をしました。

ちょうどその頃、年上の女性とお付き合いをしており、彼女は自分よりも仕事ができる人でした。

「少しの間なら面倒みるよ」と言って頂き、それからは彼女の家に居候することになりました。

「今日中に出ていって」ヒモニート、終わりは突然に

就職において完璧主義だった当時の私は自分の求める要件を全て満たす企業を探していました。

そんな企業に就職できたら苦労はしません。

なかなか仕事が決まらない中、貯金は底を尽き、ヒモのような状態になってしまいました。

そこからは就職活動をするお金も無くなり、次第に気力が失われていきました。

「せめて家事くらいはやって」ということで、朝は彼女を見送り、掃除や洗濯をして買い物をしてご飯を作るという主夫のような生活を数年送っていました。

そんな生活にも終わりは突然訪れます。

なんでもないある日、「今日中に出て行って」と言われてしまいました。

何もしないで家にいる私に彼女も限界だったのでしょう。

ヒモ生活が終わり、都内の実家に頭を下げ帰りました。

何もしていない私に対する風当たりは冷たく、実家に居る間は小言をずっと言われていました。

とにかく居心地が悪かったです。

これなら外に出た方がマシだなと考え、日雇いのバイトをするようになりました。

少しでもお金が入ってくると精神的にかなり変わります。今までは就活するお金も無かった訳ですから。

クチコミも見れて未経験OKの求人が存在!エンジャパンが出版社就職への後押しに

とにかく自分自身の空間が欲しかった私は実家を出るために就活を始めます。

Re就活ハタラクティブに登録しましたが、結果から言うとエンジャパンのサイト経由で就職できました。

元来私は出版社などのメディア系に憧れがあったため、今回の就活ではどうしても諦めきれないメディアにもう一度挑もうと思いました。

エンジャパンのサイトは実際に転職した人の事例が掲載されている他、その企業のクチコミページがあります。

賞与の件で嫌な思いをしているので、クチコミで掲載されている内容がどの程度守られているのか判断する材料になり役立ちました。

売り手市場の時期は職種未経験でも採用してくれる企業があります。

私の場合は、まず自分のだらしなかったところを受け入れ、前回の会社でやっていた仕事内容の棚卸しを行いました。

その中でコラムの執筆や求人広告の制作など、出版社にアピールできる経験を最大限職務経歴書に記載します。

また、クラウドソーシングやスキル販売サービスで直近書いた記事を見て頂きました。

なんとか一次面接に通過した後は、例題を渡され実際に記事作りを行うことになりました。

二次面接で顔合わせを行い、執筆した記事が認められ無事合格という流れです。

楽な気持ちで面接に行こう

ニートとなった人の就活で大事な点は、まず自分の興味ある分野にチャレンジしてみるということだと思います。

そして実際に面接まで行くことです。

私自身も自分に自信が無くて面接をキャンセルしてしまった経験がありました。

でも結局はやらなくてはならないことなので、面接で100点を取ろうと思わずにバイトの面接感覚でも良いので、まずは企業に足を運んでみてください。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次18歳で工業高校 …

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

34歳介護福祉士がメンタルの病気で退職し精神科にかかるも、再就職できた体験談

私は39歳の男性です。 今の仕事は介護福祉士と介護支援専門員をしています。 ここでは私が介護福祉士をしていてメンタルの病気になり無職になってしまい、それからメンタルが回復して介護の仕事に再就職できた体 …

全ては彼女GETのため!26歳の大卒職歴なし無職が正社員の職を手に入れるまで

わたしは26歳の男で大学院を卒業した後は自分で何かできないかとインターネットで稼げないかと色々と試してみたり、大学時代に貯めたお金で株をやったりしていました。 ぶっちゃけ全く稼ぐことはできておらず、貯 …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

転機は兄の結婚!3年間の引きこもりを経て、25歳無職で正社員の事務に就職できました

私は25歳の時に無職から正社員になろうと決意し、正社員の事務として就職することができました。 これからそのお話をしたいと思います。 目次大学時代に就活で失敗し、3年間実家で引きこもり生活をする無職とし …

スキルなしの25歳無職女が熱意をぶつけて未経験の事務職に就職できた話

これは、私が25歳で無職になり、なんと経験が全くない営業事務の正社員に就職できたお話です。 まさか自分が正社員になれるなんて…。当時の私は思ってもみませんでした。 大変だった中途採用。 しかし、しっか …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

卒業直後の5月に内定取消に!その後、22歳女ニートが都心部の有名食品企業に就職した話

大学卒業後、ニートになった私が都心部にある食品系企業のOLになるまでの話をお伝えします。 どのような経緯でその企業に就職したのかという点、ニート経験による「このへんで困った」というエピソードなども織り …