ニートの就職体験談

うつ病で退職後、26歳無職から眼鏡屋さんの正社員に再就職できるまで

投稿日:2019年1月10日 更新日:

私は現在20代の主婦で、眼鏡屋さんで販売員として働いています。

新卒でシステムエンジニアとして派遣会社に入社しました。

派遣先は、深夜でも仕事の電話がかかってきて、時間を気にせず、家でも仕事をする毎日。

通勤時間は1時間以上もかかり、毎朝満員電車に揺られて通勤していました。

睡眠時間もしっかりと確保できず、休日でも電話がくれば対応しなくてはなりませんでした。

そのため、就職して2年、24歳の頃にうつ病と診断され、退職しました。

退職してから家に引きこもる毎日

退職し、実家のある東北へ帰りました。

田舎である実家では、あの家の娘が帰ってきた、とすぐに噂になります。

言葉では優しくしてくれる家族も、自分たちの育て方が悪かったのではないかと気にしていましたし、親戚に伝えるかどうかを迷っていたりと、周囲の視線が気になるようでした。

自宅で療養するために帰ってきたのに、精神的には休まらない日々でした。

睡眠時間もしっかりとれますし、食事も規則正しい時間に食べることができましたが、それ以上に家にいる日中がとても辛いものでした。

これまで仕事に追われてきた毎日だったので、急に何もすることがなくなると、何をしていいのかまったく分からなくなります。

趣味だった楽器も手につかず、友人もみな仕事をしているので予定も合わず、家に一人で引きこもっていました。

再就職を決めたきっかけは、かわいい妹のため

妹が大学に進学することになり、一人暮らしをはじめました。

大学生活は、彼女にとってとても楽しかったようで、今日あった出来事などを嬉しそうに話してくれました。

一人暮らしをはじめると、困ることもたくさんあります。

そんな時に私を頼ってくれる妹の存在がとてもありがたかったです。

妹も私に気をつかってくれていたのでしょうが、それでも嬉しそうになんでも話してくれるのが本当に嬉しかったのです。

仕事をしているときも、誰かの役に立つならと、仕事を断らず、なんでもしていました。

そのせいでこうなってしまったのですが、それとは違う、「人の役に立つ」ことの嬉しさがありました。

このかわいい妹のために、たまにはお小遣いをあげたり、お洋服を買ってあげたりしたいですし、いつまでも両親のお世話になっているわけにもいきません。

このとき、退職し家に引きこもって2年が経とうとしていました。

その頃に再就職を決めました。

引きこもりから約3年目、眼鏡屋さんへの就職が決まる

ハローワークに通い、職を探しましたが、探した次の日は体調を崩す毎日が続きました。

ハローワークの職員さんとも相談し、なんとか面接を受けるところまでは進むことができました。

病気があっても、職員の方々は理解してくれましたし、励ましてくれました。

しかし、やっと面接までこぎつけても、前の仕事をやめた理由を深く聞かれ、正直に答えると苦い顔をされました。

この病気であることの理解は、まだまだ進んでいないことを感じました。

いくつか面接を受け、今の就職先、眼鏡屋さんへの就職が決まりました。

引きこもってから2年が経ち、3年目へうつろうとしているときでした。

その就職先では、前の仕事をやめた理由を話しても、無理をしないで働いてね、と優しく声をかけてもらえました。

無職の時に大事なことは、少しでも外に慣れること

無職であることで、自分の自信というものは無くなってくるものです。

周囲の視線も気になりますし、何かをしようとしても体が思うように動きません。

しかし、そんな自分に自信をなくさないでほしいと思います。

家族であったり、友人であったり、自分のちょっとした自慢できることであったり、それを大切にしてほしいと思います。

また、ほんの少しでも外に出てみること。

洗濯を干すのでもいいですし、窓を開けて外を眺めるだけでもいいんです。

家にいることに慣れてしまうと、外に出て少し動くだけで体も疲れてしまいます。

少しでも外に慣れてみてください。

まとめ

無職でいることは、辛いこともたくさんあります。

しかし、少しでも、ゆっくりでも、自分のペースで、自分の望む人生をかなえるために、前に進んでいってくださいね。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …

生活費だけ稼ぐ25歳職歴なしフリーターが事務職(人事労務)へ就職できたわけ

私は大学を卒業後、約2年ほど一人暮らしのフリーターをして生活をしていました。 しかし、25歳から本格的に就職活動を始め事務職(人事労務)に就職することができました。 私が25歳の職歴なしから、どのよう …

アラサー手前の29歳女がニートに!就職までの道のり

私は都内で働く30歳女性です。 会社を退職した時には29歳のアラサー手前でニートになりました。 この様な経緯には、前会社と私との目に見えない戦いがありました。 話すととても長くなってしまうので割愛しま …

大腸炎で入院&退職後ニートへ。41歳無職から正社員として就職できるまでの道

41歳男、営業職で再起を目指す話です。 私は某私立大学を卒業し、新卒社員として半導体商社に入社しました。そこで12年間営業職として全国を飛び回りながら、いろいろな顧客へ半導体を販売しておりました。 商 …

ヒモニートだった29歳無職が出版社にギリギリ就職できた話

29だった頃にギリギリ就職できた経験があったので、現在ニートの人にもまだ諦めないで就職活動して欲しいと思います。 目次医療関係の人材派遣を退職し、ヒモニートになるまで「今日中に出ていって」ヒモニート、 …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

スキルなしの25歳無職女が熱意をぶつけて未経験の事務職に就職できた話

これは、私が25歳で無職になり、なんと経験が全くない営業事務の正社員に就職できたお話です。 まさか自分が正社員になれるなんて…。当時の私は思ってもみませんでした。 大変だった中途採用。 しかし、しっか …

熱意で「未経験不可」も突破!27歳無職が部品工場の正社員に就職できた体験談

新卒で働いていた会社を26歳の時にやめてしまいました。 やめた時は「すぐに就職できる」と思っていましたが、ずるずると無職期間、派遣期間が長引いてしまいました。 働いていない期間が増えれば増えるほど、就 …

26歳で一部上場企業をやめて脱サラ。無職のアルバイトから病院介護士に再就職するまで

私は大学の商学部を出て、一部上場企業に就職しました。 アルバイト経験は豊富で、どの仕事にも対応できるスキルを身に着けているつもりでしたが、現実は違っていました。 アルバイトはあまりし過ぎると自分のため …