ニートの就職体験談

深夜に退職届け。ブラック企業の企画職を20歳で退職し販売業に再就職できた話

投稿日:2017年10月5日 更新日:

わたくし自身は高校を中退してからふらふらした人生を歩んでいました。

そこから専門学校に通い直し就職をしたのですが、その会社での壮絶な体験談からうつ病にまでなったお話しをしたいと思います。

新卒で最初の仕事はまさかの「イベント企画」

僕自身は高校一年生のときに、家庭の事情で仕事をせざるを得ない状況になってしまいました。

そこから3年半ほど飲食店でアルバイトをしていたぐらいの、俗に言う世間一般で言えば”負け組”という部類に入るかもしれません。

このままではいけないなと思い再度、専門学校に通い直した後に卒業後就職という流れでした。

実際僕が通っていた高校の同級生が、大卒で就職するタイミングで一緒に就職できたので、「これでやっと自分も周りの人に追いついたのか」と胸をなでおろしていました。

大阪にずっと住んでいたのですが、就職の関係で初めて静岡県の浜松市にて一人暮らしが決まっていました。

接客業しかこれまでやったことが無かったのですが、まさかの新卒採用の際はまったく予想もしていなかった”イベント企画“という部署に回されてしまいました。

当時会社側からスカウトという形で、条件を提示してくれて納得したからこそ見知らぬ土地での就職を決断したのですが、実際ふたを開けてみれば、良いことの方が少なかったです。

給料は提示された条件とは違い、減らされた上、さらには”みなし残業”が含まれており実質はサービス残業。

休みは週休2日と聞いていたが実際は月に2回休みがあれば良い方でした。

仕事の上司に関しては本当に理不尽なことしか言われずに、周りの先輩からは「あの人の側に3年以上いた人はいない」と言われているぐらい、高圧的で自分勝手すぎる上司でした。

ストレスでうつ病になって人生に絶望を感じていた時期

実際上記のような劣悪な環境下で仕事をしていて、毎月サービス残業で給料が手取りで15万円ほどなのに対し、勤務時間は月に大体350時間ほどという僕の知る限りではとんでもなくブラックな会社だなと思っていました。

ただ、世間的には「3年は頑張れ」そんなことをよく耳にしていたので、なかなか転職という言葉は常に頭をよぎっていましたが、見て見ぬフリをして毎日ストレスと闘っておりました。

気付けば、就職から半年たったハロウィンイベントの企画をしていたときのことでした。

イベントのときは普段から長い残業がさらに長くなり、8:00に出社してから職場を出るのは常に24:00,25:00頃という状況が続きました。

ついにハロウィンイベント企画途中でそのような日々が続き、精神的にももう限界になってしまい。

ハロウィンイベントの1週間前にはもう何も考えれなくなり、深夜帰宅した後に気付いたら退職届を書いて、職場へと足を運んでいた自分が居ました。

深夜もちろん会社には誰もいないのですが、当時働いていた会社の玄関にその退職届を置いて帰りました。

何も考えれなかった僕にはそうするしかなかったと言っても過言じゃないぐらいのうつ状態になっていたのです。

その翌日、もちろん鬼のように電話がかかってきました。

お昼を過ぎるとチャイムは鳴り響き、泣きながら時が経つのをひたすらベッドで待っていました。

ご飯が喉を通らないぐらいの生活が1週間ほど過ぎ、忙しいであろうハロウィンイベント当日。

僕は1人で大きいレンタカーを借り、1日で逃げるように引越しを済ませました。

社会復帰できたきっかけは連絡をくれた友達

とんでもない壮絶な経験をした僕だったのですが、もちろん大阪に帰った時には顔はゲッソリしていて親も泣きながら心配するぐらいまで衰弱していて、1ヶ月ほどもう何もしたくない日々が続いていました。

そんな今後どうしようか見通しも立たない中で、大阪に住んでいる友人から連絡がありました。

「最近静岡で元気にしてるのか!」と来たので、現状をありのまま話して一度会って話をすることに。

それは大変な思いをしたんだなと友人もとても気を遣ってくれて、社会復帰を拒む自分の傷を癒しながら、僕をもう一度社会へ送ってくれようと親身になってくれました。

友人の会社は僕は学歴が足らずダメだったのですが、友人が「こんな求人あったよ!」と、毎日のように連絡をくれて僕自身も1歩踏み出す勇気をもらいました。

そのおかげで、今では販売業の社員職として復帰することができています。

給料も労働時間も、世間のホワイトと呼ばれるには少し当てはまらないかもしれませんが、人にも恵まれて今では再就職出来てよかったと思います。

最後に

僕のようにうつ病になって仕事をやめた方というのは少なくないはずです。

きっと僕と同じ社会に出るのが怖い。そんな気持ちになるでしょう。

ですが、そんな時に”人”というキッカケで変われます。

1歩踏み出す勇気を誰かに貰うまで、怖いなら踏み出さなくても大丈夫です。

同じような思いをしてる方の勇気に少しでもなればうれしいなと思います。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

40歳無職から事務アルバイトに応募した半年後、正社員に登用された話

40歳で無職だった女性でも、やり方次第では正社員として就職することができます。 どんなふうに就職活動をしたのか、詳しい話を書いてみましょう。 目次病気で一時期にニート状態に正社員登用ありの事務アルバイ …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

母と祖母の介護で退職。32歳でニートになり5年後、WEBライターとして社会復帰するまでの話

私は32歳の時、コールセンターのオペレーター職を辞職しニートになりました。 辞職した原因は家族と私のある出来事がきっかけでした。 人生何が起きるかわからない、まさかまさかの連続でした。 目次親と祖母の …

就職エージェントのおかげで成功できた!26歳ニートが商社営業に正社員で就職できた体験談

私は現在、31歳の男性ですが、今回は、無職だった26歳の時に正社員として商社の営業の職についたときのことを書いていきます。 私は大学を卒業したあと、就職に成功して正社員として働いていました。 新卒でし …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

大腸炎で入院&退職後ニートへ。41歳無職から正社員として就職できるまでの道

41歳男、営業職で再起を目指す話です。 私は某私立大学を卒業し、新卒社員として半導体商社に入社しました。そこで12年間営業職として全国を飛び回りながら、いろいろな顧客へ半導体を販売しておりました。 商 …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

現在28歳の独身女性です。 2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。 絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。 しかし、就職活動 …

家と図書館に閉じこもっていた私がニートを脱出できたきっかけ

私自身がニートであった時期を経て、今こうして人と関わりながら再び仕事ができているという経験を踏まえて、何か一つでも今就活を始めようとしている方のお役に立つことがあればという思いで、ニートを脱出できたき …