ニートの就職体験談

超ブラック消費者金融の外交員を27歳で退職し、運送系営業の管理職に再就職するまで

投稿日:2017年10月15日 更新日:

私は現在39歳男性で運送業の営業職(管理職)として仕事についております。

私が現在の職につくまでの間に一度転職を経験しております。

目次

超ブラックだった消費者金融の取り立て係

専門学校を卒業して初めてついた職業が「消費者金融」の外交員でした、若かった為か給料に魅力を感じて入社しましたが、そこで待っていたのは今では考えられないようなブラック企業でした。

外交員とはつまり債権の取り立て係を指しており、日中は電話での請求をメインで行い、夕方からは顧客の家に訪問したり、職場近くで待っていたりとあまり真っ当な仕事ではなかったと思います。

そんななか成績もそこそこ出していた私は、社内でも回収率の一番悪い店舗に異動となり、そこで待ち受けていたのが後に退職を決意さえる事となる女上司です。

初めこそさほど気にしませんでしたが、次第に陰口を言われるようになり、次第にエスカレートして私の目の前で悪口を言うようになっていきました。

精神的にも肉体的にも限界となり、退職を決意し故郷に帰ることにしました。

実家に戻りだらけつつ、トラックドライバーのアルバイトに応募する

実家に戻ってからは、夜までゲームをして夕方起きて、パチンコ屋へ閉店後またゲームの繰り返し。

半年ほどそんな生活をしてましたが、貯金も底をつきアルバイトをすることに、悪い癖で高給なとこを中心に応募して結局トラックドライバーになることになります。

ドライバー生活は朝早く夜も遅い為肉体的にはかなりきついですが、精神的には1人の時間が長い為続ける事が出来ました。

トラックドライバーとなって半年が過ぎた頃に、上司に呼び出されて事務職への配置替えの打診を受けました。

正直以前の消費者金融の思い出があり、気は進みませんでしたが、他にする事もないので指示通り職に就くことにしました。

就いてみると想像してたほどの息苦しさはなく、私も物流業にどんどんのめり込んでいきました。

コンビニの立ち読みがきっかけで営業の管理職に転職!

次第にもっと大きな仕事を行いたいと考えるようになり、運行管理者や衛生管理職などの資格取得を積極的に行い少しづつ自信を取り戻していきました。

そんなある日、地元の大手の運送会社の求人をコンビニの立ち読みで見かけたのです。

早速応募してみると、面接を行なってくれることになり、後日スーツを着て面接へ。

私が持っている資格に面接官は驚き、筆記試験の結果を待たずに内定をもらう事が出来ました。

以来 本社勤務を経て何箇所かの支店営業所を回った後に、現在の営業部隊の管理職として業務を行う事が出来ました。

今までの辛い経験、寄り道があったからこその自分

今思うと、パチンコやゲームばかりしていた時間が少し惜しい気持ちもありますが、人生長いので多少の寄り道や間違いはのちの糧になると思います。

消費者金融時代に罵声を浴びせられた経験も、自らハンドルを握りドライバーをやっていた経験も、全て今の業務に生きていると思っております。

その時は辛くて逃げ出したいと思う事が多いと思いますが、私はそんな辛さから逃げてきた結果今がありますので、辛いと思ってある程度我慢したら、次の場所へ移るのも悪い事だとは思いません。

多少のお金と気持ちの余裕がなければ、仕事の内容も良いものにはなりませんし、現在も営業マンには一日中全力を出す必要はないと言っております。

適度に働き適度に休む事が出来なければ、気持ちはいつか折れてしまいます。

生活を行うための仕事ではありますが、生活があっての仕事でもあると思います。

生活が乱れれば仕事も上手くいきませんし、仕事が上手く行かなければ、生活も味気ないものになると思います。

大事なことはバランスの良いリズムと時間の配分だと私は思います。

最後に転職してから、既に数年経過しておりますが、当時の事を思い出すと今でも苦しかった思い出が蘇ってきて少し嫌な気持ちになりますが、先程も申した通りその経験が今の私を作っているのは間違いありません。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

女盛り26歳無職から大手転職サイトを活用して、バリバリの営業へ就職した話

普通の高校を卒業し、普通に短期大学を卒業し、とくに専門知識があるわけでもなく特技があるわけでもない女です・・・。 そんな私が26歳で営業職に正社員として就職できたお話をします。 目次 残業と給料の不満 …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

無職の彼氏ナシ26歳女が上京して、未経験のWEB広告代理店に就職するまで

こんにちは。 これは私が26歳の頃、新卒で入社した会社を次の働き先のあてもなく退職、その後に勢いにまかせて上京、まったく未経験の業種であるWEB広告代理店に就職することができた経験をご紹介しています。 …

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。 その1年後、正規の職員として採用されましたので、こ …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次 トヨタの期間従業員 …

高卒25歳職歴なしの男性が倉庫管理職に就職できた話

私は現在、倉庫管理職に務めている28歳男性です。 高校を卒業前、私は正社員として働くために面接を何社も受けていました。 しかし、なかなか内定をもらうこともできず、わずかにもらった内定もしたい仕事ではな …

美術系学部卒業後、22歳無職に…若者向けハローワークで逆転就職!

私が無職になったのは美術系学部卒業後22歳の年でした。 美術系の学部に通っていた私はデザイナーを目指して在職中からデザインプロダクションと大学がタッグを組んで行うプロジェクトに参加したり、海外の美術大 …

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。 その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当 …

22歳の私が1年間のニート生活を経て介護職に就いた話

私は、大学卒業後、21歳の時に家電量販店に就職しました。 しかし、当時の家電量販店はインターネットの台頭により、売り上げが急激に落ち込んでいる時期でした。 1人ひとりに課せられる、厳しい売り上げノルマ …