ニートの就職体験談

パワハラで34歳無職になり絶望!転職サイトで給与・人間関係共に良い営業職に再就職できるまで

投稿日:2019年4月27日 更新日:

私は、34歳のときに1年間無職をしていました。無職になったきっかけは、前職の営業でパワハラを受けたことです。

挙句の果てに、配置転換という名のいわば左遷のような仕打ちを受けました。

印刷業界で営業マンをしていたのですが、上司に気に入られることなくいつもパシリのようなことをさせられていましたね。

最初は嫌な命令でもきちんと聞いていましたが、ストレスを溜めすぎるのは体にも良くないと反発をしたら、そこで一斉に他の社員も私に面倒な処理を押し付けてきたり、落ち着かない日々の連発だったものです。

結局、反発をしてから、君は営業を外れてもらい、工場の現場に行ってもらおう。という上層部の判断から、これはもう嫌がらせだと痛感し、退職を決意。

無職になってから痛感した金銭感覚の歪み

無職になってからは、毎日がとても気楽でいつもファーストフード店や、喫茶店などに1人で来店して過ごす時間が増えました。トータル1年間のうちの半年ぐらいまでは、ストレスのない日々と、サラリーマンをしていたときの貯蓄、こちらが200万円近くあったので何も気にすることなくただただ散財をします。

しかし、会社員をしていたときの金銭感覚というのは無職になるとすぐ節約できる方向にシフト可能、かというとそうではありません。湯水のように流れていく財産に、一抹の不安を覚えたんですね。

会社員に戻っても、どうせまた自分は上司に気に入られずに、パワハラを受けたり何らかの要因で嫌われたりするんじゃないかなと、なかなか踏み出すことができずに時間がひたすらに過ぎていく恐怖。

このままでは貯金がなくなってしまうと焦りが頂点に達した時にはもう、預貯金はたったの20万円まで減っていました。家賃は3万5千円の安いアパートでも、光熱費などその他諸々の事情を含めると、焦りが募る一方です。

転職サイトを不安ながら初めて使い採用となるまで

私には、幼馴染が1人だけいて、久々に連絡を受けてその友人のおごりで飲みに連れて行ってもらったことがあったんですね。そこで、友人が過去に転職サイトを使って成功したという話を聞きました。

その友人の場合は、給与面では前職と変わらなかったようですが、私にとっては年収を上げることというよりも、職場環境が良いところを望んでいたので、友人の話はとても参考になったものです。

それにも、転職サイトを使う場合は自分に合った求人を、サイト側が的確にとらえて配信してくれるという有益な情報も得ることができました。

ちなみに私は、ハローワークや街中に設置しているフリーペーパー等の求人誌からしか応募したことがありませんでした。つまり、とても視野が狭かったんですね。ですので、友人のもっと幅広い視野をということと、転職サイトの活用をという話から、リクナビNEXTに登録をおこないました。

これまでの職歴や経験などをWEB上のフォームに登録しておくことで、自分に合った望む職種が配信され、そこで前職でも経験していた営業を再び志すことにしました。

求人の数はなかなかありましたね。営業職というのは、常に人手不足といってもいいぐらい、門戸は広く、面接の機会も作りやすいんです。

経験があったことから、面接は3社目で無事通過し、現在もなお働いています。

不動産業界での就職が決まったんですね。

宅建などの国家資格を持っていないにも関わらず、私を選んでくれた人事担当には今も感謝するばかり。

給与の方も、前職の印刷業界営業よりも上がり、人間関係も良好です。

まとめ

ニート状態を1年していたにも関わらず、無事再就職を果たしたにはやはり、決断する勇気を持ったことに尽きます。また、友人のアドバイスや、今までと違った探し方をしたというのもあります(転職サイト)。

ちなみに、いまの職場は私が住んでいるところから遠く、通勤場所は都心部であったために、引越しは避けられませんでしたが、心機一転ということと年収も上がったことから何も文句はありません。

いま現在自宅にこもりがちで、アクションに移せていない方は、少しづつでいいので踏み出してみることを推奨します。必要なのはほんの少しの勇気のはずです。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

地元の電気会社が倒産、25歳で無職に。1年の無職期間から就活を経て社会復帰するまでの記録

私は現在31歳で内装関係材料を扱う商社の営業マンとして働いています。そんな私ですが、25歳の時に一度無職になりました。 今回、無職になった私がどうやって正社員として働くことになったかお話したいと思いま …

深夜に退職届け。ブラック企業の企画職を20歳で退職し販売業に再就職できた話

わたくし自身は高校を中退してからふらふらした人生を歩んでいました。 そこから専門学校に通い直し就職をしたのですが、その会社での壮絶な体験談からうつ病にまでなったお話しをしたいと思います。 目次新卒で最 …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …

会社の業績不振により38歳で退職し、システムエンジニアとして再就職できるまで

私は30代後半より無職の期間を挟み、転職した経験があります。 現在はシステム開発会社の正社員としてシステム開発エンジニアの業務を行っております。 現在までその間、二社への転職をしました。 そんな私のこ …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …

20歳職歴なし対人恐怖症だった私が初めてコンビニ店員に就職した話

私は現在33歳の主婦です。 今回は、私が高校卒業してから2年間ニート生活を経験した後、コンビニ店員として働くようになった体験談をお話したいと思います。 目次不登校、イジメがキッカケで対人恐怖症に対人恐 …

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。 ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。 閉じこもっていた期間は短く、私塾など …

海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

私は25歳まで海外でバックパッカーをして世界を放浪していました。 日本に帰国してから就職について真面目に考えだし、とりあえず通い始めたパソコンスクールで、ある女性と出会いました。 就職のきっかけは彼女 …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …