ニートの就職体験談

社長のセクハラが原因で24歳で退職。33歳で建設コンサルタント会社に再就職できた話

投稿日:2017年10月5日 更新日:

私は現在45歳の女性です。

私は新卒で設計事務所に入社しました。

ところが社長との折り合いが上手く行かず、24歳で退職し、その後は派遣社員や個人委託で仕事を続けてはいました。

そんな私が、30歳を過ぎて建設コンサルタントに再就職できました。

24歳で新卒入社した設計事務所。すべては順調…のはずでした

新卒で小さな設計事務所に入社しました。

本当に小さな設計事務所で事務員さんを含めても5人でした。

設計事務所といっても、私は全くの畑違いの文系卒業だったので事務採用でしたが、建築の方にも興味があったので、空いた時間や就業後に建築の勉強をしていました。

先輩の設計士さんや社長もいい方たちで、色々と教えてくださいました。

本来、その会社の建築事務の仕事としては、見積もりを作ったり伝票類の整理、電話応対、来客応対くらいなのですが、私はそれらをこなした上で、CADの入力という仕事が与えられました。

社長や設計士さん方が書いた手書きの図面をCADに入力する仕事はとても面白く、建築の勉強にもなりました。

また、建築士になるための夜間の学校にも通えるように配慮してくださったりもして、徐々に私の知識は深まっていきました。

ところが、順調に進んでいたと思われる私の社会人生活ですが、思わぬところで躓いてしまいました。

それは、社長のセクハラが始まったからです。

初めは我慢したり耐えたりしていましたが、我慢も限界というか、社長の行動が常軌を逸してきてしまい、どうにも先輩の設計士さんたちでももう私を守りきれないというところまできてしまいました。

先輩たちと相談の結果、辞めるしかないという結論に至りました。

私は全く悪くないのにどうして私が辞めないといけないのか、腹立たしくて仕方なくなり、それから1年間ほどはうつ状態になって部屋に閉じこもっていました。

派遣会社に登録し、1~2年ごとに違う会社へと転々とする生活

こんなことをしていては埒があかないと思い始めた頃、いきなり就職活動をする勇気も元気も無かったので、とりあえず派遣会社に登録をしました。

社長とのことがあってから、対人不信の様なものが続いていたので、あまり人と接することの少ない職種を希望していました。

すると、CADオペレーターの仕事がある、というので私の持っている知識で足りるかどうか不安でしたが挑戦してみることにしました。

前職で教えてもらったことたちは、大いに役立ってくれました。

どこの職場でも契約の延長を求められましたが、人間関係が深まることに恐怖を感じていた私は当初の契約どおりの年数で辞めては、次の派遣先でまたCADのオペレーターをするということを繰り返していました。

いい派遣先がなく、無職になる期間もたびたびありました。

そんな時に、個人委託でのCADオペレーターを募集している会社を見つけました。

つまり、派遣のように時給でお給料を貰うのではなく、図面1枚あたりでお給料を貰うのです。

そこの仕事は私に向いていたようで、普通に働いていては貰えないような額のお給料を貰い、私の貯金額が一気に増えていきました。

この会社とは3年契約だったので、3年後にはまた無職にもどりました。

でもこのときは、貯金がたくさんあったので、そんなに不安ではありませんでした。

33歳でついに正社員のCADオペレーターとして再就職

30歳を超え、派遣の仕事がこの先も途切れることなく続く保障もなくなってきました。

そのことが私をすごく不安にさせました。

なので、自信はありませんでしたが、もう一度正社員として働くことを考えるようになりました。

そんな時、転職サイトでとても条件のいい募集を見つけました。

家から近くて、CADオペレーターを募集している建設コンサルタントでした。

新卒での正社員を辞めてから今まで何をしていたかと聞かれるのは凄く怖かったけれど、ありのままを話しました。

すると、途切れ途切れではありましたが、CADオペレーターとしての場数は踏んできているということを評価してくださり、見事に受かることができました。

今では、CADオペレーターとしての仕事だけでなく、技術部の一員として作業服で現場に出ることもあり、毎日覚えることばかりで大変ですが、それもとても楽しいです。

まとめ

新卒の正社員だった頃からの期間がだいぶ長くて不安でした。

正社員じゃなくても、それまで自分がやってきたことにはちゃんと意味がある。

ということを、今の会社は教えてくれました。

無職からの就職は確かに勇気がいるけれど、その間になにかについての勉強をしていたとか、今までしてきたことが就職する上で足りてるのか足りてないのか分からなくて不安になるけれど、胸を張って主張していくことが大切かな、と思います。

あとは先方が判断することで、駄目だったら少しショックを受けて落ち込んで、また次に行けばいいだけの話です。

-ニートの就職体験談
-, , , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

新卒カードも無駄に!就活に失敗し25歳大卒無職だった私が機械工具の商社営業マンとして就職するまで

大学時代に就職活動にことごとく失敗し、企業から一社も内定をもらえないまま卒業。 そんな無職の私が商社の営業マンとして就職するまでをお話します。 目次「なんとなく」で大切な新卒カードを無駄にするハローワ …

全ては彼女GETのため!26歳の大卒職歴なし無職が正社員の職を手に入れるまで

わたしは26歳の男で大学院を卒業した後は自分で何かできないかとインターネットで稼げないかと色々と試してみたり、大学時代に貯めたお金で株をやったりしていました。 ぶっちゃけ全く稼ぐことはできておらず、貯 …

うつ病で退職後、26歳無職から眼鏡屋さんの正社員に再就職できるまで

私は現在20代の主婦で、眼鏡屋さんで販売員として働いています。 新卒でシステムエンジニアとして派遣会社に入社しました。 派遣先は、深夜でも仕事の電話がかかってきて、時間を気にせず、家でも仕事をする毎日 …

新卒入社の会社を退職。32歳無職がバイトで自信をつけてどん底から再就職できた話

30歳のときに、新卒で入社した会社を退職しました。 理由は精神的に辛くなり、これ以上は働けないと思ったからです。 最初のうちは開放感に溢れていましたが、時間が経つにつれて不安に。 そろそろ何かしないと …

会社の業績不振により38歳で退職し、システムエンジニアとして再就職できるまで

私は30代後半より無職の期間を挟み、転職した経験があります。 現在はシステム開発会社の正社員としてシステム開発エンジニアの業務を行っております。 現在までその間、二社への転職をしました。 そんな私のこ …

23歳でパニック障害を発症し退職。25歳無職だった私が友達の結婚式をきっかけに就職できた奇跡!

私は高校を卒業してすぐ、地方から上京し大手の食品工場に就職しました。 23歳まで製造の仕事に携わり、ライン作業や包装業務など、あまり得意な仕事分野ではない職場に就職した事を疑問に思いながらも頑張って勤 …

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

電気技術者を自主退職後、31歳無職から機械技術者に就職できた体験談

こんにちは、私は電気技術者を退職して機械技術者になった者です。 これからなぜ電気技術者をやめてしまったのか、また機械技術者に転職できたのかをわかりやすく書いてみようと思っております。 最後まで読んでい …