ニートの就職体験談

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

投稿日:2017年10月3日 更新日:

現在28歳の独身女性です。

2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。

絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。

しかし、就職活動は難航。

「安定」という、両親や教授の勧めで全く興味のなかった金融系を視野に入れることにしました。

安定を求めて興味の無い金融業界に就職

愛嬌を振りまくことだけには自信があった私。

面接官のオジサマ達の心をキャッチできたのか地方銀行に内定をいただき、就職しました。

ただただ就職できるという安心感、親に認めてもらえるという喜び、やっと苦しい就職活動から解放される!という思いで入社しました。

しかし興味がないジャンルなので、取得必須の資格勉強にも身が入らず、余計に華々しい美容業界への思いが募るばかりでした。

少し古風で、お堅いという銀行への先入観。数字への苦手意識。

配属先の上司とのウマも合わず、次第に出社前に吐き気をもよおす鬱状態になっていきました。

1日の半分は職場で過ごし、帰宅後は疲れて布団に入るだけの日々。

『このままでは自分らしくいられない!』と何かがプツンと切れ、勢いのまま入社半年で退職を決意しました。

私の体調を心配していた両親は、退職することに対して反対はしませんでした。

無職になり解放感と虚しさを同時に味わう

無職になり、解放感から連日学生時代に戻ったかのように遊びまくる日々を送りました。

しかし、たった半年間しか働いていなかったので、すぐに貯金は尽きました。

また、同世代の友人は仕事に慣れ、同期などとの付き合いで新たなコミュニティを築いており虚しさで心がいっぱいに。

バイトをするという選択肢もあったのですが、一度は銀行に就職したのに・・・。というプライドからかできませんでした。

退職して4ヶ月ほど。何をするでもない、ただただ一日が終わるのを待つ生活。

親の目も次第に厳しくなっていきました。

今振り返ると、この間に資格を取得していれば今後の選択肢も増えたのではと後悔しています。

(その時は、意欲も何も湧きませんでしたが。)

友人との飲み会代も払うのを渋ってしまうほどの経済力。

大学時代の友人との飲み会も、主に職場の話でした。

話題についていけず、愛想笑い。「そろそろ働きなよ!」というお節介な友人たち。

退職から半年後、転職エージェントで就職活動を始める

ついに重い腰をあげた頃には、退職してからすでに半年が経っていました。

きっかけは調べていたわけでもなく、たまたま転職サイト「DODA」の広告が目に入ったことでした。

とりあえず、登録し、面談に行ってみることにしました。

すると、頼り甲斐のありそうなキャリアコンサルタントのお姉様が個室で親身に話を聞いてくださいました。

「前職で何が嫌だったか」「本当はどのようなことに興味を持っているのか」

想像していた堅い面談ではなく、会話ベースで私の本音を引き出してくださいました。

そこから、私が興味を持ちそうな求人をたくさん紹介してくださり

メリット・デメリットも全てお話してくださいました。

一度諦めた美容に携わりたいという思いから、美容系の広告営業の求人に目が留まりました。

かなり競争率が高い求人、応募資格にも当てはまっていませんでしたが、キャリアコンサルタントの方と二人三脚で、初めての職務経歴書作りをしました。

私が提出したものに対して、とても丁寧に添削してくださいましたし、模擬面接や励ましのお電話もくださいました。

とても手厚いサポートを受け、無事に内定をいただくことができました。

もし、あの時DODAに登録していなければ今もなおフラフラとしていたかもしれません。

自分で求人を探していれば、転職のノウハウもわからぬまま夢を諦めて、とりあえず受かったところに入社し、同じ道を繰り返していたかもしれません。

まず、ファーストステップとして人の力を借りること。

転職サイトに登録してみることが大切だと思います。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大学卒業後、小説を書く道を選び無職に。27歳の実家ニート状態だった私が医療機器メーカー営業職に就職できたきっかけ

私は現在29歳の男です。 27歳のときに無職から医療機器メーカーの営業職に就職することができたのでその話を書こうと思います。 目次東京の大学を卒業するも、就職せずに小説を書く道を選ぶ26歳の夏にエアコ …

パチスロとの出会い、父の死。34歳職歴なしだった私が派遣に就職できるまで

私は現在34歳の派遣作業員として、細々と日銭を稼いで生活しております。 肩書きは、ネジ塗装会社の機械オペレーターということになりますが、実際のところは半分以上ライン工みたいなものです。 正直、同年代で …

26歳で退職し海外放浪を経てホテル受付スタッフとして再就職した話

私は都内のホテルの受付係として働いている31歳の女性です。 今回は私が前職を退職し、ニート期間を経て、再就職した体験をお話しします。 目次26歳で仕事にやりがいを感じられなくなり退職し、無職に2年間の …

28歳でリストラされ無職に。50社以上の不採用を乗り越え29歳で熱処理の会社に就職!

私が29歳の時、熱処理株式会社に正社員として働きだした話をします。 それまでの経緯も合わせて話をします。 目次28歳で退職し、8ヶ月の無職生活前会社からの支援でリクルートキャリアコンサルティングで求人 …

ギャンブルで借金、彼女にも振られ人生に絶望。26歳で車中生活だった無職が派遣から始めて正社員に就職できるまでの道のり

私は40歳男性です。現在製造業でリーダーをしています。部下もいて指導する立場にあります。 私が無職になったきっかけは「人生にいいことはないんだ」と悲観し抜け殻となってしまったことです。 26歳だった私 …

アラサー手前の29歳女がニートに!就職までの道のり

私は都内で働く30歳女性です。 会社を退職した時には29歳のアラサー手前でニートになりました。 この様な経緯には、前会社と私との目に見えない戦いがありました。 話すととても長くなってしまうので割愛しま …

生活費だけ稼ぐ25歳職歴なしフリーターが事務職(人事労務)へ就職できたわけ

私は大学を卒業後、約2年ほど一人暮らしのフリーターをして生活をしていました。 しかし、25歳から本格的に就職活動を始め事務職(人事労務)に就職することができました。 私が25歳の職歴なしから、どのよう …

ITの激務に耐えれず無職に。職業訓練校に通い29歳未経験から機械設計職に就職できた話

無職で職歴や資格がない状態から、新しい仕事に就くのはなかなか難しいことです。 そんな29歳だった私が未経験から機械設計職に就職した経験をお話しします。 目次大学を卒業後、就職した会社の激務に耐えられず …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

40歳無職から事務アルバイトに応募した半年後、正社員に登用された話

40歳で無職だった女性でも、やり方次第では正社員として就職することができます。 どんなふうに就職活動をしたのか、詳しい話を書いてみましょう。 目次病気で一時期にニート状態に正社員登用ありの事務アルバイ …