ニートの就職体験談

24歳で自由を求め退職。バリバリの美容系広告営業ウーマンへ再就職するまで

投稿日:2017年10月3日 更新日:

現在28歳の独身女性です。

2012年「就職超氷河期」と言われる大学時代。

絶対に美容業界に入りたい!という強い思いがあり、手当たり次第にコスメメーカーなどにエントリーしていました。

しかし、就職活動は難航。

「安定」という、両親や教授の勧めで全く興味のなかった金融系を視野に入れることにしました。

安定を求めて興味の無い金融業界に就職

愛嬌を振りまくことだけには自信があった私。

面接官のオジサマ達の心をキャッチできたのか地方銀行に内定をいただき、就職しました。

ただただ就職できるという安心感、親に認めてもらえるという喜び、やっと苦しい就職活動から解放される!という思いで入社しました。

しかし興味がないジャンルなので、取得必須の資格勉強にも身が入らず、余計に華々しい美容業界への思いが募るばかりでした。

少し古風で、お堅いという銀行への先入観。数字への苦手意識。

配属先の上司とのウマも合わず、次第に出社前に吐き気をもよおす鬱状態になっていきました。

1日の半分は職場で過ごし、帰宅後は疲れて布団に入るだけの日々。

『このままでは自分らしくいられない!』と何かがプツンと切れ、勢いのまま入社半年で退職を決意しました。

私の体調を心配していた両親は、退職することに対して反対はしませんでした。

無職になり解放感と虚しさを同時に味わう

無職になり、解放感から連日学生時代に戻ったかのように遊びまくる日々を送りました。

しかし、たった半年間しか働いていなかったので、すぐに貯金は尽きました。

また、同世代の友人は仕事に慣れ、同期などとの付き合いで新たなコミュニティを築いており虚しさで心がいっぱいに。

バイトをするという選択肢もあったのですが、一度は銀行に就職したのに・・・。というプライドからかできませんでした。

退職して4ヶ月ほど。何をするでもない、ただただ一日が終わるのを待つ生活。

親の目も次第に厳しくなっていきました。

今振り返ると、この間に資格を取得していれば今後の選択肢も増えたのではと後悔しています。

(その時は、意欲も何も湧きませんでしたが。)

友人との飲み会代も払うのを渋ってしまうほどの経済力。

大学時代の友人との飲み会も、主に職場の話でした。

話題についていけず、愛想笑い。「そろそろ働きなよ!」というお節介な友人たち。

退職から半年後、転職エージェントで就職活動を始める

ついに重い腰をあげた頃には、退職してからすでに半年が経っていました。

きっかけは調べていたわけでもなく、たまたま転職サイト「DODA」の広告が目に入ったことでした。

とりあえず、登録し、面談に行ってみることにしました。

すると、頼り甲斐のありそうなキャリアコンサルタントのお姉様が個室で親身に話を聞いてくださいました。

「前職で何が嫌だったか」「本当はどのようなことに興味を持っているのか」

想像していた堅い面談ではなく、会話ベースで私の本音を引き出してくださいました。

そこから、私が興味を持ちそうな求人をたくさん紹介してくださり

メリット・デメリットも全てお話してくださいました。

一度諦めた美容に携わりたいという思いから、美容系の広告営業の求人に目が留まりました。

かなり競争率が高い求人、応募資格にも当てはまっていませんでしたが、キャリアコンサルタントの方と二人三脚で、初めての職務経歴書作りをしました。

私が提出したものに対して、とても丁寧に添削してくださいましたし、模擬面接や励ましのお電話もくださいました。

とても手厚いサポートを受け、無事に内定をいただくことができました。

もし、あの時DODAに登録していなければ今もなおフラフラとしていたかもしれません。

自分で求人を探していれば、転職のノウハウもわからぬまま夢を諦めて、とりあえず受かったところに入社し、同じ道を繰り返していたかもしれません。

まず、ファーストステップとして人の力を借りること。

転職サイトに登録してみることが大切だと思います。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

社長のセクハラが原因で24歳で退職。33歳で建設コンサルタント会社に再就職できた話

私は現在45歳の女性です。 私は新卒で設計事務所に入社しました。 ところが社長との折り合いが上手く行かず、24歳で退職し、その後は派遣社員や個人委託で仕事を続けてはいました。 そんな私が、30歳を過ぎ …

会社が倒産し30歳で無職に。友人の一言がきっかけで障害者の社会福祉施設に就職

私は現在33歳の男性ですが、30歳の時に会社が倒産し、その後未経験の福祉業界に就職できました。 きっかけとなったのは友人が福祉業界に携わっていて私に薦めてくれたことでした。 目次8年勤めた会社が倒産し …

5年間の無職&介護生活を経て、29歳無職からまったく未経験の技術職で社会復帰

現在わたしは30代後半女性です。無職から正社員になった当時29歳でした。 いくつか履歴書を送った結果、まったくの未経験の技術職の正社員になることが出来ました。 今回は、無職の状態から抜け出した体験を書 …

26歳でニートになった私がハローワークを活用して販売業の正社員として就職した話

 私は現在30歳ですが、26歳の時に前職を辞めてしまい、無職になってしまいました。 その後自宅でゴロゴロしていたのですが、このままではまずいと思い、職を探しました。それまでの経緯を書いていこうと思いま …

大病を患い大学中退後、26歳職歴なし無資格の私が介護職員として就職できるまで

私は大学生活6年目で大病を患ってしまい、そこから退学という選択をしました。 当時26歳の男性です。 最終的には介護施設に入社することが出来ました。 ここでは、入社が決まるまでに何度も面接を落とされてし …

お祈りメールで疲弊していた25歳職歴なし無職が職業訓練校に通いITベンチャー企業に就職することになったきっかけ

僕が25歳でIT企業の正社員に就職した話をします。 そもそも何故無職になったのか。 それは大学時代の就職活動の失敗がありました。大学時代はアルバイトに明け暮れて勉強等は一切しない日々で、気が付けば大学 …

リーマン不況の中、37歳で業界トップ大手を退職後、総務職に再就職できた話

40代後半になる男です。 約10年ほど前に新卒で入った会社を自主退職し、約半年の就職活動を経て現在の会社に入社して今に至っております。 当時は折りしもリーマンショック後の混乱の真っ只中。 募集案件は非 …

危機感で福祉系の仕事を退職。37歳で管理栄養士として再就職できるまで

現在37歳女性、会社の社員食堂で管理栄養士として勤務しています。 目次危機感に苛まれ36歳で福祉法人を退職ノープラン、されど、やりたいことはあるぼちぼち就職活動…諦めかけたその時、ハローワークで1件の …

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

母と祖母の介護で退職。32歳でニートになり5年後、WEBライターとして社会復帰するまでの話

私は32歳の時、コールセンターのオペレーター職を辞職しニートになりました。 辞職した原因は家族と私のある出来事がきっかけでした。 人生何が起きるかわからない、まさかまさかの連続でした。 目次親と祖母の …