ニートの就職体験談

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

投稿日:2017年9月21日 更新日:

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。

底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。

これから就職を目指している、僕と同じ境遇だった人へアドバイスができればと思います。

20代半ばから夢を追い続けて劇団の養成所に入り、33歳まで無職

大学を卒業してから社会人をして過ごしていた僕は、24歳の時に急に役者になりたいと思い立ち、すぐに会社を辞め劇団の養成所に入りました。

それからというもの、僕は社員時代に貯めていた貯金のみで生活をし、明日のスターを夢見て演劇勉強に励んでいました。

そして2年後、養成所の卒業を控えた僕は他の事務所はおろか、レッスンを受けていた劇団の預かりにさえなれず、社会に投げ出されてしまいました。

思ってもみなかった結果に僕は愕然としました。

あんなに一生懸命頑張ったのに何故?

どうしてもあきらめきれなかった僕は、何度も再チャレンジをしようと心に誓いました。

しかし一度空いてしまった穴はそう簡単には埋められず、結局毎日自堕落な生活を送るようになっていったのです。

仲間だと思っていた友人が、突然会社員に。

養成所を後にして無職になってから早いもので7年が経過していました。

僕はいつもと変わらず、何かやらなきゃと思いながらも、先送りを続ける毎日を送っていました。

しかしある日、僕の元に衝撃の連絡がきます。

僕の養成所の同期生で、僕と同じく役者を夢見ていた友人が、なんと夢をあきらめて就職したというのです。

彼は劇団の預かりにもなっていたし、僕よりも役者への志が強かった人でした。

それなのに、彼にいったい何があったのか。

どうやら彼は、30歳を過ぎたあたりから、夢を追うことよりも現実的な生活を送ることを考えるようになったと言っていました。

そしてさらに衝撃だったのは、「就職をした今は本当に幸せだ」と嬉しそうに言っていたことでした。

仲間だと思っていた友人の衝撃の告白に、僕は焦りを覚えるようになりました。

今さら正社員なんてと高望みせずに就職サイトへ登録

無職の期間が長くなればなるほど正社員としての就職が厳しくなる、というのはネットからの情報で知っていました。

さらに30代半ばに差し掛かると、応募できる求人そのものの数が一気に減ってしまいます。

そのため就職をしようと決めたときに、僕は最初から正社員を諦め、まずば派遣社員や契約社員からと考えていました。

就職サイトへもそのつもりで登録をして、就職エージェントの方にも、「まずは何でもいいので働かせてください!」と伝えました。

さっそく転職エージェントからとある求人を提案される

就職サイトに登録してから数日後、僕の携帯に先日面談をした転職エージェントから電話がかかってきました。

どうやら僕に提案したい求人が見つかったとのことでした。

意外と早く電話が来たことに喜びを感じた一方で、30代ニートの僕に提案してくるような求人です。

就職できるならどこでもよいと伝えた手前、エージェントから提案された仕事はどれほど底辺な企業の求人なのだろうと、ドキドキしながら話を聞いていました。

しかし、それはすぐに裏切られました。良い意味で。

エージェントが提案してきたのはなんと正社員の求人でした!

市街地より離れた郊外の事業所では、条件の良くない求人だと募集をかけても応募が来ないため、正社員での募集があるのだとか。

勤務地のこだわりなどない僕はすぐにその求人に応募することにしました。

募集が決まってから、僕はエージェントの方と入念に打ち合わせをしました。

履歴書の書き方や職務経歴の乏しい人の面接時の受け答えの仕方など、丁寧にアドバイスをくれました。

それから僕が正社員になるまでは、あっという間でした。

ただただ働ければいい、そう思っていた僕が正社員として生まれ変わったのも、エージェントの方のおかげです。

まとめ

30代半ばからの就職は当然困難な道のりです。

20代の若者のようにすんなりとはいきません。

しかし、そこで一人で弱気になっていては何も始まりません。

一人でやってうまくいかなかったら、誰かに相談するべきです。

そうすれば、自分では思いつかなかった答えが出てきます。

それに最適なのが、就職エージェントの存在です。

就職サイトへ登録をすれば、そのサイトを運営している会社に必ずエージェントの方はいます。

今までの自分の経歴を話すのは恥ずかしいかもしれませんが、そこは一度殻を破って相談をしてください。

エージェントの方は、いい加減なことはせず、親身になって相談をしてくれます。

就職エージェントを利用して、今まで足踏みしていた時間を、是非取り戻してください。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大病を患い大学中退後、26歳職歴なし無資格の私が介護職員として就職できるまで

私は大学生活6年目で大病を患ってしまい、そこから退学という選択をしました。 当時26歳の男性です。 最終的には介護施設に入社することが出来ました。 ここでは、入社が決まるまでに何度も面接を落とされてし …

協調性と真面目さが大事!25歳無職からIT企業の正社員に就職することができるまで

私は現在30代前半の男性です。 ここでは、25歳当時無職だった私がIT技術者として就職できた経緯をお話ししたいと思います。 過去私がなぜ無職になってしまったのか、そして私がどのようにして正社員として就 …

会社が倒産し30歳で無職に。友人の一言がきっかけで障害者の社会福祉施設に就職

私は現在33歳の男性ですが、30歳の時に会社が倒産し、その後未経験の福祉業界に就職できました。 きっかけとなったのは友人が福祉業界に携わっていて私に薦めてくれたことでした。 目次8年勤めた会社が倒産し …

アルバイト全員辞める。飲食店を26歳で退職し28歳で上場企業子会社に再就職成功!現在は個人事業主として生きる

私は大学生の時に一人暮らしをしており、生活のために居酒屋でアルバイトを始めました。 初めてのアルバイトだったこともあり、居酒屋で働くことが非常に楽しく、仲間もたくさんできました。 当時の店長はほぼ毎日 …

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

経歴 18~23 フリーター 復職から5年前のできごと 23~25歳までの無職 26歳から正社員 目次フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職 …

美容商品営業を退職し30歳無職からシステムエンジニアとして就職できました

わたしは37歳、関西在住の男性です。 現在はシステムエンジニアとして働いています。 30歳で正社員となれましたが、それまでの経緯を記載させて頂きます。 目次大学を卒業後、美容商品を扱う営業に就職体調を …

27歳で1年の引きこもり期間を経て整備士として再就職に成功した体験談

お金を稼ぐ事は、とても大変な事ですよね。職場によっては精神や肉体面にも多大な負担が掛かります。 辛い日々に耐え切れずに退職をしてしまったら、転職をするのが怖くなってしまう事となるでしょう。 次の仕事を …