ニートの就職体験談

無職期間のPCスキルで採用!26歳無職が就活して2社目でSEとして就職できました

投稿日:

私は現在30歳のSEです。26歳までは無職で特になにもしない生活を送っていました。

私が無職になった理由は大学での挫折です。高校までは比較的優等生として生きてきた私は大学までは順調に進みました。

しかし、大学では学習のレベルについていくことができず、学年でも最下位レベルの成績となってしまいました。また、大学から1人暮らしを始めた影響か、自分の好き勝手な生活を選ぶようになり、次第に勉強も疎かになっていきました。結果として大学を卒業することもできず、無職としての生活が始まることになりました。

大学を卒業できず無職に。外に出るのが怖くなる

無職になってからは毎日同じような生活が続きました。

外に出て仕事をすることはほとんどなく、クラウドソーシングを利用した仕事がメインになりました。そのため、人との接触はほとんどなくなり、次第に外に出ることも怖くなってしまいました。年に2回は実家に帰っていたのですが、両親とも気まずい関係になってしまい、どことなく暗い気持ちになってしまっていました。

両親には新しい職場などを紹介されるのですが、自分に合った仕事でないと断り、結果として無職の生活は3年ほど続きました。

それではなぜ就職することができたのか。それは、自分の好きなことを仕事にしようと決意したことにあります。

自然と身についたPCスキルを活用して2社目で採用!

自宅でPCばかり操作していた私は、自然とPCのスキルが身に付き、プログラミングの知識も独学ながらある程度まで獲得していました。

ある日、経済的に困窮し始めた私は、いい加減まともな職に就こうと正社員として登用してくれる会社を探すことにしました。人と話すのが得意でなかった私は、まずパソコン関係の職から探し、最終的にSEの仕事をしようと決意します。

テレビなどで何社も面接に落ちた話を聞いていた私は、年齢のこともあり、そう簡単に職場が見つかるとは思いませんでした。しかし、ふたを開けてみるとそんなことはありませんでした。IT関係の企業は求人が非常に多く、多少のスキルを持っていれば就ける会社の幅はぐんと広がります。私は最初の企業こそ面接に落ちたものの、2つ目の企業で無事採用されることになりました。

無職からの就活は失敗を恐れないことが大切

無職からの就活で大切なことは、まず恐れずに立ち向かうということです。

私は無職になってから、失敗を恐れて行動することに躊躇していました。しかし、躊躇していては何も進めることができません。実際私はそのために2年もの間、無職として過ごしてしまいました。

私も実際、最初の企業からの面接で不採用となりました。その時はとても落ち込みましたし、もうやめたいとも思いました。

しかし、不採用となった企業と再び関係を持つ可能性はどのくらいあるでしょうか。失敗したとしてそれを笑う人もいませんし、それを知る人と会うこともないでしょう。つまり、何回失敗してもそれを恥じることは何もないということになります。

そう考えると次も頑張ってやろうと思うようになりました。その結果、次の企業では採用を勝ち取ることができました。

現在私はSEとしてそれなりの生活を送っています。もちろん精神的、肉体的に苦痛になることもありますが、それでも無職のころと比べると、生活は安定していますし、何より社会の役に立っていると思うだけで頑張れる気がします。

新卒の正社員と比較すると年齢の差もありますので、人一倍頑張らなければなりません。しかし、私は大学生と無職を合わせると約8年間、努力をすることなく生きてきた経緯があります。

その分頑張らなければならないのは当然ですし、今は頑張ることがとても楽しくなってきています。人より遅咲きの社会人にはなりましたが、何歳になっても遅すぎることはありません。まずは1歩前へ踏み出してみると良いと思います。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

熱意で「未経験不可」も突破!27歳無職が部品工場の正社員に就職できた体験談

新卒で働いていた会社を26歳の時にやめてしまいました。 やめた時は「すぐに就職できる」と思っていましたが、ずるずると無職期間、派遣期間が長引いてしまいました。 働いていない期間が増えれば増えるほど、就 …

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

異動辞令で上場企業を退職。35歳無職から着物仲介販売業に就職できたエピソード

37歳女性です。 ずっと人と関わる仕事に就いてきました。 接客業や営業など体を動かしたり、人と話すことが好きです。 21歳の時に入社した会社を34歳で退職し、35歳で新たな業種に転職しました。 全く違 …

海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

私は25歳まで海外でバックパッカーをして世界を放浪していました。 日本に帰国してから就職について真面目に考えだし、とりあえず通い始めたパソコンスクールで、ある女性と出会いました。 就職のきっかけは彼女 …

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。 家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様にな …

就活失敗と自殺未遂…29歳職歴なしニートが新聞配達バイトに採用されるまで

順調だった大学生活。しかし就活の失敗や彼女との別れがあり、29歳までの8年間引きこもり、一度は自殺未遂までした筆者が、29歳職歴なしニートから新聞配達のバイトから始め正社員までになることができた道のりを語ります。似たような境遇の方に届けば嬉しいです。

大学時代から鬱に。25歳男性無職が正社員として介護職員に就職するまで

私は39歳の男性です。 25歳の時に無職から就職活動をして介護職員になった体験談を書いていきます。 目次無職になるまでの経緯。無職になってからの心境や生活状況。就職しようとしたきっかけは?就職活動の際 …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

32歳で大手運送会社を途中退職。無職を経て施工管理会社に再就職した話

私は現在34歳の男性で、建設などの施工管理をする職種に就いています。 以前は大手運送会社の正社員として働いていましたが、30歳の頃、時代の流れにより会社方針も変化していく中、自分の考える方向性との違い …