ニートの就職体験談

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

投稿日:2017年7月30日 更新日:

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。

そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。

もし同じ境遇でお困りの方がおられましたら、参考にしていただければと思っております。

「君は向いてない」新卒で入社した会社を辞め、いきなり24歳無職へ転落

 大学4年での就活中、たまたま見つけた団体職員の事務職に応募し内定をいただいたので、卒業後すぐに就職出来ました。

当時は安泰なところに就職出来て良かったと思い、これで自分の人生は順風満帆と有頂天になっていました。

ところが、いざ就職してみると自分が出来るような仕事内容ではなく、いきなり難しい内容の業務をいくつもこなさないといけない状況に陥りました。

何とか頑張って食らいついていこうとしましたが、なかなか追い付かず、ミスも連発してしまい、とうとう「君はこの職種は向いていない。まだ若いから自分の合った職業を見つけなさい。」と上から言われ、1年ほどで辞めてしまいました

今考えると自分の棚卸もしないで何となく応募したことが失敗の原因だったと思います。

ハローワークで見つけた職業体験プログラムに応募してみる

 最初の一週間は仕事から解放された事もあって長い休みを満喫していましたが、1か月も経つと自分が無職でブラブラしている事が情けなくなってきました。

ハローワークに出向き求人探索機を叩くだけの毎日。

後は何もすることなく日が過ぎていくだけという状況が続いたある日、ハローワークの掲示板で「若者向け職業体験プログラム」という張り紙を見つけました。

興味が湧いたので窓口で詳細を聞くと、就業するかどうかは関係なく2週間ほど職業体験をするという内容でした。

特に何をしていいか分からない25歳以下の若者対象で支度金も出るという事だったので、当時24歳の私は藁をもすがる思いでこのプログラムに参加しました。

職業体験を通して製造会社での就職が決まる!

いよいよ職業体験当日。

私が派遣されたのは製造会社でした。

事務職とは真逆の現場作業工の仕事

大学在学中は全く眼中になかった職種だったので戸惑いはありましたが、いざやってみると体を動かす楽しさや物を作る楽しさを実感する事が出来ました。

自分の作業が進むにつれ、各パーツが組み合わさり一つの製品になっていく。

前職では味わう事が出来なかった達成感を味わい、表情もいきいきしていきました。

更に私を含め3人が派遣されたので、共に力を合わせ仕事していく楽しさを学ばせてもらいました。

そんなある日、所属長からいきなり呼ばれました。

何か間違いをしたのかと不安になりながら話を聞くと「君の自宅近くにうちの関連企業があることが分かった。もし良かったら紹介をしたいのだが、話だけでも聞いてみないか。」と就職先を斡旋したいという思いがけない話だったので、喜んで受けることにしました。

面接当日、私の仕事ぶりが先方にも伝わっており、その場で内定をもらいました。

実は幼いころから知っている企業で、小学校の時工場見学に行った事もありましたが、全く自分の選択肢にない所だったので就職を考えていませんでした。

かなり遠回りしましたが、思いがけない出会いに感謝し喜んで就職する事にしました。

 今考えると、大学時代にもっとたくさんのアルバイトを経験し、自分の向き不向きをしっかり分析すべきだったと思います。

そのため、最初の就職は失敗したと思います。

そして、どんな些細な情報でもいいので就職に向けた情報をしっかり仕入れ実行すれば、道は必ず開けることも分かりました。

今はインターネットの時代なので、検索すればいくらでも情報は出てきますし、ハローワークでも積極的に再就職支援に向けた活動をおこなっていますので、まずは動いてみることから始めてもいいかもしれません。

特に、今何をしたらいいか分からない場合は、とりあえず外に出てみるといいと思います。

情報は思わぬところに転がっているのは確かです。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

26歳無職が釣りにハマり、釣り専門具店に就職できた話

僕は20歳で大学生のとき、学校に行きつつ実家の居酒屋で働いていました。 居酒屋を継ぐことは決めていましたが、学びたかったIT系の大学に進ませてくれた親には今でも感謝しています。 目次東日本大震災の影響 …

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

運動は普通だった私が化粧品会社を25歳で退職しスポーツトレーナーに再就職できた話

現在27歳でスポーツインストラクターをしています。 大学時代から運動が好きでしたが、そのまま仕事に生かせるほどの成績を残したわけではなく趣味程度で体を動かすことを目標にしている程度のどこにでもいる女子 …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

おばさんの一言で火がついた!21歳無職だった私がバイトから始めて医療事務の正社員に就職することができた話

当時の私は18歳・女性。 高校を卒業して印刷会社の一般事務として就職したものの、一年もしないうちに会社を辞めてしまいました。 思っていた会社と違って、実際に働いたら魅力のない会社だったことに気づいてし …

きっかけは友達についてしまった嘘。23歳大卒で職歴なしの私が工場の溶接作業員に就職出来た話

私は現在24歳の男性で、就職したのは23歳の時です。 ついた職種は工場系で、主に看板などを作っている工場に就職することができました。 私はその中でも溶接の作業員に抜擢されました。 溶接とは、部品と部品 …

超ブラック消費者金融の外交員を27歳で退職し、運送系営業の管理職に再就職するまで

私は現在39歳男性で運送業の営業職(管理職)として仕事についております。 私が現在の職につくまでの間に一度転職を経験しております。 目次超ブラックだった消費者金融の取り立て係実家に戻りだらけつつ、トラ …

6年の引きこもりニート生活から脱出!25歳の無職ニートが配達アルバイトから正社員として採用されるまで

私は今現在31歳で独身一人暮らしをしています。 両親がいて3人姉弟の真ん中です。中学までは特に問題なく育ったと思います。 高校に入ったぐらいから家族とコミュニケーションをとる事を嫌がっていましたが、特 …