ニートの就職体験談

新卒カードも無駄に!就活に失敗し25歳大卒無職だった私が機械工具の商社営業マンとして就職するまで

投稿日:2019年9月14日 更新日:

大学時代に就職活動にことごとく失敗し、企業から一社も内定をもらえないまま卒業。

そんな無職の私が商社の営業マンとして就職するまでをお話します。

「なんとなく」で大切な新卒カードを無駄にする

「なぜ就活をしなかったのか?」

大学時代の自分に何度そう問いただしたでしょうか。学生だった私は、ただ何となく就職活動が億劫という曖昧な理由で、だらだらとした日々を送っていました。

周りの皆が次々と内定を手にしていく中、私だけが何も得られないまま、大事な「新卒」という必殺カードを失ってしまったのです。大学を卒業してから、私は新卒カードがいかに貴重だったかを思い知ることになります。

ハローワークは営業職ばかり?焦りのある日々

東京で暮らしていた私は、とりあえず地元の実家へ帰ることになりました。

私は無気力感に苛まれる中、両親からの就職へのプレッシャーにさらされることになります。とにかく家にいることが苦痛でした。

実家には生活費を入れるように言われていたため、ハローワークに通って求人を見るようになりましたが、文系で男が応募できる仕事は営業職が多く、営業にあまり良いイメージを持っていなかった私は、「自分に合う仕事はない」と感じていました。

引け目を感じる毎日。25歳の誕生日に覚悟を決め、アルバイトに応募する

ただ時間だけが流れていきました。実家にいると両親の目が気になるため、自分の部屋で過ごすことが多くなりました。食事のときはリビングで家族と過ごしますが、なんとなく気まずい雰囲気に包まれます。

私自身も「就職」というワードにますます敏感になっていきました。たとえばテレビで就職サービスなどのCMが流れると、一気に気持ちが転落してしまいます。

また、友人と遊ぶときも引け目を感じてしまいます。友人たちは普段仕事をしていて、たまの休みで私と遊んでいるわけですが、私は1年中休みの中で彼らと遊んでいるわけです。

どうしても昔のように純粋に楽しむことができなくなりました。何をしていても「就職」の二文字が邪魔をしてきます。

「こんなことをして遊んでいる場合じゃないだろう」「昼過ぎまで寝ている暇があったら、就職活動をするべきだろう」

そんな言葉が自分自身を責め立てるのです。このままではいけない。そう思いつつも、どこかあきらめの気持ちが前に進むことを妨害していました。

インターネットのまとめ記事などを見ると「25歳を超えたら転職が難しくなる」そんな何の根拠もない言葉が真実のように思え、やる気が削がれてしまいます。

結局、私は大学時代と同じようにだらだらと25歳の誕生日を迎えてしまいました。

このままじゃだめだ!とりあえずアルバイトから始めよう、私は覚悟を決め、近所のボウリング場でアルバイトを始めました。

周りは高校生、大学生ばかりで少々気持ちが落ち込みましたが、家から離れることで自由な感覚を味わいました。そして半年近く働いた頃、社内の接客コンテストがあり、なんと私が候補に選ばれました

接客という能力が自分にあることを初めて知ったのです。

接客能力を活かして、機械工具の商社へ就職が叶う!

この接客能力を活かせないか。私はそう考えるようになり、再びハローワークに通うようになりました。

以前は拒絶していた営業職の仕事が、今では魅力的に感じます。まさに営業職こそ私の接客能力を存分に発揮できる仕事だと思いました。

自分に自信が持てた私は次々と面接を受け、ついにある機械工具の商社から内定をいただくことができました。

まとめ

今、無職の人は「どうにかしよう」という焦りの気持ちを持っていることでしょう。私も同じ経験をしたので、よくわかります。

とにかく大事なことは、何かアクションを取ることです。

それはアルバイトとして働くことでも良いでしょうし、少し求人を眺めるだけでも良いでしょう。

そういった小さなことから、現状を打破できる突破口を見つけることができるのだと思います。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

海外放浪から一転!高卒25歳職歴なしが公務員になることができた理由

私は25歳まで海外でバックパッカーをして世界を放浪していました。 日本に帰国してから就職について真面目に考えだし、とりあえず通い始めたパソコンスクールで、ある女性と出会いました。 就職のきっかけは彼女 …

一生下っ端で終わるのは嫌だった。31歳、世の中の冷たさを感じたニート生活からの逆転就職

私は年齢31歳の男性で、無職から就いた職種は小売業です。 私のニート生活から就職できるまでのお話を通して、自分が思っている以上に世の中の厳しさを感じたことをお伝えいたします。 目次トヨタの期間従業員で …

就活失敗と自殺未遂…29歳職歴なしニートが新聞配達バイトに採用されるまで

順調だった大学生活。しかし就活の失敗や彼女との別れがあり、29歳までの8年間引きこもり、一度は自殺未遂までした筆者が、29歳職歴なしニートから新聞配達のバイトから始め正社員までになることができた道のりを語ります。似たような境遇の方に届けば嬉しいです。

パワハラ、セクハラのため29歳でニートへ。なんとか脱出して、在宅ワークができるようになりました

私は現在、30歳女性です。 私が正社員で働いていた会社を退職し、ニートになってから、在宅ワークを始めるまでの話をしたいと思います。 目次正社員の事務として働くも、パワハラ・セクハラに悩み退職ニートから …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

プライベートまで口出しされる会社に嫌気。26歳で無職から不動産営業事務に再就職出来たときのこと

当時25歳の女性でした。前の職場をやめた理由は、会社の人との人間関係が上手くいかなかったことが大きな原因でした。 仕事は介護の仕事で障がい者施設でした。そこの施設はデイサービスのみの施設で、休みも土日 …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。 家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様にな …

高卒25歳職歴なしの男性が倉庫管理職に就職できた話

私は現在、倉庫管理職に務めている28歳男性です。 高校を卒業前、私は正社員として働くために面接を何社も受けていました。 しかし、なかなか内定をもらうこともできず、わずかにもらった内定もしたい仕事ではな …