ニートの就職体験談

会社の業績不振により38歳で退職し、システムエンジニアとして再就職できるまで

投稿日:2017年10月3日 更新日:

私は30代後半より無職の期間を挟み、転職した経験があります。

現在はシステム開発会社の正社員としてシステム開発エンジニアの業務を行っております。

現在までその間、二社への転職をしました。

そんな私のここ10年のお話をしたいと思います。

自己紹介

まずは私の自己紹介を簡単にお話しします。

私は現在45歳になる男性です。

職種はシステムエンジニアです。

家族は妻と子供二人の四人家族です。

家のローンもまだまだありますし、子供も大きくなる毎にお金もかかります。

うちの稼ぎ手は私のみで、妻は専業主婦です。

まだまだこれから何十年も、一家の大黒柱として頑張らなくてはなりません。

先にも述べましたが、私は現在、システム開発会社の正社員として働いています。

今の会社に入って6年が経とうとしております。

最近はいろいろと仕事や環境にも慣れ、やっと落ち着いた感があります。

会社の上昇から衰退までを経験した15年間

私の30代後半からは、今から振り返ると苦しい時期だったと思います。

とにかく思い通りにならず、なにもかもが裏目に出た感じがあります。

私は2011年の3月に、約15年勤めた会社を退職しました。

退職理由は会社の業績不振による会社都合です。

この会社を立ち上げた社長は、私の前職の仕事関係で知り合った方です。

私は20代前半の時 、社長に誘われ入社しました。

最近はたった5人で始めた会社が一時は、社員、契約社員、アルバイト含め100人を超すまでに拡大しました。

一時期、時代の流れにたまたま乗ったこともあり、売り上げは右肩上がりに伸びていき、自社ビルを都内に建設するまでになりました。

私はこの会社で私より若い社員たちをまとめる管理職として部を統括していました。

平均年齢も28歳という若い会社でした。

ここでは、私は社内SEとしての役割も担っていました。

その前の会社で、私はエンジニアとして勤務していた為、SEとしてのキャリアもあったからです。

しかし、良い時というのは長くは続きませんでした。

会社の業績が下がりだした2008年のサブプライム問題の頃をピークに、会社は衰退化していきました。

天国から地獄ではないですが、私はここで会社とは生き物なんだなと実感しました。

いい時があれば、悪い時もある。

会社の上昇から衰退までを経験しました。

そして結果的にその3年後、私は会社から離れることになります。

退職が決まったのは辞める時から一年も前に決まっていましたが、管理職の立場上、部下たちには内密にしていました。

私が会社を離れる前、約2年は会社の状況も悪化していき、やればやるほど赤字にになっていきました。

毎月の経営会議に出るとマイナスの話ししかなく、社長の怒りや不満を会議で聞くのにうんざりしていました。

精神的にもかなり疲れていましたし、人を信じることができない状態にもなってましたね。

この頃の私は家に帰れば妻に愚痴ばかりを吐き出して、前向きに考えることもできませんでした。

労働時間は長いのに、コストカットで給料も減り、やる気は全くなくなっていきました。

大震災とブラック会社への誘い

そして2011年3月退職となります。

実はこの時、決まりかけていた仕事のお話しがありましたが、この時起きた大震災のせいで、その話は飛んでしまいました。

そしてこの時、求人数も一時的にしても一気に減少し、私はかなり焦りました。

そこへ協力会社の一社から、お誘い頂いたのです。

考える余地もなく、私は即入社を決めました。

しかし、この会社、入ってからが大変でした。

なんとブラック会社だったのです。

入社後、わずか3ヶ月で辞めました。

その後精神的に疲れきってしまった私は、その後5ヶ月も休職し、家にいました。

その間は貯金とわずかな退職金で食い繋いでいました。

休むことの重要性、エンジニアとしての再就職

そして、しばらく休んだのが結果的に良かったのかもしれません。

そろそろ仕事をしないと、金銭面でも困るのと、気持ちが前向きになった為、就職活動を始めました。

自分のできることとしてエンジニアしかないなと思い、就職活動を開始しました。

とにかくやる気はあったので活動後、一ヶ月で結果を出すことができました。

この時、私は39歳でした。

なんとかなるもんだなと思いました。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

27歳でニートになった30歳の女性がスーパーのパートに就職するまでの話

私はとにかく外に出たく無い気持ちがありました。 見た目にコンプレックスがあり、人目が気になってしまうのです。 働かずに自分の家にいる時が一番安心出来たのです。 目次短大卒業後、入社した会社が倒産、そし …

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

ブラック企業を辞めてから再就職できた体験談まとめ

世の中にはブラックだと気づかずに、ブラック企業に入社してしまうケースがたくさんあります。 これから就職や転職活動をする皆さんにはできるだけ、そのようなブラック企業は避けていただきたいという思いから、ブ …

無職期間のPCスキルで採用!26歳無職が就活して2社目でSEとして就職できました

私は現在30歳のSEです。26歳までは無職で特になにもしない生活を送っていました。 私が無職になった理由は大学での挫折です。高校までは比較的優等生として生きてきた私は大学までは順調に進みました。 しか …

頭痛薬40錠をオーバードーズで入院し退職。27歳無職ひきこもり状態から若者サポートステーションを使って介護施設に就職、社会復帰できるまで

私は現在30歳の女性で、介護の仕事をしています。 3年前までは無職のひきこもりニートでした。 そんな私がどうやって介護の仕事に就き、社会復帰することが出来たのか書いていこうと思います。 目次会社のスト …

アラサー手前の29歳女がニートに!就職までの道のり

私は都内で働く30歳女性です。 会社を退職した時には29歳のアラサー手前でニートになりました。 この様な経緯には、前会社と私との目に見えない戦いがありました。 話すととても長くなってしまうので割愛しま …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

深夜に退職届け。ブラック企業の企画職を20歳で退職し販売業に再就職できた話

わたくし自身は高校を中退してからふらふらした人生を歩んでいました。 そこから専門学校に通い直し就職をしたのですが、その会社での壮絶な体験談からうつ病にまでなったお話しをしたいと思います。 目次新卒で最 …

家と図書館に閉じこもっていた私がニートを脱出できたきっかけ

私自身がニートであった時期を経て、今こうして人と関わりながら再び仕事ができているという経験を踏まえて、何か一つでも今就活を始めようとしている方のお役に立つことがあればという思いで、ニートを脱出できたき …