ニートの就職体験談

結婚が一番の動機だった!37歳無職からサービス業の正社員に就職できた話

投稿日:2017年10月21日 更新日:

オススメの資格であったり履歴書の書き方であったり面接の受け答えの方法であったり、そういったこともちろん大切でした。

しかし、私はもっと気持ち的な部分も大切だったなと、当時の自らの就活経験を振り返って思います。

37歳無職独身から就職する動機となったのは、「結婚」だった

就職する動機ですが、「勤労の義務だから」という理由ではなかなか行動に移せない、決定打にならないのが、無職の期間が長い人の特徴でもあるように思います。

かくいう私もそうで、そんなことでは何の動機づけにもなりませんでした。

無職の期間が長い人には、そんなことよりももっと身近な、自分らしい動機づけをする必要があると思います。

私の場合は、「結婚」でした。

といっても、別に当時結婚を約束しているような相手がいたわけではありません。

結婚願望だけは人一倍強かった、それだけです。

無職のままで結婚できるとは思ってはいませんでしたし、このまま就職しないでいた場合の将来にとてつもない不安を感じることができたのがよかったのだと思います。

夢と希望と不安が私を後押ししてくれました。

動機づけはなんだってよいと思います。

好きなことに思いっきりお金を使いたい、色んなところに旅行に行きたい、たくさんお金を貯めて自分の城(マイホーム)を持ちたい、などなど。

とにかく、自分らしい理由を見つけてみてください。

自分が譲れないものから優先順位をつける

求人情報を見る時、どこに重きを置いているでしょうか。

給与、待遇、通勤時間など様々ありますが、自身が何に重きを置くかもきっちりしておいた方がよいかと思います。

ここを漠然としたままでいると、何かにつけてこの求人は自分には合わないという言い訳に逃げてしまう傾向になり、結局はどの求人も選べない状態が続きます。

私の場合は、待遇、通勤時間、給与の順で優先していました。

今となっては給与が低いことに不満を感じていなくもないですが、当時はあえてこだわらず、とりあえずは無職の状況を脱出し、働きやすい環境であれば勤務年数も重ねていけるだろうし、ゆくゆくは給与の良いところへ転職すればよいと、楽観的に考えていました。

それもよかったのだと思います。

すべての内容が自分の思い通りの求人なんて、そうそうないです。

あなたが譲れないものから、優先順位を決めてみてください。

モチベーションを維持する

面接を受けて、たった一度で採用されれば万々歳ですが、現実にはそう簡単にいかないと思います。

何通も何通も履歴書を送って、何社も何社も面接をして、何回も何回も自分を否定されるような挫折を味わうことも、少なくありません。

心が折れてくじけてしまっても仕方がない状況まで追い込まれることもあります。

だけど、心が折れそうになってもくじけていても仕方がないですし、それで動きを止めてしまっては何も変わりません。

前に進み続けること、そのためにも前向きな気持ちを維持していくことが最も大切です。

私の場合は、初心の「動機」を思い出すこと、そして「音楽」が心の支えになってくれていました。

前向きな歌詞で自らを高めてくれる大好きな曲を何曲か見つけておくとよいかと思います。

私は職安へ行く車の中や面接へ向かう車の中で、自らを鼓舞するため、それらを大声で歌っていました。

それこそ、歌詞による刷り込みで暗示をかけるように。

音楽の力は偉大です。

まとめ

働かなければならないと頭では思っていても、心がついていかない。

無職の期間が長いからこそ、そう簡単に動けなかったり、感じる不安はあると思います。

まずは気持ちを切り替えることから始めてみてください。

気持ちが切り替わり始めたら、それが就職への第一歩になると思います。

ご健闘をお祈りします。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

26歳職歴なしだった私が住宅販売業の正社員になれた話

私は4年制大学を卒業した後、就職活動をしていました。 しかし、いまひとつ自分がやりたい仕事がわからず、手あたり次第に面接を受けていました。 就職活動を経て唯一内定をもらえた企業は飲食店の正社員としての …

無職からの就活は長期戦!28歳まで無職だった自分がNC旋盤の小さな会社に就職できた話

現在39歳になる男性ですが、自分は27歳になるまであることがきっかけで、ずっと無職の状態で自宅でほぼ引きこもりに近い生活を送っていました。 しかしながら今では精神的に立ち直り、28歳の時に自動車製造業 …

激務&うつ病。看護師を30歳で退職し、訪問看護師として正職員に再就職できた話

現在31歳の女性で、一児の母です。 前職では病院で病棟看護師として勤務していましたが、多忙によるストレスにより、うつ病を発症し休職・退職してしまいました。 その後、もう一度自分のやりたかったことをやろ …

アルバイト全員辞める。飲食店を26歳で退職し28歳で上場企業子会社に再就職成功!現在は個人事業主として生きる

私は大学生の時に一人暮らしをしており、生活のために居酒屋でアルバイトを始めました。 初めてのアルバイトだったこともあり、居酒屋で働くことが非常に楽しく、仲間もたくさんできました。 当時の店長はほぼ毎日 …

ハロワより転職サイト!24歳新卒を2年で辞めた私が、土日祝休みの事務職に正社員で就職できた話

24歳、新卒で就職した会社を2年で辞めた私が、26歳で土日祝日お休みの事務職に正社員としてつくことができた話をします。 目次新上司に嫌気が差し、新卒で就職した会社を2年で辞めてしまう6社中すべて不採用 …

会社から突然の解雇通告!?1年後、41歳で貿易事務に再就職

私は40歳で初のリストラにあいました。長年勤めてきた会社でこのような仕打ちにあうとは、まさに青天の霹靂。予想だにしていなかったことでした。 辛い経験ではありましたが、唯一良かったと言えるのはそれを機に …

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

新卒カードも無駄に!就活に失敗し25歳大卒無職だった私が機械工具の商社営業マンとして就職するまで

大学時代に就職活動にことごとく失敗し、企業から一社も内定をもらえないまま卒業。 そんな無職の私が商社の営業マンとして就職するまでをお話します。 目次「なんとなく」で大切な新卒カードを無駄にするハローワ …

絵描きの夢に破れた私が30歳職歴なしでパソコン教室に就職するまで

私は20代の頃はずっと夢を追い続け、就職活動はおろか、就職するための準備さえも一切してきませんでした。 30代になり自分の夢は叶わないんだとやっと自覚した時にはやや手遅れで、なかなか希望する職種に就く …

27歳で無職からパソコンショップの店員に就職できました

目次無職になるまでの経緯無職になってからの心境や生活状況就活しようと思ったきっかけ就活の際に役に立ったサイトや媒体、言葉など無職からの就活に大切なこと経験談を語る上で欠かせないことまとめ 無職になるま …