ニートの就職体験談

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

投稿日:

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。

その1年後、正規の職員として採用されましたので、ここではアルバイトから正規職員になるまでのお話をしたいと思います。

具体的な仕事内容や向いてる方の特徴なども書いているので、福祉施設の職員として働くことに興味がある方はどうぞご覧ください。

48歳無職からパソコンを教えるために福祉法人のアルバイトを始める

知的に遅れている子供の場合はエクセル、ワードなどのソフトウェアもそうですが、普通にパソコンを使ったりするのに結構苦労されています。

スマホなどの直観的に使える物の方は向いているらしいのですが、スマホを持ってソーシャルメディアなどに登録して、なにかトラブルに巻き込まれると困るので、ガラケーなどを持たせていることが多いと関係者から聞きました。

そのため、そのようなパソコン関係の事を教えられないかと、ハローワークで介助の仕事を探して、紹介された先の福祉法人にアルバイトで入りました。

ペーパードライバーだったので送迎は任せられないとのことで、様々な日中のレクリエーションや野外活動、食事の介助と記録の記入などをしました。

日常生活に関しては、グループホームの職員の方といろいろと連携して行っています。日常の活動についてですが、園芸などはあまり手際よく出来る人が少ないので、スタッフがあれこれ準備をして、解りやすい所を利用者の方にしていただくようにしています。

手作りや日曜大工が好きな人は福祉系の仕事に向いてる!?

園芸や植物について詳しいことは他のスタッフが教えてくれますので、何かと助けててもらい出来ました。リクリエーションに関しては、様々なゲーム等をしていますが、障害の軽い方なら近所のグランドでソフトボールなどもできますので、結構、福祉の仕事の未経験者でも参加したり教えたりできる所がありました。

自分の体調を上手く訴えられない方もいますので、暑い季節などは特に、体調を崩していないかを観察したり、本人に聞いてみたりする必要があります。

スポーツなら、あとは風船を使ったバレーボールなど、体に負担にならないような事をしていますが、日中ずっと付いていないといけないこちらの負担も少なくていいです。

室内で行うさまざまな簡単なゲームもありますが、結構そこの職員さんたちがこれまでに手作りをしたものが多いです。

どこも予算に限りがありますので、色々と工夫してやっています。手作りや日曜大工が得意な人ならば、かなり必要とされる職場です。

美術や工作も興味を持ってもらうような工夫が大切

あとは、創作や美術、工作ですが、施設に基本的な道具はありますので、代々足していって使っています。はさみやのこぎりを使うときは、怪我がないように注意をしていますが、これまでほとんど怪我などの事故は無かったようです。

創作や絵画ですが、利用者の方が参加してもなかなか何かを描いたりしない時は、ひたすら待っているしかないようです。こちらとしても、絵と立体、どちらも選択できるように用意をしていますが、なかなか何かを気に入ってするようにはなっていただけない方も結構います。

今はいろいろな素材がネットから無料でダウンロードできますので、そういったイラストなども活用させていただいています。

最近は趣味で漫画を描く方では、パソコンを使う人が多いようですが、こちらの利用者の方では、クレヨンか絵の具を使う方が多いです。やはり手触りの問題でしょうか。

様々な絵の輪郭を描くのが苦手な方には、キャラクター物を活用して、中身を塗ってもらうようにすると、最初は関心が無さそうでも結構気に入って、色々とやってもらえます。

福祉施設は未経験者でも活躍できる場がある

様々な日常の業務に関わらせていただいて、一年後に正規の職員として就職できました。

特にスキルが無くても、様々な事をある程度できれば働ける職場です。

どこも人手不足ですので、ある程度、日常的なことが出来る方なら、色々と解らなかったり、出来ないことがあっても手伝ってもらえますので、働きやすい職場だと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

協調性と真面目さが大事!25歳無職からIT企業の正社員に就職することができるまで

私は現在30代前半の男性です。 ここでは、25歳当時無職だった私がIT技術者として就職できた経緯をお話ししたいと思います。 過去私がなぜ無職になってしまったのか、そして私がどのようにして正社員として就 …

保育士から1年のニート期間を経て販売業に転職!その道のりとは?

『終身雇用』という、死ぬまで同じ会社に勤め上げる事こそ立派な社会人だという考えは時代と共に変化してきました。 現在では『自分のやりたい事を仕事にする』『合わなければ転職する』『スキルアップの為に転職す …

3業種を経験後見つけたやりがい!28歳無職から人材業界に就職した話

僕は30歳男性で、現在人材業界の営業職として働いています。 営業職という仕事柄、日々目標数字に追われながら奮闘しています。 具体的な仕事としては、求職者に仕事を紹介し、顧客企業に求人に合う人を紹介する …

7年間職歴なし29歳ニートが海外アパレル会社に正社員で就職できた話

私は22歳からニートになり、29歳までの7年間を自宅の安全を守る自宅警備員として生活していました。 ここでは、7年間のブランクを乗り越え正社員雇用された方法、その時の職種の選択や、面接時の意外なテクニ …

家と図書館に閉じこもっていた私がニートを脱出できたきっかけ

私自身がニートであった時期を経て、今こうして人と関わりながら再び仕事ができているという経験を踏まえて、何か一つでも今就活を始めようとしている方のお役に立つことがあればという思いで、ニートを脱出できたき …

母と祖母の介護で退職。32歳でニートになり5年後、WEBライターとして社会復帰するまでの話

私は32歳の時、コールセンターのオペレーター職を辞職しニートになりました。 辞職した原因は家族と私のある出来事がきっかけでした。 人生何が起きるかわからない、まさかまさかの連続でした。 目次親と祖母の …

14年勤めた会社の倒産。34歳無職から印刷会社の事務職に就職できた体験談

男性、36歳、ついた職業は印刷会社勤務です。 私は高校卒業後、大学に行く予定でしたが、父親が倒れて家計を支えるために、働くことを余儀なくされました。 父親が入院し、残された母、4人の兄弟を支えるために …

新卒から1年で挫折した25歳無職が物流会社の正社員として就職できた話

私は27歳男性で、現在は物流会社の正社員をしております。 2年前、大学新卒で入社した会社を1年も耐え切れずに辞めてしまい、半年ほど無職でいました。 前職を辞めた経緯と、どのようにして今の会社に入ったか …

大切なのは自分と向き合うこと!26歳で大学病院を退職し、無職から病院に再就職〜独立するまで

25歳で無職になった私は「ある事」を行なったおかげで今の自分、職があります。 私は就職してから約4年、26歳で退職しました。 そして無職になり前述した「ある事」を行なったおかげで今の自分があります。そ …

チャンスはある!27歳で自動車ディーラーを退職しまさかの警察官に再就職!

私は現在29歳の男です。 警察官として働いています。 ここでは自動車ディーラーとして働いていた私がどのようにして警察官にまでなったのかをお話したいと思います。 目次自動車ディーラーに就職するも上司から …