ニートの就職体験談

未経験でも活躍!48歳無職だった私が福祉施設のアルバイトから正社員として働くまで

投稿日:

私は48歳男性でほぼ無職で、たまにアルバイトをする程度でしたが、遅れのある子供の福祉施設に生活支援員として、最初はアルバイトで入って働いていました。

その1年後、正規の職員として採用されましたので、ここではアルバイトから正規職員になるまでのお話をしたいと思います。

具体的な仕事内容や向いてる方の特徴なども書いているので、福祉施設の職員として働くことに興味がある方はどうぞご覧ください。

48歳無職からパソコンを教えるために福祉法人のアルバイトを始める

知的に遅れている子供の場合はエクセル、ワードなどのソフトウェアもそうですが、普通にパソコンを使ったりするのに結構苦労されています。

スマホなどの直観的に使える物の方は向いているらしいのですが、スマホを持ってソーシャルメディアなどに登録して、なにかトラブルに巻き込まれると困るので、ガラケーなどを持たせていることが多いと関係者から聞きました。

そのため、そのようなパソコン関係の事を教えられないかと、ハローワークで介助の仕事を探して、紹介された先の福祉法人にアルバイトで入りました。

ペーパードライバーだったので送迎は任せられないとのことで、様々な日中のレクリエーションや野外活動、食事の介助と記録の記入などをしました。

日常生活に関しては、グループホームの職員の方といろいろと連携して行っています。日常の活動についてですが、園芸などはあまり手際よく出来る人が少ないので、スタッフがあれこれ準備をして、解りやすい所を利用者の方にしていただくようにしています。

手作りや日曜大工が好きな人は福祉系の仕事に向いてる!?

園芸や植物について詳しいことは他のスタッフが教えてくれますので、何かと助けててもらい出来ました。リクリエーションに関しては、様々なゲーム等をしていますが、障害の軽い方なら近所のグランドでソフトボールなどもできますので、結構、福祉の仕事の未経験者でも参加したり教えたりできる所がありました。

自分の体調を上手く訴えられない方もいますので、暑い季節などは特に、体調を崩していないかを観察したり、本人に聞いてみたりする必要があります。

スポーツなら、あとは風船を使ったバレーボールなど、体に負担にならないような事をしていますが、日中ずっと付いていないといけないこちらの負担も少なくていいです。

室内で行うさまざまな簡単なゲームもありますが、結構そこの職員さんたちがこれまでに手作りをしたものが多いです。

どこも予算に限りがありますので、色々と工夫してやっています。手作りや日曜大工が得意な人ならば、かなり必要とされる職場です。

美術や工作も興味を持ってもらうような工夫が大切

あとは、創作や美術、工作ですが、施設に基本的な道具はありますので、代々足していって使っています。はさみやのこぎりを使うときは、怪我がないように注意をしていますが、これまでほとんど怪我などの事故は無かったようです。

創作や絵画ですが、利用者の方が参加してもなかなか何かを描いたりしない時は、ひたすら待っているしかないようです。こちらとしても、絵と立体、どちらも選択できるように用意をしていますが、なかなか何かを気に入ってするようにはなっていただけない方も結構います。

今はいろいろな素材がネットから無料でダウンロードできますので、そういったイラストなども活用させていただいています。

最近は趣味で漫画を描く方では、パソコンを使う人が多いようですが、こちらの利用者の方では、クレヨンか絵の具を使う方が多いです。やはり手触りの問題でしょうか。

様々な絵の輪郭を描くのが苦手な方には、キャラクター物を活用して、中身を塗ってもらうようにすると、最初は関心が無さそうでも結構気に入って、色々とやってもらえます。

福祉施設は未経験者でも活躍できる場がある

様々な日常の業務に関わらせていただいて、一年後に正規の職員として就職できました。

特にスキルが無くても、様々な事をある程度できれば働ける職場です。

どこも人手不足ですので、ある程度、日常的なことが出来る方なら、色々と解らなかったり、出来ないことがあっても手伝ってもらえますので、働きやすい職場だと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

「嘘をつかないこと」が大事。28歳無職だった私が外資系アパレル3社に応募して2社から正社員として内定をもらい就職できた話

私は現在32歳の女性です。 今でこそ日々仕事に追われていますが、26歳から28歳までの2年間はニート生活を送っていました。 今回は、私が28歳で外資系アパレル企業に正社員として就職できた話をします。 …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

大学卒業と同時に無職に。29歳無職から製造会社事務に正社員として就職できるまで

私は大学で経営学や経済について学びましたが、就活がうまくいかず新卒での就職ができませんでした。 卒業後はフリーター状態となり職を転々としつつ一時はニート状態。 資格取得などを経てなんとか29歳のときに …

新卒で入った不動産会社を24歳で退職し、沖縄の旅行会社に再就職した体験談

はじめまして。 現在34歳、ちょうど来月で、今の職場で働き始めて10年目の、旅行会社社員の男です。 時にはバスツアーの企画をしたり、時には修学旅行でこの地を訪れる高校生のバスに乗り添乗員をしたりと、日 …

会社から突然の解雇通告!?1年後、41歳で貿易事務に再就職

私は40歳で初のリストラにあいました。長年勤めてきた会社でこのような仕打ちにあうとは、まさに青天の霹靂。予想だにしていなかったことでした。 辛い経験ではありましたが、唯一良かったと言えるのはそれを機に …

大学卒業後、小説を書く道を選び無職に。27歳の実家ニート状態だった私が医療機器メーカー営業職に就職できたきっかけ

私は現在29歳の男です。 27歳のときに無職から医療機器メーカーの営業職に就職することができたのでその話を書こうと思います。 目次東京の大学を卒業するも、就職せずに小説を書く道を選ぶ26歳の夏にエアコ …

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

デイサービスの仕事を辞めた私が9ヶ月のニート期間ののち介護現場に復職するまでの話

北海道出身の私は専門学校卒業後、単身上京し都内のデイサービスに就職しました。 元々私は自分の意思で東京に来た訳ではなかったので、3年勤務した後に試験を受ける事ができる介護福祉士資格取得を目標に頑張って …

無職の彼氏ナシ26歳女が上京して、未経験のWEB広告代理店に就職するまで

こんにちは。 これは私が26歳の頃、新卒で入社した会社を次の働き先のあてもなく退職、その後に勢いにまかせて上京、まったく未経験の業種であるWEB広告代理店に就職することができた経験をご紹介しています。 …