ニートの就職体験談

転機は兄の結婚!3年間の引きこもりを経て、25歳無職で正社員の事務に就職できました

投稿日:2019年9月13日 更新日:

私は25歳の時に無職から正社員になろうと決意し、正社員の事務として就職することができました。

これからそのお話をしたいと思います。

大学時代に就活で失敗し、3年間実家で引きこもり生活をする

私が無職になったきっかけは、大学時代の就職活動の失敗です。私が就職活動を始めた時、リーマンショックの影響から就職氷河期と呼ばれる時代でした。

就職は厳しいと聞いていたので、私は早めに準備をし、希望職種も特に絞らず広く就職活動をしていました。毎日毎日エントリーシートや面接をし、何十社も受けました。

しかしなかなか内定がもらえず、気づけば4年生の夏休み、夏休み中に私の心は折れてしまい就職活動自体を止めてしまいました。

そのまま卒業し、実家暮らしだったこともありそのまま部屋に閉じこもるようになりました。そこから約3年いわゆる引きこもりのような生活を送りました。

無職として実家にいる心苦しさ、転機になった兄の結婚

実家には両親と兄と一緒に暮らしており、就職が決まらず落ち込んでいる私に対し最初は「気にしないでいい。今は心を休めて、また復活してきたら就職活動をすればいいよ」と言ってくれていた両親でした。

私はその言葉に甘え、卒業し学校もない自由気ままな日を一日、また一日と楽しむようになってしまいました。大学4年間バイトした分の貯金がありましたので、基本引きこもり、たまにコンビニなどにちょこちょこ出かけるだけの生活に困ることはありませんでした。

そんな生活を1年続けたころに、両親から「働かないの?」と聞かれるようになることが増えました。私は「まだ気分が...」とはぐらかしましたが、両親が呆れているのは目に見えて分かりました。

何もしないで家にいてご飯を出してもらっている状況に心苦しさを感じていましたし、優しい言葉をかけてくれていた両親から就職の話を出されるようになったことで焦りも感じ始めていました。そんな時に4つ上の兄が結婚することになりました。

まず私は自分が「無職の妹」として紹介されることが恥ずかしいと感じたのと、いつかこの家は兄のものになるから私はいつまでもここにいてはいけないと思い、いつまでも無職のままではダメだ就職活動しようと心を入れ替えることができました。これが25歳の時の時の出来事です。

「大切なのは正直に話すこと」就職サイトをチェックして面接を受ける日々

私はまずいわゆる就職サイトめぐりから始めました。中でもお世話になったのがリクナビNEXTです。

サイトが一番見やすかったことと、女性の就職を応援するコンテンツが多かったのが良かったです。大学時代は職種を絞らず見ていましたが、無職からの職探しをする私は「事務職に就きたい」という絶対条件を決め就職活動をしました。

サイトをチェックしエントリーや面接を受ける日々が始まりました。どうしても「無職」というブランク時期は隠せないので、面接で突っ込まれることも多かったです。ここで正直に理由を言うことは大切だと思います。

私は正直に就職活動が上手くいかず心が折れてしまったことを話しました。渋い顔をされ落ちた会社もありますが、大抵のところは真剣に聞いてくれ、他の志望動機や自己PRなどを重視してくれたように思います。

無職からの転職にとって無職期間があったことは避けて通れない事実です。

そこを気にしすぎて自分を卑下するのではなく「就職したい」という今の自分の気持ちに自信を持つことが大切だなと思います。

求人サイトで目に止まった小さな事務所の営業事務に内定が決まる!

25歳ももうすぐ終わろうとしているころ、求人サイトである一社が目に留まりました。それは30人規模の小さな事務所の営業事務募集のものでした。

私は大勢いるオフィスよりも、人数の少ない環境で働きたいなと思っていたので、希望に合っていると思い即応募しました。書類審査が通り、面接をしました。

ここでも無職の期間のことを突っ込まれましたが、正直に話しました。そこから数日後、内定のお電話をいただいて、ついに職に就くことができました。家族に伝えるととても喜んでくれて、私も一歩踏み出してよかったなという気持ちになりました。

無職からの就職活動はとても勇気がいることだと思います。ですが「就職したい、社会に出たい」という気持ちを持つことができた自分に自信をもってください。自分のやりたいこと、やりたいことが分からなければ、とりあえずやりたくないこと以外を視野に就職活動を進めると良いと思います。

まずは就職サイト登録など一歩何かを始めればやる気が湧いてくると思います。頑張って一歩踏み出しましょう。

-ニートの就職体験談
-

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

ニートからバーテンダーに!?32歳職歴なしの初就職先はBARのマスターだった

私は現在33歳の男です。 自分で言うのも何ですが、私は怠惰な人間でした。 今の仕事が決まるまでの私は、何かを継続出来た試しがなく、何かを最後まで成し遂げたこともありませんでした。 目次18歳で工業高校 …

無職からの就活は長期戦!28歳まで無職だった自分がNC旋盤の小さな会社に就職できた話

現在39歳になる男性ですが、自分は27歳になるまであることがきっかけで、ずっと無職の状態で自宅でほぼ引きこもりに近い生活を送っていました。 しかしながら今では精神的に立ち直り、28歳の時に自動車製造業 …

40歳無職から事務アルバイトに応募した半年後、正社員に登用された話

40歳で無職だった女性でも、やり方次第では正社員として就職することができます。 どんなふうに就職活動をしたのか、詳しい話を書いてみましょう。 目次病気で一時期にニート状態に正社員登用ありの事務アルバイ …

パワハラで34歳無職になり絶望!転職サイトで給与・人間関係共に良い営業職に再就職できるまで

私は、34歳のときに1年間無職をしていました。無職になったきっかけは、前職の営業でパワハラを受けたことです。 挙句の果てに、配置転換という名のいわば左遷のような仕打ちを受けました。 印刷業界で営業マン …

きっかけは弁当配達!27歳職歴なしだった僕が医療事務として病院に就職した話

僕は大学卒業後、就職が決まらずニートになりました。 3、4年の間はそのまま別に就職しなくてもいいかと思い、バイトをしていました。 しかし、やはりこのままではダメだと思い、就職活動を行いました。 その時 …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

ちょっとした成功体験が大事。25歳職歴なしニートが出版関係のバイトを始め、30代で安定するまでの体験談

私の元々の性格は明るく、クラスカーストなども高いタイプでした。 ことのきっかけは不登校で、中学校に入る際に引越しがあり、実質的な転校で不登校となってしまいました。 閉じこもっていた期間は短く、私塾など …

大学の事務職を48歳で退職し、一年後晴れて警備事務の正社員として再就職

福島県に住む49歳、女性です。 事務の仕事を長く続けておりました。 仕事にやりがいを持っておりましたが、家庭の事情により急遽退職せざるを得なくなりました。 1年間無職でしたが、その後無事、再就職するこ …

ある映画がきっかけで一念発起!18~24歳までひきこもりだった私がビルメンテナンスとして就職できた話

私は幼少のころから一人で遊ぶことを好む性格で、大人になってもその性格は変わりませんでした。 そのため人間関係での悩みが多く、ひきこもるようになってしまいました。 そんな私がある映画がきっかけで一念発起 …

美容商品営業を退職し30歳無職からシステムエンジニアとして就職できました

わたしは37歳、関西在住の男性です。 現在はシステムエンジニアとして働いています。 30歳で正社員となれましたが、それまでの経緯を記載させて頂きます。 目次大学を卒業後、美容商品を扱う営業に就職体調を …