ニートの就職体験談

震災で転職の話が白紙に。完全未経験の工場職に正社員として30歳で再就職できるまで

投稿日:2017年10月5日 更新日:

私は現在36歳男です。

私は29歳の時それまで勤めていた会社を自己都合で退職しました。

退職理由は残業が多く、残業代もまともに払われない事と、ボーナスが10万円以下という事が原因です。

当時、私は結婚していて翌年には子供が生まれる予定だったので、前職では生活が成り立たないと思い退職しました。

決まっていた転職先は震災の影響で白紙に

子供が産まれたら妻の地元で暮らすという事を妻の両親と約束していたので、私は退職後すぐに妻の地元へ引っ越しました。

就職先はほぼ決まっていたので安心していましたが、東関東大地震が起こり、就職がほぼ決まっていた会社も多大な被害を受け就職の話は白紙になってしまいました。

状況が状況だけに仕方ないと思いアルバイトを始めましたが、子供が産まれるというプレッシャーと妻の実家に住まわせてもらっているというプレッシャーから日々居心地の悪い思いをしていました。

アルバイトの給料などたかがしれていて、アルバイトの合間にハローワークにも行きましたがなかなか就職先は決まりませんでした。

工場職の書類審査で実感した、年齢・無資格・未経験の壁

妻の地元は工場地帯でまともな就職先はほぼ工場しかありませんでした。

私の前職は営業と事務の経験しかなかったので、工場に勤めるための資格や経験がありませんでした。

そして年齢も30歳と若くもなかったのでほとんどの会社が書類審査の時点で不合格となってしまいました。

あまりにも落とされた為、自分がダメな人間なのではないかと考えるようになりかなり精神的に参りました。

アルバイトで経験を積みながら資格取得の勉強

私はアルバイトの合間に工場で勤める為の資格の勉強を始めました。

工場といっても色々あるのでどんな工場でも必要な資格、例えばフォークリフトの免許や危険物の資格など、素人でも勉強すれば取れる資格を必死で取得しました。

工場経験に関しては、まず工場でのアルバイトを始めました。

アルバイトだとできる事も限られていましたが、やらないよりは良いだろうと思いアルバイトの枠を超えた質問などを社員に聞いて煩わしく思われる事もありました。

しかしこちらはなりふり構っていられる状態ではなかったので、とにかく必死に作業を覚えました。

ある日、新聞の求人広告を見ると意外と大きい会社も載っていることに気づきました。

正社員の募集でなくても大きい工場の契約社員などの募集なら未経験者歓迎、年齢もかなり余裕のある幅で募集していたので最長で2年半という期限付きではありますが、迷わず飛びつきました。

アルバイトをしているよりも給料が高いことと、工場での経験がアルバイトより深く仕事に関われると考えたからです。

ネットで工場の求人を探すなら業界No.1の求人サイト、工場ワークスがおすすめです。

>> 【工場ワークス】

社員同士の話が何を言ってるかわからない。未経験の仕事の現実

本当に何も知識がない状態で工場勤務を始めた私は、まず社員同士で話している会話の内容が何を言っているかわからず質問も本当に社員から見ると呆れるような質問しかできず、年下の社員にもかなり呆れられました。

使用する工具の名前もわからず何度も正社員に怒鳴られながら仕事を覚えました。

未経験なので本当に何もわからず、ただそれを言い訳にしたくなかったので歯を食いしばって耐えながら仕事を覚えました。

怒られながら続けた結果、正社員登用試験に合格!

契約社員としてなんとか形になってきたのが1年半位経過した頃です。

私は物覚えが良いほうではないので本当に毎日怒られながら続けた結果、上司に正社員登用試験を受けないかと言われ、筆記試験と面接を合格すれば正社員になれるという事を伝えられ、考える間もなく受けました。

まさかこんなところから正社員の道があるとは考えていなかったので必死に仕事をしながら合間に勉強もしました。

見事報われ、正社員として就職が決まりました。

まとめ

無職から正社員になろうとしている方へ伝えたい事は、皆さん本当に辛い思いをしていると思います。

書類審査で落とされ、やっとこぎつけた面接で落とされ精神的に参りますよね?

本当に気持ちわかります。

自分が全否定されている気持ちになってもう就職活動する事自体が嫌になる気持ちもわかります。

ただ、正社員への道は正攻法だけでなく私のように別の角度から採用される事もあります。

就職活動を長く続けていると視野が極端に狭くなりがちで他人の意見に耳を閉じてしまう傾向になりがちです。

そんな辛い時こそ他人の話を聞き、別の角度から現在の自分を見てみましょう。

今とは違う自分が見えてくるはずです。

あとは、諦めずに活動していれば周囲の人は見てくれています。

諦めず、自分を追い込みすぎないよう自分のペースで頑張りましょう。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

32歳で大手運送会社を途中退職。無職を経て施工管理会社に再就職した話

私は現在34歳の男性で、建設などの施工管理をする職種に就いています。 以前は大手運送会社の正社員として働いていましたが、30歳の頃、時代の流れにより会社方針も変化していく中、自分の考える方向性との違い …

会社が倒産し30歳で無職に。友人の一言がきっかけで障害者の社会福祉施設に就職

私は現在33歳の男性ですが、30歳の時に会社が倒産し、その後未経験の福祉業界に就職できました。 きっかけとなったのは友人が福祉業界に携わっていて私に薦めてくれたことでした。 目次8年勤めた会社が倒産し …

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

新卒から1年で挫折した25歳無職が物流会社の正社員として就職できた話

私は27歳男性で、現在は物流会社の正社員をしております。 2年前、大学新卒で入社した会社を1年も耐え切れずに辞めてしまい、半年ほど無職でいました。 前職を辞めた経緯と、どのようにして今の会社に入ったか …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …

26歳で看護師の仕事に燃え尽き症候群、無職からの再就職は元上司の誘いがきっかけだった

私は21歳で看護師の免許を取得し、24歳まで総合病院に勤務していました。 しかし忙しいこと、またプライベートが全くないことで精神的に看護師を続ける気力がなくなってしまいました。また受け持ち患者さんの壮 …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

社風に限界を感じ26歳で退職し、未経験の金融業界へ再就職!

27歳、女性です。 退職後、約1年の派遣期間を経て、未経験の金融業界にカスタマーサービス正社員として再就職しました。 なぜ1年間派遣として働いたのか?どのようにして未経験の金融業界に再就職できたのか? …

パワハラで34歳無職になり絶望!転職サイトで給与・人間関係共に良い営業職に再就職できるまで

私は、34歳のときに1年間無職をしていました。無職になったきっかけは、前職の営業でパワハラを受けたことです。 挙句の果てに、配置転換という名のいわば左遷のような仕打ちを受けました。 印刷業界で営業マン …

人間関係が原因で退職後、33歳のニートが就職して介護職員になるまで

ニートから脱出して就職したいと考えている方は多いかもしれません。 私は人間関係が原因で退職後ニートを経て、33歳で介護職員として再就職しました。 私はニート脱出後、今ではバリバリ働いて人生を楽しく送っ …