ニートの就職体験談

美容商品営業を退職し30歳無職からシステムエンジニアとして就職できました

投稿日:2017年9月19日 更新日:

わたしは37歳、関西在住の男性です。

現在はシステムエンジニアとして働いています。

30歳で正社員となれましたが、それまでの経緯を記載させて頂きます。

大学を卒業後、美容商品を扱う営業に就職

わたしは関西にある大学を卒業し、中堅の美容商品を扱う会社の営業職として働いていました。

仕事内容は美容院を専門とするシャンプー、トリートメントを扱う営業でした。

エリアは関西一帯を担当していて、件数としては大小の美容室合わせて100件ほど受け持っていました。

仕事は激務で、始発にて会社に向かい、営業車に在庫を積み込み、8時から営業会議、9時からお店回りが始まります。

担当エリアが広いので、一番遠い場所で和歌山までいかないといけないのですが、9時に出発すると到着するのが13時くらいになります。

高速道路を使えばもっと早いのですが、料金は自腹です。

営業そのものは20時くらいには終わるのですが、そこからいったん会社に戻り営業車を戻し、在庫確認、営業報告書を仕上げると、帰宅はいつも終電ギリギリでした。

体調を崩し会社を退職

そんな生活を3年ほど続けていると、体調を崩してしまい仕事が出来なくなりました。

体力的にもきつかったのですが、営業という仕事柄数字のプレッシャーが大きく、ノルマが達成できない場合はみんなの前で上司から叱責されます。

身体的な疲労と、メンタル的にもやられてしまい鬱っぽくなってしまい会社を退職しました。

会社を退職してからの生活

会社を辞めてからはしばらく貯金と、失業保険で生活をしていました。

鬱のせいか何もやる気が起きなかったのですが、日によってはこのままではいけない、と思い仕事を探すのですが、仕事をすると前職のようにつらい思いをすると考えると、やっぱり仕事を探すのはやめてしまいました。

そんな生活が長く続くはずもなく、ストレスの少ない日雇い仕事を細々としながらなんとか生活費を稼いでいました。

正社員に戻ろうと思うきっかけになった幼馴染の結婚式

わたしには幼馴染の友人がいました。

その友人は鬱になってからもわたしを見捨てずに、飲みに誘ってくれたり、気分転換に遊びに連れて行ってくれたりする優しい人でした。

その友人が結婚することになり、結婚式に参加したのですが、友人の晴れ舞台を見て、「自分は何をやっているのだろう」と、恥ずかしくなり正社員としてもう一度頑張ろう決意しました。

システムエンジニアを目指した理由

就職を目指すにあたり、以前から興味のあったプログラミングを仕事にしたいと思いました。

大学の時に情報処理の授業を取っていたので、プログラミングの基本は出来ていました。

わたしには人と接する営業職よりも、コツコツと積み上げていくプログラマーやシステムエンジニアのほうが合っていると思い独学で勉強をつづけました。

ハローワークに通っているとき、職業訓練にプログラミング講座があり、そちらも受講しました。

転職サイトを主にした転職活動

プログラミングの勉強をしながら、転職活動を行いました。

ハローワークにも通っていましたが、転職サイトも閲覧し、未経験でも可能な企業探しました。

いくつもの転職サイトを見ましたが、わたしが一番いいなと思ったのはen転職でした。

未経験可能な求人が多く、応募すると面接まで行ってくれる企業が多かったです。

面接も最初はぎこちなかったですが、3社目くらいからはしっかりと自分の意見を話すことができるようになり、6社面接し2社から内定をもらいました。

再就職から現在

内定をもらった2社から教育が整っている方を選びました。

最初は言っている言葉が分からなかったり、自分よりもはるかに若い人に怒られたりと大変でしたが、みんな優しい人たちなのでしっかりとフォローをしてもらい何とか仕事を覚えることが出来ました。

今は就職して6年が経ち、先日、チーフという役職に就くことが出来ました。

ここまで大変なことが多かったですが、周りの人の支えがあり今があります。

現在はわたしも部下や後輩を抱えるようになったので、新人時代に助けてもらったように、わたしがしっかりとフォローできるように頑張っています。

-ニートの就職体験談
-, , , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

スキルなしの25歳無職女が熱意をぶつけて未経験の事務職に就職できた話

これは、私が25歳で無職になり、なんと経験が全くない営業事務の正社員に就職できたお話です。 まさか自分が正社員になれるなんて…。当時の私は思ってもみませんでした。 大変だった中途採用。 しかし、しっか …

40歳無職から事務アルバイトに応募した半年後、正社員に登用された話

40歳で無職だった女性でも、やり方次第では正社員として就職することができます。 どんなふうに就職活動をしたのか、詳しい話を書いてみましょう。 目次病気で一時期にニート状態に正社員登用ありの事務アルバイ …

36歳で自動車部品製造会社を退職した後、同業界の技術開発職に再就職できた体験談

目次技術開発から、希望ではない営業職に異動新上司とうまくいかず転職を決意妻の実家に居候した半年の無職期間飽きても大丈夫。つきぬけたところに答えがある直接電話をかけた企業で再就職が決まる 技術開発から、 …

新卒で入った不動産会社を24歳で退職し、沖縄の旅行会社に再就職した体験談

はじめまして。 現在34歳、ちょうど来月で、今の職場で働き始めて10年目の、旅行会社社員の男です。 時にはバスツアーの企画をしたり、時には修学旅行でこの地を訪れる高校生のバスに乗り添乗員をしたりと、日 …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …

医療系大学を中退後ニートになり、介護資格を取って正社員になった話

初めまして。 今回は、女性の私が医療系大学を退学し、怠惰なニート生活を経て、最終的に特別養護老人ホームで正社員として働けるようになるまでの話をしたいと思います。 今、かつての私のようにニート生活で苦し …

就活失敗と自殺未遂…29歳職歴なしニートが新聞配達バイトに採用されるまで

順調だった大学生活。しかし就活の失敗や彼女との別れがあり、29歳までの8年間引きこもり、一度は自殺未遂までした筆者が、29歳職歴なしニートから新聞配達のバイトから始め正社員までになることができた道のりを語ります。似たような境遇の方に届けば嬉しいです。

交通事故、子宮、卵巣がんの手術を経て39歳職歴なしで書道師範として就職するまで

私は現在、書道師範をしている39歳のゆう子です。 私は29歳の時に交通事故に遭いました。 事故の後遺症の治療中に子宮体がん、卵巣がんと診断され、すぐに全摘手術を受けました。 その結果、やむを得ず無職と …

卒業直後の5月に内定取消に!その後、22歳女ニートが都心部の有名食品企業に就職した話

大学卒業後、ニートになった私が都心部にある食品系企業のOLになるまでの話をお伝えします。 どのような経緯でその企業に就職したのかという点、ニート経験による「このへんで困った」というエピソードなども織り …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …