ニートの就職体験談

バブルが崩壊し35歳でリストラされ無職に。1年間の転職活動から再就職できるまで!

投稿日:

40歳、男性です。

私は、大学を東京の大学を卒業してからそのまま東京で証券会社に就職しました。

当時はバブルの時代だったので、公務員よりも一般企業のほうが人気があり、みんな一般の会社に就職していました。

バブル崩壊で証券会社をリストラされ、35歳で無職になる

会社では、個人のお客様に証券を売る仕事をしていました。何回か転勤も経験しました。東北の仙台と名古屋に転勤してそれぞれ3年の、約5年いました。仕事はどちらかというと楽しかったです。

ごひいきにしてくださったお客様も何人かいました。80年代は日本も景気が良かったので、私の勤めていた会社も比較的景気は良かったと思います。

しかし86年ころからバブルが崩壊し日本も景気が悪くなり、とくに証券会社はあおりを受けたと思います。景気が悪い状況はかなり続きました。

そのうち、給料がだんだんと減るようになりました。最初のうちはボーナスが減らされましたが、そのうち給料も減らされていきました。

そしてそれが続くとリストラが始まりました。そのリストラでだんだんと社員が減っていきました。

そのうち、私もリストラの対象になり、ついに会社をリストラされてしまいました。

35歳で無職になりました。

家族の中でも肩身が狭い。精神的にとても辛かった1年の無職期間

無職というのは、とても精神的に辛い日々が続きます。仕事をしていないので、給料は入ってこない状態になります。

ですから、妻にも精神的な負担をとてもかけてしまったと思います。仕事をしなくなった父親というのは、家では肩身が狭い思いをします。

子供に厳しい注意ができなくなります。ですから、その時期は子供もあまり言うことを聞きませんでした。

正直に言うと、証券マンとしてかなり仕事に没頭していましたので、仕事にかなりの楽しみを覚えていたところがありました。ですから、仕事をやめた時は相当やる気がなくなってしまいました。

それで、奥さんに1年間時間がほしいと言いました。1年で再就職するので、その間は奥さんにパートで働いてもらいました。セブンイレブンでアルバイトをしてもらい、残りは貯金でなんとか食べていくという生活を1年間しました。

当然ながら、妻も了承はしてくれたもののだんだん心配になってきたのでしょう。文句も多くなりました。そんな状況に耐えられるのは時間の問題でした。

そういう状況での再就活でした。

職業安定所と転職サイトを併用した再就職活動

私は職業安定所やインターネットの転職サイトを使って、再就活をしていました。

職業安定所では、まず面接がありました。

・どういう経歴で

・どのくらい給料をもらっていたか

・また家族構成や生活にどのくらいお金がかかるのか

などを聞かれました。

私は650万円くらい稼いでいたので、またそのくらいもらいたいと話したところ、条件にあった仕事が何件かありました。

ほとんどは管理職のお仕事でした。

私の知っている他の証券会社の管理職の仕事や、銀行や旅行代理店の管理職などがありました。

私はこれまでの経験を生かして、また証券会社の管理職の面接を受けてみたいと話し、職業安定所の人がいろいろ情報をくれました。

履歴書を送付して連絡を待ちました。

36歳、緊迫した面接を乗り越え内定を獲得する!

そうしたところ、応募した会社から電話がきました。さっそく面接にきてほしいとのことでした。

面接に行くと、これまでのことを事細かく聞かれました。

そして、どうしてリストラにあったのかを聞かれました。私は以前の会社でのことを細かく話しました。

面接官は私がどういう経緯で会社を辞めたかをある程度聞いていたようで、かなり厳しく問いただされました。私は誤解がないように丁寧に説明しました。

正直かなり緊迫した面接だったと思います。

なんとか内定はもらいましたが、やはり上司からはそういう人間として見られているとは思います。

自分は一生懸命にやっても、辞めるとこのような扱いになってしまうのです。

ですからなるべくならば、最初についた仕事はやめないのがいいと思います。

しかしやむをえずに辞めた場合は、心が折れることなく再就職をすることをおすすめします。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

3連続で書類選考落ち!21歳高卒職歴なし女が医療事務に就職できるまで

私は現在、30代の女性です。 当時、21歳高卒で職歴無しだった私が就いた職種は医療事務。 高校を卒業後、看護の道を歩もうと決意したのですが、親の反対もあり進学できずにいました。 学校の先生は「看護がだ …

27歳でうつ病退職し1年後、職業指導員として再就職できた話

新卒で入社した会社で3年目のときにパワハラでうつ病になりました。 うつ病で1年半休職し、退職して1年後に正社員で大手企業の子会社に就職することができました。 今も通院中ですが、うつ真っ只中のときは働く …

39歳で職場適応障害になり、41歳で退職。2か月後、車関係の仕事にまさかの就職!!

ある日、主人が出勤前に吐くようになって、ご飯が食べられなくなりました。 当時主人は39才。健康診断も異常無い状態で、ただただ、家に居ればコクコク眠ってばかりの日々が続いていました。 特殊な職業について …

人のためになる仕事がしたい!27歳で無職から障害児支援の福祉施設に初めて正社員として就職できるまで

社会学部の4年制大学を卒業した女です。これから大学を卒業してからフリーターとなり、正社員として働くまでの経緯を書きたいと思います。 大学を卒業する際に就職活動はしたものの、正社員として内定をもらうこと …

20代の引きこもりから就職できた成功体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代で引きこもりから脱出して就職することができた成功体験談をまとめてご紹介しています。 いま現在引きこもりで悩んでいる方に少しでも役に立てば嬉しいです。   …

デイサービスを退職した私がニートになり介護職に復帰するまでの話

私は、今でこそ介護の現場に復職していますが、一度介護の現場を離れニートになりました。 この記事では、私が株式会社系のデイサービスを退職し、現在の介護職に復帰するまでのお話を書いていきたいと思います。 …

パワハラ、セクハラのため29歳でニートへ。なんとか脱出して、在宅ワークができるようになりました

私は現在、30歳女性です。 私が正社員で働いていた会社を退職し、ニートになってから、在宅ワークを始めるまでの話をしたいと思います。 目次正社員の事務として働くも、パワハラ・セクハラに悩み退職ニートから …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

新卒入社の中堅IT企業に疲弊し1年で退職。25歳無職から工場正社員に就職して逆転!

私は30代の男性会社員ですが、25歳の頃ニートをしていました。 まさかニートになるとは学生の頃には想像していませんでしたが、人生何が起こるかわからないものです。 ですがその後紆余曲折ありながら、工場で …

妥協しないことが大事!25歳無職が3年のニート期間を経て就職できたわけ

私は現在39歳の男性です。 3年間の実家生活ではまるで犯罪者のような扱いを受けていました。 ハローワークで妥協して探した仕事も面接で落ち、絶望していた私が最終的に就職できたきっかけは風俗でした。 ここ …