ニートの就職体験談

バブルが崩壊し35歳でリストラされ無職に。1年間の転職活動から再就職できるまで!

投稿日:

40歳、男性です。

私は、大学を東京の大学を卒業してからそのまま東京で証券会社に就職しました。

当時はバブルの時代だったので、公務員よりも一般企業のほうが人気があり、みんな一般の会社に就職していました。

バブル崩壊で証券会社をリストラされ、35歳で無職になる

会社では、個人のお客様に証券を売る仕事をしていました。何回か転勤も経験しました。東北の仙台と名古屋に転勤してそれぞれ3年の、約5年いました。仕事はどちらかというと楽しかったです。

ごひいきにしてくださったお客様も何人かいました。80年代は日本も景気が良かったので、私の勤めていた会社も比較的景気は良かったと思います。

しかし86年ころからバブルが崩壊し日本も景気が悪くなり、とくに証券会社はあおりを受けたと思います。景気が悪い状況はかなり続きました。

そのうち、給料がだんだんと減るようになりました。最初のうちはボーナスが減らされましたが、そのうち給料も減らされていきました。

そしてそれが続くとリストラが始まりました。そのリストラでだんだんと社員が減っていきました。

そのうち、私もリストラの対象になり、ついに会社をリストラされてしまいました。

35歳で無職になりました。

家族の中でも肩身が狭い。精神的にとても辛かった1年の無職期間

無職というのは、とても精神的に辛い日々が続きます。仕事をしていないので、給料は入ってこない状態になります。

ですから、妻にも精神的な負担をとてもかけてしまったと思います。仕事をしなくなった父親というのは、家では肩身が狭い思いをします。

子供に厳しい注意ができなくなります。ですから、その時期は子供もあまり言うことを聞きませんでした。

正直に言うと、証券マンとしてかなり仕事に没頭していましたので、仕事にかなりの楽しみを覚えていたところがありました。ですから、仕事をやめた時は相当やる気がなくなってしまいました。

それで、奥さんに1年間時間がほしいと言いました。1年で再就職するので、その間は奥さんにパートで働いてもらいました。セブンイレブンでアルバイトをしてもらい、残りは貯金でなんとか食べていくという生活を1年間しました。

当然ながら、妻も了承はしてくれたもののだんだん心配になってきたのでしょう。文句も多くなりました。そんな状況に耐えられるのは時間の問題でした。

そういう状況での再就活でした。

職業安定所と転職サイトを併用した再就職活動

私は職業安定所やインターネットの転職サイトを使って、再就活をしていました。

職業安定所では、まず面接がありました。

・どういう経歴で

・どのくらい給料をもらっていたか

・また家族構成や生活にどのくらいお金がかかるのか

などを聞かれました。

私は650万円くらい稼いでいたので、またそのくらいもらいたいと話したところ、条件にあった仕事が何件かありました。

ほとんどは管理職のお仕事でした。

私の知っている他の証券会社の管理職の仕事や、銀行や旅行代理店の管理職などがありました。

私はこれまでの経験を生かして、また証券会社の管理職の面接を受けてみたいと話し、職業安定所の人がいろいろ情報をくれました。

履歴書を送付して連絡を待ちました。

36歳、緊迫した面接を乗り越え内定を獲得する!

そうしたところ、応募した会社から電話がきました。さっそく面接にきてほしいとのことでした。

面接に行くと、これまでのことを事細かく聞かれました。

そして、どうしてリストラにあったのかを聞かれました。私は以前の会社でのことを細かく話しました。

面接官は私がどういう経緯で会社を辞めたかをある程度聞いていたようで、かなり厳しく問いただされました。私は誤解がないように丁寧に説明しました。

正直かなり緊迫した面接だったと思います。

なんとか内定はもらいましたが、やはり上司からはそういう人間として見られているとは思います。

自分は一生懸命にやっても、辞めるとこのような扱いになってしまうのです。

ですからなるべくならば、最初についた仕事はやめないのがいいと思います。

しかしやむをえずに辞めた場合は、心が折れることなく再就職をすることをおすすめします。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …

異性交流で上手くいった!26歳男で社会経験ゼロだった私が塗料調色工場へ就職できた理由

私は現在43歳男性で、26歳の時に塗料調色会社に初めて就職した話をします。 私はおかげさまで大学卒業までのキャリアはストレートでしたが、残念ながら大学現役時代の就職活動においてついに内定を取ることなく …

28歳職歴無しが大手塾に就職し上場企業の正社員になるまで

現在、37歳男性で自営業で塾を開いています。 今でこそ悠々自適な生活を送っていますが、これも28歳時点で職歴無しバイト経験無しの状態でも大手塾に就職できたおかげです。 目次大学を卒業し、無職ニートにな …

パワハラ、セクハラのため29歳でニートへ。なんとか脱出して、在宅ワークができるようになりました

私は現在、30歳女性です。 私が正社員で働いていた会社を退職し、ニートになってから、在宅ワークを始めるまでの話をしたいと思います。 目次正社員の事務として働くも、パワハラ・セクハラに悩み退職ニートから …

35歳ニートが理学療法士を目指して4年後、39歳で病院に就職できるまで

私は39歳で国家資格である理学療法士となり、無事に病院に就職できたものです。 34歳までは飲料自動販売機のルートセールスをこなしていました。 しかし、年齢と共に仕事自体がきつくなり、その後のことも考え …

転機は兄の結婚!3年間の引きこもりを経て、25歳無職で正社員の事務に就職できました

私は25歳の時に無職から正社員になろうと決意し、正社員の事務として就職することができました。 これからそのお話をしたいと思います。 目次大学時代に就活で失敗し、3年間実家で引きこもり生活をする無職とし …

家と図書館に閉じこもっていた私がニートを脱出できたきっかけ

私自身がニートであった時期を経て、今こうして人と関わりながら再び仕事ができているという経験を踏まえて、何か一つでも今就活を始めようとしている方のお役に立つことがあればという思いで、ニートを脱出できたき …

公務員試験の挫折からニートに!28歳の頃の私がニートを脱出して農家に就職した話

ニートは現代社会にとても多いです。 ニートになってしまう理由は色々とありますが「社会に出るのが怖い」「本人の怠惰」などが主な例だと思います。 私自身も28歳の頃はニートで勉強も就職活動もしないで、家で …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …

異動辞令で上場企業を退職。35歳無職から着物仲介販売業に就職できたエピソード

37歳女性です。 ずっと人と関わる仕事に就いてきました。 接客業や営業など体を動かしたり、人と話すことが好きです。 21歳の時に入社した会社を34歳で退職し、35歳で新たな業種に転職しました。 全く違 …