ニートの就職体験談

25歳で大手ブラック企業を退職し、零細ホワイト企業の燃料系営業に再就職

投稿日:2017年10月3日 更新日:

35歳になる女性です。

氷河期真っ只中に新卒となり、最初に就職した先は大手教育出版社でした。

一時はテレビCMなどもしており、名前は聞いたことがあるという人も少なくないと思います。

しかしそこは強烈なブラック企業で、最初の半年で同期が全員やめてしまいました。

私はなんとか頑張ったものの一年目で退職し、以後しばらく実家で無職生活をしていました。

その後零細企業に就職し現在に至っています。

新卒で超絶ブラック企業に就職。最初の半年で同期が全員辞める

その会社がブラックであることは、就職前から知ってはいたのです。

動機のほとんどもそうでした。

でも、名前はよく知られた大手だったし、ほかに正社員で採用されることもなかったので、その会社で働くことにしました。

私の場合、親が年配なのでフリーターや派遣は許されない雰囲気があったのです。

年配の親は労働環境がよかった昔のイメージがあるので、保険も年金もない非正規は問題外といった感じでした。

とにかく正社員になるために就職した会社ですが、半年も経たずに同期が全員やめてしまいました。

その支部には私も含めて8人新人がいたのですが、一年持ったのは私だけです。

とにかく営業ノルマがきつく、その日飛込みで契約が取れないと、朝礼などで「ツメ」られるのです。

社内では「激ヅメ」という言葉も使っていましたが、いわゆるモラハラであると今は思います。

ノルマを果たせず激ヅメにも耐えられず、一人残った私は結局ウツになりました。

診断が下ったわけではないのですが、眠れない、食欲がない、時々突然泣き出すなど、今思えばかなり危ない状態であったと思います。

ある日突然、会社に行けなくなった

それでも自分では辞めるつもりはありませんでした。

何より「とにかく三年続けなければ」という親の言葉が重かったのです。

私自身、たった一年で辞めてしまっては、今後の転職活動にも差しさわりが出ると考えていました。

しかしあるときから、会社に行くことができなくなってしまったのです。

甘えだという人もいるでしょうし、実際この経験がなかったら私も人に同様の言葉をかけるかもしれません。

しかし本当に朝起きられず、着替えても出社できない状態が続きました。

会社に行くことができても、営業に出た先で客先に入れず、本屋で時間をつぶすといった体たらくに陥ってしまいました。

結局退社し、家にいたのですが、居心地のよいものではありませんでした。

仕事に行け、正社員の仕事を見つけろとの圧力があるからです。

しばらくはゆっくりしたかったのですが、そんなわけにもいかず落ち着かない日々でした。

しかしおかしなことに、私はそのときバイトを探そうとはしなかったのです。

なぜか自分でも、どうあってもまた正社員として復職しなければと考えていました。

転職エージェントとの出会いが転機に!

そんな私に活力をくれたのはネットです。

ネットで、今は昔のように労働市場がよくないことを改めて自覚しました。

親の世代のような甘い考えでは、仕事はできないことを現実として認めたのです。

それからはバイトでもなんでもやっぱり働きたいと思うようになりました。

自立したいとは以前から考えていましたし、そのためにはやはり仕事は必要だと思ったからです。

以前は避けていた派遣にも関心を持ち、エージェントに登録し、いくつかの派遣先で仕事をさせてもらいました。

転機は、派遣先の営業さんから転職エージェントの話を聞いた時です。

同系列で正社員の斡旋をする事業があり、そちらに応募してみないかといわれたのです。

それは燃料系の営業職でした。

前職と同じ営業でしたが、私には渡りに船でした。

実際に経験してわかった転職エージェントの利点

結果、転職エージェントの紹介で再就職を決めたのですが、良かった点がいくつもあります。

ひとつは、エージェントには独自の情報があることです。

派遣の営業とも連動している転職エージェントには、地域の中小、零細企業とのコネが豊富にありました。

また、派遣などで社員が出入りしているため、会社の雰囲気も事前に知ることができたのです。

私が紹介されたのは、以前勤めていたような大手企業ではありません。

社員20名ほどの会社で、支社などひとつもないような規模ですが、残業もほとんどなく社内の雰囲気もおっとりしています。

私は営業職ですが、ルート営業なのでノルマもなく、もちろん「激ヅメ」などきいたこともありません。

規模の大きさだけが会社を測るものではないと、改めて感じています。

また、転職の際には自分だけでがんばるのではなく、転職エージェントのようなサービスを利用するのもひとつの手かと思います。

客観的に自分を見てくれて、売り込みもしてくれるので、面接も気持ちを楽にして臨むこととができます。

 

こちらの記事もおすすめ

>> ブラック塾講師バイトを辞めて無職に…それでも27歳でホワイト企業に正社員として就職できました!

>> ニートがホワイト企業に就職する方法とは?ホワイト企業の特徴3つ

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

卒業直後の5月に内定取消に!その後、22歳女ニートが都心部の有名食品企業に就職した話

大学卒業後、ニートになった私が都心部にある食品系企業のOLになるまでの話をお伝えします。 どのような経緯でその企業に就職したのかという点、ニート経験による「このへんで困った」というエピソードなども織り …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

ストレスが重なり32歳無職に。あるきっかけで医療事務正社員として再就職できるまで

私は当時32歳・女性で中小企業の事務業を退職し無職になりました。 しばらくは無職ニートをしながら、ハローワークに通い職探しの日々を送っていました。 最終的には医療事務の学校へ通い、資格取得し再就職する …

26歳でニートになった私がハローワークを活用して販売業の正社員として就職した話

 私は現在30歳ですが、26歳の時に前職を辞めてしまい、無職になってしまいました。 その後自宅でゴロゴロしていたのですが、このままではまずいと思い、職を探しました。それまでの経緯を書いていこうと思いま …

会議中に倒れ翌日に退職。26歳で無職、「死」も考えた私がバイトから始め貿易事務の正社員にまでなることができた話

26歳で無職だったわたしが、貿易事務の正社員になった話をします。 目次大学卒業、厳しい就活を経てやっと内定へ会議中に倒れてしまい、翌日に退職。そして無職へ一年の療養、まずはアルバイトからの再スタート素 …

26歳職歴なしだった私が不動産業に就職し、第一線で働けている話

私は17歳の頃から交際していた人と同棲して、結婚をすることになりました。 専業主婦をしていたので仕事をすることのないまま月日が流れていました。 しかし、離婚を考えたときに何もできない自分、社会に出てや …

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …

世界的不況の時代に40歳無職の男が芝生管理会社の正社員に就職できた手法

人生において仕事が占める重要度が一番大きいと考えるのは、誰しも同じだと思います。 この世界的不況の中、しかも40代となってしまった私が味わった辛い就職戦線、そして、そこからどう抜け出したか、年齢は違っ …

31歳職歴無しニートがパソコン入力のバイトから会計事務所の正社員になった話

私は現在37歳の男性ですが、31歳まで職歴が無くニート状態でした。 私の家は、とても裕福といえるほどではありませんでした。 しかし、両親共働きで、どちらかというとお金には不自由していない家庭だったと思 …

35歳で大手ネット回線企業を退職し、正社員のWebディレクターとして再就職できました

私は30歳からインターネット回線の大手企業で働いていました。 家電量販店などでインターネット回線を推奨する業務のマネージャーにまでなりましたが、ある時を境に、その企業が自社で販売せずに卸売をする様にな …