ニートの就職体験談

資格の大切さを実感!40歳無職から有料老人ホームに正社員として再就職できた話

投稿日:

45歳男性です。大学を卒業してから不動産畑で営業として働いていましたが、不況で会社経営が立ちいかなくなり、結局給料も未払のまま潰れてしまいました。

その後、すぐに職業安定所で失業手続きをとり、失業手当てをもらいながら再就職先探しを行うことになったのですが、不況で採用先はなかなか見つからず、40歳という年齢のこともあってかいつまで経っても面接にすらこぎつけませんでした。

求人サイトで自分の経験のある不動産でもいくつも応募して見たのですが、どこも若い人を求めているようで、お祈りのメールしか戻ってきませんでした。

ハローワークで福祉系の仕事を勧められ、資格に挑戦することに

家にいると不安で潰されそうになるため、とにかく近所のハローワークに足繁く通いました。そこでハローワークの職員さんが勧めてくれたのが、福祉の仕事でした。

福祉の仕事なら人手不足のため、いくらでも仕事があるし、職業安定所の職業訓練制度を利用すればほとんど自己負担なく、福祉関連の資格も取得できるということで、全くの異業種ですが、思い切って挑戦してみることにしました。

講習に参加すると若い人だけでなく自分よりも一回り年齢の上の人もいて、世代関係なく和気あいあいとしてとても安心して講習を受けることができました。

その後半年ほどで無事にヘルパー資格も取得でき、ハローワークからもいくつも介護施設を紹介されました。私はそれまで普通自動車免許しか持っていなかったのですがそこでつくづく資格を取得することの重要さを実感しました。

ハローワークに紹介された自宅に近い老人ホームで面接

ハローワークから紹介されたのは自宅から近い介護付き有料老人ホームでした。

事前に面接予約を入れた後、履歴書・職務経歴書持参で伺ったところ、そこは高級ホテルのような豪華な施設でスタッフも皆ホテルマンのようにシャキシャキ動いていました。その後、受付で面接に伺ったことをお伝えすると、40代後半くらいの男性の施設長がやってきて、応接室に通されました。

そこではまずは今までの経歴・経験の有無や資格を取るまで大変だったことなどの簡単な質問を受けた後、施設について一通り説明を受け、館内の見学にも同行していただき、お部屋の中の設備や共用施設、食事、現在の入居者の方などについても細かく説明していただきました。

そして選考結果を後日連絡しますと言われ、面接は終了しました。

翌日、合格の電話連絡が!楽しかった研修期間

翌日には電話連絡があり、ぜひ入社いただきたいのでいつから働けますかと聞かれました。私はこんなに早く合格通知が来るとは思わなかったので、驚きましたが、とにかく貯金も底をついていたため1日でも早く働きたいということで、翌週から勤務がスタートすることになりました。

入社後は一週間ほど、研修があり、食事介助、清拭、体の支え方、スタッフとの連携、ケアマネージャーとの連携、医療機関との連携、リスクマネジメントなどなど朝から晩までみっちり叩き込まれました。

一緒に研修を受けた人は他にも22歳の大学新卒の女性と40代の主婦の方、あとは定年退職した60代の3名で、皆未経験の方だったのですぐに仲良くなり、研修自体は大変でしたが、楽しい研修期間でした

その後、それぞれ配属先に移ることになったのですが、最初は不慣れな上に入居者ごとにいろいろな性格や生活スタイルがあるのと、新しい人間に対して警戒心が強いため、入居者の方になかなか受け入れてもらえず、大変苦労をしました。

しかしその後半年ほど続けて行くと入居者の方の行動パターンがだんだんわかってきて、コミュニケーションもとれ、相手にも次第に受け入れてもらえるようになってからはだんだんこの仕事が楽しくなって、何が起きても慌てず落ち着いて対処できるようになりました。

これから自分も年老いた親の介護に直面する年代ですので介護の資格を取得できたこと実際に介護の現場で働けていることはは本当にいい経験になっています。

まとめ

長年働いた不動産の仕事を離れることは大変勇気がいりましたし、最初はこの仕事になじめず苦労しましたが、今ではこの世界に転職して本当によかったと思っています。

これからの日本は超高齢化社会で確実にこの業界は伸びていきます。やりがいのある福祉の現場でさらに技術を磨きつつ、さらなるキャリアアップを目指して、今度は難関資格であるケアマネージャーの資格にも挑戦しようと考えています。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

医療系大学を中退後ニートになり、介護資格を取って正社員になった話

初めまして。 今回は、女性の私が医療系大学を退学し、怠惰なニート生活を経て、最終的に特別養護老人ホームで正社員として働けるようになるまでの話をしたいと思います。 今、かつての私のようにニート生活で苦し …

事故を起こし配達員をクビに。32歳無職が自動車部品設計の会社に就職できるまでの道のり

はじめましてマサと申します。 自分は、27歳からずっと無職のままで家に引きこもって毎日ゲームをする生活をしてきましたが、32歳の時に無職生活から抜け出し今は正社員として充実した生活を送っています。 し …

アピール書類の一文が決め手に!26歳無職が航空宇宙向け精密部品工場の正社員として再就職できた話

現在の私は31歳既婚(男性)で、正社員として工場に勤務しています。 今回は私が26歳無職から、航空宇宙向け精密部品工場の検査課に正社員として就くことができた話をしたいと思います。 目次18歳で高校卒業 …

26歳無職がイラレとフォトショに出会い、27歳で広告会社のデザイナー(正社員)に就職できました

私は26歳で広告会社に正社員として入社することが出来ました。主な仕事は広告やポスターのデザインをする事です。 この仕事に就くことによって毎日を楽しく有意義に過ごしております。 どうやって正社員に就くこ …

24歳大卒職歴なしニートがプール監視員バイトを経て正社員として介護職員になるまで

私は現在39歳の男性です。 大学卒業後に無職で過ごした期間があり、24歳の時に職歴なしからプールの監視員のアルバイトに就職できました。 ここでは、その体験談を書きたいと思います。 目次大学の時に病んで …

大企業の23歳新卒社員が鬱で退職してから士業事務所に再就職できるまで

第一志望の大学に進学し、学業もそれなりに収め、希望の仕事ではないにせよ上場している大企業に入社した私。 これまで大きな失敗をしたことがなかった私は、ここに来て初めての挫折を味わいました。 目次将来安泰 …

飲食店開業に失敗し42歳で無職に…資格が活きて保険会社の一般事務に就職できるまで

現在、42歳男性。 あらゆる手段を用いた結果、無職から保険会社の一般事務(営業は少々)に就職することができました。 目次飲食店を開業するも限界を感じ、42歳で無職になってしまう大した資格もなく就職が決 …

誕生日2日前に父が急死。28歳職歴なし無職から介護職正職員への道のり

私が、28歳で男性介護職の正社員として働き始めた話をします。 きっかけは父の死でした。 目次大学卒業後、司法試験の勉強をしながらほぼニートに近い暮らし。誕生日2日前に父が急死介護職なら無資格でも採用さ …

新卒入社の会社を退職。32歳無職がバイトで自信をつけてどん底から再就職できた話

30歳のときに、新卒で入社した会社を退職しました。 理由は精神的に辛くなり、これ以上は働けないと思ったからです。 最初のうちは開放感に溢れていましたが、時間が経つにつれて不安に。 そろそろ何かしないと …

人間不信で35歳ニートだった私が両親の本音を聞き事務職に就職できた話

当時28歳の私は会社勤めで事務の仕事をしていて、特に目立つ事もなく平穏な日々を過ごしていました。 そう、あの事件が起こるまでは。 目次財布泥棒の犯人に仕立て上げられ自主退職することにただ無の日々、人間 …