ニートの就職体験談

タイミングはきっとくる!24歳で新卒で入った銀行を退職して団体職員に再就職できた話

投稿日:2017年10月16日 更新日:

現在無職の37歳女性です。

新卒で入った銀行をわずか1年で辞め、翌月には団体職員として再就職。

勤続7年で寿退社し、現在は子育てに専念しています。

苦労して入った銀行を辞めた経緯と、次の就職先を見つけるまでの経緯をお話させていただきます。

苦労して入った銀行を1年目でギブアップ

銀行に就職する際には、内定をもらってから色々と苦労しました。

不動産評価証明書など、提出を求められた書類がたくさんあったのです。

県内に頼れる親戚がいない中、父の仕事仲間に頼みこんで渋々保証人になってもらったこともありました。

こんなに苦労して入った銀行でしたが、長く勤めることは叶いませんでした。

研修が終わるとすぐに窓口の最前線での業務が始まり、シャッターが開いてから閉まるまで、無我夢中でお客様の対応を続けました。

どこの銀行も同じだと思いますが、窓口業務担者でも、新規預金や投資信託の目標件数や金額、いわゆるノルマがありました。

本来業務の忙しさだけでなく、なかなか実績が伸びないことも私のストレスになっていきました。

詳細はお話できませんが、入社から1年経った頃に、私のミスからお客様に迷惑をかける事態が起こってしまいます。

誠意を込めて謝罪し、お客様にも職場仲間にも許してもらえたのですが、この失敗が引き金になって、仕事を続けることが難しくなってしまいました。

バスの窓から見えたハローワークへ

しばらく仕事を休んだ後、辞表を提出し受理されました。

職場に最後の挨拶に行った帰り道。

バスの窓から見えたハローワークの看板。

私は、反射的に降車ボタンを押していました。

そのころ、両親は現役で仕事をしていましたし、しばらく親のすねをかじって休養することも可能な状態ではありました。

でも、だからこそ

「今動かなければ、私は二度と働くことができないかもしれない」

「明日から引きこもりになってしまうかもしれない」

と思ったのです。

飛び込んだハローワークで、好条件の仕事の募集を見つけました。

勤務場所が家のすぐ近く。

市民に情報サービスを提供するような、公共性の高い団体です。

倒産する心配もなし、営業のノルマのようなものもなさそうです。

応募したい旨を告げると、ハローワークの職員さんには、「倍率が高いから他をあたったほうが良いのでは?」とアドバイスされました。

採用枠1名のところ、すでに60人以上の応募があったのです。

もし、いくつもの企業を回って、すべて不採用になった後だったら私も諦めたかもしれません。

でも、その時の私は失うものは何もありませんでした。

なんせ、今日辞めたばかりなのですから。

面接ではすべてを正直に話した

後日、筆記試験と面接に呼び出されました。

他にもたくさんの就職希望者が集まっています。

面接では、当然ながら、なぜ銀行を辞めたのかということをしつこく聞かれました。

思い出したくない話ではありましたが、すべて正直に話しました。

窓口で預金や投資信託の勧誘をしなければならなかったこと。

目標金額、いわゆるノルマがあり、なかなかそれを達成できなかったこと。

自分のミスからお客様に迷惑をかける事態にもなったこと。

わずか1年で前職を辞しているということが、マイナスの印象になることを恐れましたが、採用担当者はいろいろな事実を総合的に判断してくれたようです。

家から徒歩3分という近さ。

それが、会社にとっても都合が良かったのかもしれません。

交通費を支払う必要がないし、緊急時にはすぐに会社に駆けつけることができますからね。

幸運にも採用してもらえ、7年間仕事に従事しました。

市民からの問い合わせに対応したり、書類を作成して届けたり。

銀行とは違う辛さもありましたが、以前の職場よりは私に合っている仕事内容と環境でした。

再就職のタイミングは必ず訪れる

銀行から団体職員へ、すぐに再就職できた私ですが、ハローワークを訪れるのが1日ずれていたら、別な未来が待っていたと思います。

誰にでも、再就職のタイミングは必ず訪れます。

その機会を逃さず飛び込んでいけば、絶対に現状を打破することができますよ。

今は専業主婦の私も、子どもが大きくなったら、また就職口を探すつもりです。

今度は6年以上のブランクがありますが、今の私にしかできない仕事が必ず待っていると信じています。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

100社以上の不採用。絶望していた27歳ニートが福祉施設の相談員職に正社員で就職できるまで

初めまして、私は30代男性です。 これから、私が27歳で福祉施設の相談員に正社員としてつくことができた話をします。 目次26歳で大学卒業後、就活に失敗し無職となる1年間の無職生活の後、就職サイトで福祉 …

25歳で会社を自主退職し新体操インストラクターとして再就職した体験談

新卒で入社した会社を1年半程で退職し、25歳で再就職しました。 幸いにも3ヶ月ほどで再就職できましたのでその時の体験談をお伝えします。 目次新卒入社した会社が合わず自主退職転職前のリフレッシュ期間自分 …

25歳で退職し商工会議所に再就職&30歳で経営企画に再就職

私は現在30歳女性で、5歳の息子がいるシングルマザーです。 新卒で就職してからまだ8年ですが、既に就職→育休→退職・転職→退職・起業→再就職という波乱万丈の職業生活を歩んできました。 なぜ退職しなけれ …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

女盛り26歳無職から大手転職サイトを活用して、バリバリの営業へ就職した話

普通の高校を卒業し、普通に短期大学を卒業し、とくに専門知識があるわけでもなく特技があるわけでもない女です・・・。 そんな私が26歳で営業職に正社員として就職できたお話をします。 目次残業と給料の不満! …

34歳で無職ニートになってから未経験のスーパーマーケット精肉部門に就職するまで

これからお話するのは、私が34歳でパチンコ店を退社し、無職ニートになってから全く違う職種に再就職するまでのお話です。 目次5年間働いたパチンコ店の新社長と合わず、退職を決意雇用保険の手続きをし、のん …

36歳の男、大手外食チェーン店長から無職へ。その後デイサービスの正社員となるまでの葛藤、変化。

現在49歳の男です。無職になったのは36歳になったばかりの頃。 当時は景気のいい話題は何もなく、リストラや派遣切りなどが横行していました。勤めていた会社は大手の外食チェーンでした。 目次大手外食チェー …

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

目次30歳で無職となるまで公務員への転職活動のなかで気付いたこと31歳で公務員に転職をして現在 30歳で無職となるまで 私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりまし …

株トレーダーになるも負け続け、27歳職歴なしで自動車メーカーに就職するまで

私は、北海道生まれの30代後半の男性です。 今は自動車メーカーでエンジン製造に携わる仕事をしています。 高校を卒業してから1度も働いたことがなかった私が、どのようにして27歳で職を見つけ、29歳で就職 …

21歳で退職し2年のブランクを経て23歳で大手企業、営業事務の正社員として再就職した話

私は49歳の女性で、現在の仕事はフリーライターです。 私が無職から正社員になったのはかなり前のことです。 私が通っていた高校は進学校でしたが、経済的理由などから進学を諦め、地元の企業に就職しました。 …