ニートの就職体験談

23歳で体調を崩して3年ニートの後、未経験歓迎の工場に正社員として就職するまで

投稿日:2019年1月10日 更新日:

経歴

18~23 フリーター

復職から5年前のできごと

23~25歳までの無職

26歳から正社員

フリーターをしつつ役者を目指すも、23歳で体調を崩して無職に

高校卒業後、役者の夢を目指すため、しばらくはフリーターという不安定な生き方をしてました。

当時は職場と育成所の往復で日々大変でしたが、充実した毎日を送っていた記憶があります。

ただ年を重ねるごとに役者の成長や実力が限界を感じ、しょせん夢だったと現実に戻されてきた事でした。

それと同時に元々体を弱く、23歳の時に体調を崩してしまい、夢を諦めて治療に専念するため仕事も辞めてしまいました。

体調を直してすぐに復帰できるだろうと軽く考えていましたが、その後ずるずるとした生活の始まりです。

何も生産しない日々に罪悪感を抱いた無職期間

しばらくは体調の治療に専念し、そして初めは快適な充実な生活から自堕落な生活へと変わっていきました。

ただ徐々に何も生産していない日常と親に対しての罪悪感に日々嫌気がさしてきます。

生活するたびにどうすればいいか分からずに時間だけが過ぎていきますが何もしなかったわけではありません。

もう一度自分自身何をしたいかを振り返り、そして夢を諦め、安定した仕事に付きたいと思い始めました。

復帰向けた行動を徐々に起こしますが始めはどうすればいいかわかりません。

とりあえず同じ状況や環境になってる人たちのサイトを調べ、どうすれば改善できるか学んでいきます。

そして仕事に必要な資格や運転免許証を取得して社会復帰を目指していきました。

ハローワークと転職サイトを活用したハイブリッド転職活動

復職に向けて取り組んだことはまずはハローワークや転職サイトを活用し、就職活動すること。

まともな経歴や職歴がなかったため面接や履歴書の受け答えには悪戦苦闘でした。

特に書類選考が空白の欄が多かったためによく選考落ちで落とされましたね。

ただ活動を行うにつれてハローワークの面接の練習を活用したり、リクナビNEXTの無料の経歴書に応募してみてと少しずつ改善していき選考も通るようになります。

未経験歓迎の会社に片っ端から応募し、中小の工場に就職!

書類も通るようになり、待遇がいい会社に申し込みましたが、どこも面接で全滅でした。

今考えてみれば高卒から7年 すでに20代中盤

長いブランクと就きたい仕事の経験がありませんでした。

新卒で入社している同世代ではすでに中堅のベテランです。

そんな人間がまだ若いだけで待遇のいい会社に転職できると考えるのが甘かった。その考えから改めてまずは経験を積もうと思いました。

そこから未経験歓迎な会社から片っ端から応募。そして中小の工場に就職することができました。

復職後は無職時代に取得した資格も活かして勤務5年目に。

いままでフル勤務は経験したことがなく、体と仕事になれるまでには大変苦労しました。

ただこの原因は自分自身が作ったと覚悟しているため仕方ありません。

たとえ自分に合わなくても仕事に経験を積んで他に転職すればいいと考えてました。

しかし、職場の人間関係や自分の適性にもあってるため5年たったいまでも継続して仕事ができてます。

いまでは無職時代に取得したフォークリフトの資格を活かした仕事に付いてます。

いまでは深く考えすぎてなぜ早めに行動できなかったのか後悔しています。

まとめ

私の体験談としてどんな仕事、たとえ無職からでも体は慣れてしまいます。

私の場合は一生このまま続くのが怖くなったのと一度振り返り何をしたいかがきっかけでした。

多くのニートや無職はなにかのきっかけがあれば誰でも復帰できると思います。

一度その環境にはまってしまうと誰でもその環境の変化を恐れます。

私自身も無職後半は変化を嫌い言い訳を作り行動を抑えてました。

ただ一度飛び込んでみると大したことはありません。

次はそっちの環境になれてしまうからです。

だからどんなことでもきっかけがあれば誰でもできると

一番いけないのは諦めることです。

いまの環境を変えたい方、すでに嫌になってるからは考える前に行動できればと思います。

-ニートの就職体験談
-,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

美術系学部卒業後、22歳無職に…若者向けハローワークで逆転就職!

私が無職になったのは美術系学部卒業後22歳の年でした。 美術系の学部に通っていた私はデザイナーを目指して在職中からデザインプロダクションと大学がタッグを組んで行うプロジェクトに参加したり、海外の美術大 …

深夜に退職届け。ブラック企業の企画職を20歳で退職し販売業に再就職できた話

わたくし自身は高校を中退してからふらふらした人生を歩んでいました。 そこから専門学校に通い直し就職をしたのですが、その会社での壮絶な体験談からうつ病にまでなったお話しをしたいと思います。 目次新卒で最 …

26歳無職女バンドマンが既卒向けエージェントを利用して、ベンチャー企業の営業職に就職できました

まず、私のプロフィールですが、女性で最終学歴は4年制大学卒業です。 私が26歳でベンチャー企業の営業職に正社員として就職することができた話をします。 目次バンドマンから無職になるまで既卒向け就職支援サ …

派遣は無理でも正社員で採用!26歳女が無職から事務正社員に就職できた話

26歳当時、無職ニートだった私(女性)が事務職に正社員として就職できた話をしたいと思います。 大学生の頃の就職活動ではありがたいことに、新卒で複数の内定をもらうことができ、その中で事務職を選びました。 …

結婚が一番の動機だった!37歳無職からサービス業の正社員に就職できた話

オススメの資格であったり履歴書の書き方であったり面接の受け答えの方法であったり、そういったこともちろん大切でした。 しかし、私はもっと気持ち的な部分も大切だったなと、当時の自らの就活経験を振り返って思 …

履歴書のある一言で好転!33歳高卒無職から営業事務の正社員に就職できた話

私は30歳の時に、関東で派遣社員をしていましたが、どうしても正社員の仕事がしたく転職活動を始めました。 しかし半年以上職は見つからず、やむを得なく仙台の知人の飲食店で働き始めました。 ただそこは完全な …

会社の業績不振により38歳で退職し、システムエンジニアとして再就職できるまで

私は30代後半より無職の期間を挟み、転職した経験があります。 現在はシステム開発会社の正社員としてシステム開発エンジニアの業務を行っております。 現在までその間、二社への転職をしました。 そんな私のこ …

パワハラで無職になるも、野村克也監督の言葉に助けられ29歳無職から観光系企業に再就職できました

私は29歳のとき観光系企業の事務職に正社員として採用されました。 無職からの就活を進めていたときの話をします。 目次先輩のパワハラで精神的に滅入り28歳で無職になる半年間の無職生活。野村克也監督の言葉 …

うつ病のため4年間の通院後、28歳職歴なし男性が介護業界に就職するまで

私は28歳男性の介護士です。 18歳を超えると無職やフリーターは、世間からの目も冷たくなります。 その境遇から上手く抜け出せない状況になっている方も多いです。 働きながらでは就職活動の時間が取れない、 …

34歳で無職ニートになってから未経験のスーパーマーケット精肉部門に就職するまで

これからお話するのは、私が34歳でパチンコ店を退社し、無職ニートになってから全く違う職種に再就職するまでのお話です。 目次5年間働いたパチンコ店の新社長と合わず、退職を決意雇用保険の手続きをし、のん …