ニートの就職体験談

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

投稿日:2017年9月21日 更新日:

30歳で無職となるまで

私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりました。

入社して2年目で営業部に配属され約6年間、企業の売上げを第一に営業を勤めてきました。

結婚し子供もでき、幸せは感じていました。

しかし、そのような中で営業という仕事に自分は向いていないのではないかと思い悩み、営業を辞めたい、営業ではない仕事がしたいという気持ちが強くなっていました。

でも、私には家族がいます。

次の職の当てもないのに辞めるわけにはいかないと思いながらただ日々を過ごしていました。

そのようなときに、妻が「貯金で3年くらいは何とかなると思う、少し休んだら。」という言葉を掛けてくれました。

私は感激し、この人と結婚して本当に良かったと心底そう思いました。

それと同時に、転職を必ず成功させてみせるという強い意思を持って、その一ヵ月後、テレビ局を退職しました。

公務員への転職活動のなかで気付いたこと

私はずっと文系であり、大学は経済学部を卒業しました。

再就職活動をスタートしてみて気付いたことは、経済学部出身の何の技術、資格もない私が応募できる中途採用求人のほとんどは営業職であり、営業職以外の職種に就くのは難しいということです。

また、私自身営業ではない仕事がしたいというだけで、具体的に何のビジョンもなく、このような状態では就職活動を続けても成功するはずがないと、自分の甘さを思い知りました。

私は改めて、この転職で一番優先させたいものは何なのか、大切にしたいものは何なのか考えました。

考えた結果、私は次どのような仕事がしたいということよりも、家族を大切にしたい、そして幸せにしたいという思いが強いことに気付きました。

営業をしたくないという自分の勝手から退職してしまい、それは結局は逃げてしまっただけなのです。

次したいことはまだはっきりとは分からないけど、早く家族を安心させたい、家族との時間を仕事に邪魔されたくないという思いははっきりしています。

そんな思いから決断したのは公務員への挑戦でした。

もともと勉強が嫌いなほうではありませんでしたが、10年近く勉強という勉強をしていなかった私にとって、そこからの挑戦は大変苦しいものでした。

30歳という年齢は、一般で公務員を受験するには遅すぎるため、私は民間企業経験者が受験できる中途採用枠での採用を目指しました。

一般の採用に比べて倍率が高く、教養の他にもこれまでの経験等、様々な知識と能力が求められます。

約1年間、何の仕事もせず家族に支えられて勉強し、合格することができました。

31歳で公務員に転職をして現在

私は現在は公務員として、企業の利益のためではなく、地域の人々のために役に立てるよう日々勤めています。

営業職に就いていたときとは比べものにならないくらい、家族との時間を作ることができ、今となっては家族も転職してよかったと言ってくれています。

決して前職の企業がブラックだったとは思いませんし、営業という仕事が悪いわけではありません。

ただ私が優先していものが他にあったということだと思います。

若い頃は、仕事にやりがいを求め自分の能力を高く評価し、評価されたいという思いが強く、今の会社ではそれができないのではないかという過信から転職を考える人も多いのではないかと思います。

私もそう思っていた時期もありました。

私は転職というものは積極的に挑戦していくべきだとは思います。

しかし、その際自分が何を優先したいのか、何が変われば自分の人生がゆとりあるものになるのかということを、見栄やプライドとは別な部分でよく考えないといけないのだと思います。

自分に正直に生きるために挑戦し、諦めないことが転職するうえで大切だと感じました。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

暗い山でバイク事故。おじいさんの言葉がきっかけで29歳無職から魚屋に就職できるまで

20歳に田舎から上京し、当日流行っていたギターの弾き語りスタイルの路上ライブを友人としていました。 お客もパラパラで月に一度のライブハウスのステージでも集客は0人から良くて7人くらいでした。 カラオケ …

誕生日2日前に父が急死。28歳職歴なし無職から介護職正職員への道のり

私が、28歳で男性介護職の正社員として働き始めた話をします。 きっかけは父の死でした。 目次大学卒業後、司法試験の勉強をしながらほぼニートに近い暮らし。誕生日2日前に父が急死介護職なら無資格でも採用さ …

34歳で無職ニートになってから未経験のスーパーマーケット精肉部門に就職するまで

これからお話するのは、私が34歳でパチンコ店を退社し、無職ニートになってから全く違う職種に再就職するまでのお話です。 目次5年間働いたパチンコ店の新社長と合わず、退職を決意雇用保険の手続きをし、のん …

20代無職から介護職正社員への就職体験談まとめ

本サイトの就職体験談の中から、20代無職から介護職正社員につくことができた方の体験談をまとめてご紹介します。 これから介護職の正社員を目指す方の参考になれば嬉しいです。   >> …

社風に限界を感じ26歳で退職し、未経験の金融業界へ再就職!

27歳、女性です。 退職後、約1年の派遣期間を経て、未経験の金融業界にカスタマーサービス正社員として再就職しました。 なぜ1年間派遣として働いたのか?どのようにして未経験の金融業界に再就職できたのか? …

2年留年&内定取消し危機!25歳職歴なしで工場総務課に就職できた話

私は現在40歳の男性で、事務職に勤務している者です。 ここでは、私が25歳職歴なしで乳酸菌飲料子会社の工場総務課へ就職できた体験談を話したいと思います。 目次2年留年し24歳で大学を卒業後、無職にな …

2年のニート生活を経て、30代でニートから脱出&正社員就職に成功した話

35歳転職限界説が言われていますが、もはやそれは過去のモデルにしかならないはずです。 今の実情では、労働人口の減少による業界、職種によれば引く手数多のところもあります。 私の経験から皆様にとって勇気づ …

パチンコ漬けの3年間。ニート生活に限界を感じ、25歳無職から大学職員へ正社員登用!

私(男)は22歳で大学での就職活動に失敗した後、パチンコ店に通い詰めるニート生活を3年間送っておりました。 私の就職活動時には、不景気も相まって学生にとってはなかなか思うように就職先が決まらない時代で …

きっかけは叔母の入院。25歳で家業を辞めた28歳無職ニートの女性が地元の洋服屋に就職するまで

ゆとりがある人はニートでも何とかなる物です。 しかし、やはり人間は働いていたほうが心身ともに健康で健やかな生活を営めるのは確か。 ニートでいる限り、自分自身の環境も、何もかも変化する事は無いのです。 …

「嘘をつかないこと」が大事。28歳無職だった私が外資系アパレル3社に応募して2社から正社員として内定をもらい就職できた話

私は現在32歳の女性です。 今でこそ日々仕事に追われていますが、26歳から28歳までの2年間はニート生活を送っていました。 今回は、私が28歳で外資系アパレル企業に正社員として就職できた話をします。 …