ニートの就職体験談

家族を安心させるため。テレビ局営業をやめて30歳無職から公務員へ転職した体験談

投稿日:2017年9月21日 更新日:

30歳で無職となるまで

私は30歳のとき、それまで約7年間勤めてきた地方のテレビ局を退職し無職となりました。

入社して2年目で営業部に配属され約6年間、企業の売上げを第一に営業を勤めてきました。

結婚し子供もでき、幸せは感じていました。

しかし、そのような中で営業という仕事に自分は向いていないのではないかと思い悩み、営業を辞めたい、営業ではない仕事がしたいという気持ちが強くなっていました。

でも、私には家族がいます。

次の職の当てもないのに辞めるわけにはいかないと思いながらただ日々を過ごしていました。

そのようなときに、妻が「貯金で3年くらいは何とかなると思う、少し休んだら。」という言葉を掛けてくれました。

私は感激し、この人と結婚して本当に良かったと心底そう思いました。

それと同時に、転職を必ず成功させてみせるという強い意思を持って、その一ヵ月後、テレビ局を退職しました。

公務員への転職活動のなかで気付いたこと

私はずっと文系であり、大学は経済学部を卒業しました。

再就職活動をスタートしてみて気付いたことは、経済学部出身の何の技術、資格もない私が応募できる中途採用求人のほとんどは営業職であり、営業職以外の職種に就くのは難しいということです。

また、私自身営業ではない仕事がしたいというだけで、具体的に何のビジョンもなく、このような状態では就職活動を続けても成功するはずがないと、自分の甘さを思い知りました。

私は改めて、この転職で一番優先させたいものは何なのか、大切にしたいものは何なのか考えました。

考えた結果、私は次どのような仕事がしたいということよりも、家族を大切にしたい、そして幸せにしたいという思いが強いことに気付きました。

営業をしたくないという自分の勝手から退職してしまい、それは結局は逃げてしまっただけなのです。

次したいことはまだはっきりとは分からないけど、早く家族を安心させたい、家族との時間を仕事に邪魔されたくないという思いははっきりしています。

そんな思いから決断したのは公務員への挑戦でした。

もともと勉強が嫌いなほうではありませんでしたが、10年近く勉強という勉強をしていなかった私にとって、そこからの挑戦は大変苦しいものでした。

30歳という年齢は、一般で公務員を受験するには遅すぎるため、私は民間企業経験者が受験できる中途採用枠での採用を目指しました。

一般の採用に比べて倍率が高く、教養の他にもこれまでの経験等、様々な知識と能力が求められます。

約1年間、何の仕事もせず家族に支えられて勉強し、合格することができました。

31歳で公務員に転職をして現在

私は現在は公務員として、企業の利益のためではなく、地域の人々のために役に立てるよう日々勤めています。

営業職に就いていたときとは比べものにならないくらい、家族との時間を作ることができ、今となっては家族も転職してよかったと言ってくれています。

決して前職の企業がブラックだったとは思いませんし、営業という仕事が悪いわけではありません。

ただ私が優先していものが他にあったということだと思います。

若い頃は、仕事にやりがいを求め自分の能力を高く評価し、評価されたいという思いが強く、今の会社ではそれができないのではないかという過信から転職を考える人も多いのではないかと思います。

私もそう思っていた時期もありました。

私は転職というものは積極的に挑戦していくべきだとは思います。

しかし、その際自分が何を優先したいのか、何が変われば自分の人生がゆとりあるものになるのかということを、見栄やプライドとは別な部分でよく考えないといけないのだと思います。

自分に正直に生きるために挑戦し、諦めないことが転職するうえで大切だと感じました。

-ニートの就職体験談
-, , ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

超ブラック営業を退職して23歳で無職になってから、工場に正社員として就職するまで

僕は23歳の男です。 23歳で無職になったのですが、無職になる前はテレビ関係の営業をしていました。 もともと営業の仕事と聞かされてはいたんですが、入社するまで何の営業をするのかははぐらかされて教えても …

30歳で交通事故に遭い2年間の職歴なしから事務職へ派遣された話

専門学校を卒業後、ずっと飲食店で10年ほど契約社員をして働いていました。 専門学生の頃からバイトをしていた全国展開の飲食店で、そのまま契約社員になり、とくに目立ったスキルもないまま気がつくと30手前の …

34歳で無職ニートになってから未経験のスーパーマーケット精肉部門に就職するまで

これからお話するのは、私が34歳でパチンコ店を退社し、無職ニートになってから全く違う職種に再就職するまでのお話です。 目次5年間働いたパチンコ店の新社長と合わず、退職を決意雇用保険の手続きをし、のん …

「君は向いてない」24歳で無職を経験するも、職業体験を通して製造会社に再就職できるまでの話

私は大学卒業後に就職した団体の事務職が合わず、1年ほどで退職し無職になった経験があります。 そこから次の仕事を見つけるまでにどんな活動をしたかを紹介したいと思います。 もし同じ境遇でお困りの方がおられ …

劇団の夢を追い続け33歳まで無職だった僕が正社員として就職できた方法とは

夢を追い続けた結果職歴なしを5年以上続けてきた僕が、夢をあきらめ就職を目指したのが33歳の秋口。 底辺仕事覚悟で求人を探していたら、まさかまさかの正社員として食品製造会社の生産管理に就職できました。 …

ハローワークのプログラミング職業訓練に通い、28歳無職からプログラマーとして正社員就職できるまでの軌跡

新卒就職に失敗した私は大学卒業後、フリーターとしてアルバイトをはじめた。 それは夜勤の棚卸し作業や商品陳列です。 作業内容は単純で簡単なものだが、夜勤に慣れることができず体調不良がつづく。その後2年半 …

「嘘をつかないこと」が大事。28歳無職だった私が外資系アパレル3社に応募して2社から正社員として内定をもらい就職できた話

私は現在32歳の女性です。 今でこそ日々仕事に追われていますが、26歳から28歳までの2年間はニート生活を送っていました。 今回は、私が28歳で外資系アパレル企業に正社員として就職できた話をします。 …

32歳で大手運送会社を途中退職。無職を経て施工管理会社に再就職した話

私は現在34歳の男性で、建設などの施工管理をする職種に就いています。 以前は大手運送会社の正社員として働いていましたが、30歳の頃、時代の流れにより会社方針も変化していく中、自分の考える方向性との違い …

2年留年&内定取消し危機!25歳職歴なしで工場総務課に就職できた話

私は現在40歳の男性で、事務職に勤務している者です。 ここでは、私が25歳職歴なしで乳酸菌飲料子会社の工場総務課へ就職できた体験談を話したいと思います。 目次2年留年し24歳で大学を卒業後、無職にな …

25歳院卒が一年の無職の後、地元の測量会社に就職した話

  大学院卒業時点で24歳だった男です。就職時点で25歳でした。 就職したのは近所の測量会社で、職種は公共補償の調査・積算の仕事です。  地元の専門学校を卒業後、地方の大学院に進学し、とりわけ優秀な学 …