ニートの就職体験談

会社が倒産し30歳で無職に。友人の一言がきっかけで障害者の社会福祉施設に就職

投稿日:2017年10月3日 更新日:

私は現在33歳の男性ですが、30歳の時に会社が倒産し、その後未経験の福祉業界に就職できました。

きっかけとなったのは友人が福祉業界に携わっていて私に薦めてくれたことでした。

8年勤めた会社が倒産し、30歳で無職に

以前は中小企業な事務の仕事を大学卒業後に8年勤めていたのですが、会社が倒産してしまい30歳で無職になってしまったのです。

それまで働いていた分の貯蓄はありましたが、将来のことを考えるとすぐにでも就職活動をしなければならないと思い、すぐに就職活動を始めました。

これまで当たり前に毎朝起きて出勤することが無くなった日にはやはり寂しい気持ちと不安がありましたが、悩んでいても仕方ないと自分をふるいたたせて行動することにしました。

しかし就職活動といってもすぐに雇ってくれるような企業はなかなか見つかりません。

特に資格も取っていなかった私は事務の仕事くらいしか能力がなく、自分に何が向いているのかも分からないまま就職活動をしていたのです。

意外な選択肢に気づかせてくれた友人の一言

そうした中で同級生の友人にある日偶然会いました。

これまでの経緯や現状を話してみると「それなら福祉の仕事をやってみたら?」と言われました。

私は福祉の仕事など全く頭になかったのでハッとしました。

全く経験もないですし、果たして出来るのかと思いましたが、悩んでいる暇はないと思ってとりあえず行動することに。

就職活動の際にはリクナビNEXTをよく使いました。

リクナビNEXTに掲載されている福祉の施設に電話をかけ、合計5社の面接を受けることになりました。

全くの素人でも受け入れてくれるところがいいと思いつつ、不安な一面もありましたが、面接を受けることにしました。

その結果、どの会社もとても温かく迎え入れてくれたので福祉の業界で一度頑張ってみようと決めることができたのです。

31歳で障害者の社会福祉施設に再就職できた

結局、最終的に決めた職場は自宅から近いところでした。

そこは社会福祉法人というところで、障害者の方が日中デイサービスのような形で利用している施設です。

もちろん障害者の方と接するのも初めてですし、私に務まるのか不安でした。

そのため、不安なことは福祉の業界で働いている友人にもアドバイスを求めました。

その友人も職場は違えど同じ社会福祉法人の施設で働いています。

準備する心得や何か出来るなら資格を取得することも必要だとアドバイスをもらいました。

そして実際に働くようになり、毎日忙しくて学ぶことも多く大変であっという間に一日が過ぎて行きましたが、とてもやりがいのある仕事でした。

先輩方にはアドバイスもたくさんいただきながら、今は就職してから二年経ち、自分でも立派に勤めあげていると思います。

あのとき偶然にも友人に会っていなかったら今の自分もないでしょうし、この仕事を接して人と人のつながりもなかったでしょう。

とにかく無駄なことはないので、何でもやって覚えることが大事だと思います。

職場の先輩方も最近はよくやっていると誉めてくれることも増えて仕事のやりがいも感じています。

まずはやると決めて動き出すこと

無職になって一年間必死に就職活動をして、そこから二年経った今はとても毎日が充実しています。

この充実感を得るには、失敗や挫折を何度も繰り返しましたし、無職の時にはこれからどうなるのだろうと漠然な不安にもなりました。

身体的、精神的にも追い詰められた時もありましたが、結果自分が頑張ってみようと動き出したお陰で今の自分があるのだと気づきました。

なかなか無職で動けない人も多いこの世の中ですが、自分から動くようになれば何がきっかけで好転するかは分かりません。

まためぐりあいのタイミングもありますし、まずはとにかくやろうと決めて動き出すことが大切なことなのではないかと思います。

給与や実績はその後でついてくるもので、自分のことをしっかり見つめて今何が必要なのか、何をするべきなのかを考えて動けば自然と結果はついてくると思います。

-ニートの就職体験談
-, ,

執筆者:

           

あなたにおすすめの記事

関連記事

大企業の23歳新卒社員が鬱で退職してから士業事務所に再就職できるまで

第一志望の大学に進学し、学業もそれなりに収め、希望の仕事ではないにせよ上場している大企業に入社した私。 これまで大きな失敗をしたことがなかった私は、ここに来て初めての挫折を味わいました。 目次将来安泰 …

病気で退職後、32歳ニートだった私が運送ドライバーとして就職するまでの道のり

私は30代から数年間に渡ってニート生活を送っていました。 元々人生に対して前向きでなく、学生時代も学校をサボってばかりいた私がニートから脱出するのはとても苦労をしました。 今回はそんな私がニート生活か …

26歳無職がイラレとフォトショに出会い、27歳で広告会社のデザイナー(正社員)に就職できました

私は26歳で広告会社に正社員として入社することが出来ました。主な仕事は広告やポスターのデザインをする事です。 この仕事に就くことによって毎日を楽しく有意義に過ごしております。 どうやって正社員に就くこ …

ネトゲにハマりすぎて23歳二ートだった私が事務職についた方法

昔ネットゲームにハマって二ートになってしまった私が、どうやって社会復帰して就職にこぎつけたのかをこれからお話しさせていただきます。 目次ネトゲ廃人だった21歳から二ートになるまでの経緯23歳ニート状態 …

28歳でリストラされ無職に。50社以上の不採用を乗り越え29歳で熱処理の会社に就職!

私が29歳の時、熱処理株式会社に正社員として働きだした話をします。 それまでの経緯も合わせて話をします。 目次28歳で退職し、8ヶ月の無職生活前会社からの支援でリクルートキャリアコンサルティングで求人 …

就職氷河期は辛い!25歳無職が運良く中途で自動車メーカーに就職できるまで

私は現在43歳の男性で、現在でも25歳の時に中途入社をする事が出来た自動車メーカーの会社で働いています。 結婚して子供も出来たので幸せな家庭を築いていますが、当時は就職氷河期の影響を受けて辛く感じる事 …

新卒で入った印刷会社を退職し、31歳で小規模な印刷会社に再就職するまでの体験談

私は新卒時に印刷会社に入社しました。 もともと少し内向的な性格もあり、営業職はどんな業種でも無理だろうという思いもあり、技術職で且つどちらかというと人との接触が少ない職場がいいという希望は持っていまし …

運動は普通だった私が化粧品会社を25歳で退職しスポーツトレーナーに再就職できた話

現在27歳でスポーツインストラクターをしています。 大学時代から運動が好きでしたが、そのまま仕事に生かせるほどの成績を残したわけではなく趣味程度で体を動かすことを目標にしている程度のどこにでもいる女子 …

履歴書のある一言で好転!33歳高卒無職から営業事務の正社員に就職できた話

私は30歳の時に、関東で派遣社員をしていましたが、どうしても正社員の仕事がしたく転職活動を始めました。 しかし半年以上職は見つからず、やむを得なく仙台の知人の飲食店で働き始めました。 ただそこは完全な …

鬱で会社をやめ、2年のニート期間の後ハロワで12社応募して27歳無職が事務職の正社員として就職できるまで

私は25歳のときに無職になりました。しかし、その後27歳で事務職の正社員として再就職をすることができました。 無職になった経緯や、なぜ2年間無職だったのに再び正社員になれたのかなどについてお話します。 …